月次業績報告

9月店頭販売概況


9月 商況

<総括>

9月は前年よりも気温が高めに推移したものの、後半にかけては10月1日の消費増税前の駆け込み購買があり、全社の店頭販売状況は前年比114%と伸長しました。
アイテム別では比較的単価の高いコートやアウターが好調に稼働し、ウールコートが前年比306%、コート合計でも前年比151%と売上を牽引しました。
又ブランド別では100年コートが好調に稼働したコーポレートや、顧客比率の高いエポカ、ポール・スチュアートが特に好調な結果となりました。

<チャネル別>

主販路となる百貨店は特に消費増税前の駆け込み購買が顕著であり前年比113%となりました。直営・路面店は9月6日に改装オープンした「GINZA TIMELESS 8」は前年を超える売上で推移したものの、リブランディング中のラブレスの苦戦の影響が大きく前年比96%となりました。EC・通販は在庫の改善及びポイント施策等の効果により前年比156%の伸長となりました。



9月店頭販売実績(前年比)

7月 8月 9月 10月 11月 12月
全社 96% 99% 114%      
<ブランド別>
EPOCA 102% 104% 125%      
コーポレート 125% 135% 190%      
LOVELESS 66% 86% 79%      
MACKINTOSH PHILOSOPHY 89% 96% 106%      
MACKINTOSH LONDON 95% 100% 112%      
Paul Stuart 96% 104% 124%      
婦人服ボリューム 93% 100% 117%      
<販路別>
百貨店 93% 98% 113%      
直営・路面店 90% 89% 96%      
EC・通販 123% 117% 156%      
その他 106% 103% 106%      

月次業績報告一覧へ
PAGETOP