2022年6月アーカイブ

「MACKINTOSH PHILOSOPHY」が「空調服®」とコラボ 小型ファン付きウェアを発売

2022.06.15|ブランド

sdgs

COOLBIZ

メンズブランド
「マッキントッシュ フィロソフィー」

THE SCOTCH HOUSE

×

伊藤園

ファン付ウェア「空調服®」とコラボレーション

節電の夏に、リモートワーク時のクールビズ&省エネ対策!
冷房いらずの小型ファン付きウェア全2型を6月15日(水)発売

~ リモートワーク時に着用して冷房の使用を控えることでCO2削減に貢献 ~

「空調服®」のシステムを採用した小型ファン付きのベスト

「空調服®」のシステムを採用した小型ファン付きのベスト

「空調服®」のシステムを採用した小型ファン付きのベスト

三陽商会が展開するブランド「MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュ フィロソフィー)」メンズは株式会社空調服が展開するファン付ウェア「空調服®」とコラボレーションし、ファッション性と機能性を融合したハイブリッドカテゴリー「britec(ブリテック)」シリーズのアイテムとして、小型ファン付きのマウンテンパーカー・ベスト全2型を6月15日(水)に全国百貨店・商業施設および当社直営オンラインストア「サンヨー・アイストア」(https://sanyo-i.jp/s/)にて一斉発売いたします。冷房が使用できない作業現場などで用いられる小型ファン付きのウェアを普段着として着用できる仕様にデザイン。政府から節電要請がされるなか、室内のリモートワーク時などに着用してエアコンの使用を抑えることで、電力・CO2削減に貢献するサステナブルなクールビズ商品として訴求いたします。

商品開発の背景

コロナ対策のための会食や移動制限の緩和による経済活動が再開するとともに、脱炭素の流れを受けた火力発電の廃止などを背景に、今夏の電力需要ひっ迫に備えるため、7年ぶりに全国規模での節電が要請されています。コロナをきっかけにリモートワークが定着しつつある中で、オフィス内で集まって勤務するスタイルが主流だったこれまでに比べて、気温が上昇するこれからの季節は個々の自宅で勤務してエアコンを使用することでCO2の排出量や電気代の増加が懸念されていることから、エアコンに比べて排熱やCO2の排出量が非常に少ない「空調服®」のシステムを採用し、リモートワーク時などでも着用しやすい商品を開発することとしました。
「空調服®」とのコラボ商品は、モダンなデザインでありながら現代において求められる機能を搭載したハイブリッドカテゴリー「britec(ブリテック)」のシリーズとして訴求いたします。

リモートワーク時でも着用しやすいパーカーとベストの2型を開発

リモートワーク時でも着用しやすい
パーカーとベストの2型を開発

「空調服®」について

株式会社空調服が展開する「空調服®」(ファン付ウェア)とは、人体が本来備えている「汗を蒸発させて体温を下げる」仕組み=「生理クーラー®」の原理を利用し、小型ファンで服の中に外気を取り入れ、身体と服の間に大量の風の流れをつくり、汗の気化を促進させ涼しく快適に過ごすための製品です。使用するエネルギーもエアコンなどに比べて格段に少なく、環境にも配慮した製品です。2017年に"地球温暖化防止活動 環境大臣表彰(技術開発・製品化部門)"を受賞しています。

■「空調服®」について:https://www.9229.co.jp/about/about_index

小型ファンで風の流れをつくり、汗の気化を促進する「空調服®」

小型ファンで風の流れをつくり、
汗の気化を促進する「空調服®」

商品特徴

ファッション性と機能性を融合したハイブリッドカテゴリー「britec」から展開する「空調服®」とのコラボ商品は、外出先ではもちろん、在宅時でも気軽に着用できる軽量なマウンテンパーカーとベストの2型を展開。両脇の腰部分にファンを取り付けることで、夏の熱中症対策にはもちろん、本格化した梅雨シーズン特有の不快感を軽減するアイテムとして活用していただけます。
空調服®との共同開発にあたり、独自の適合テストをクリアしたはっ水性のあるポリエステル高密度タフタ素材を採用。動作が多い肩の切り替えやファンを取り付ける部分には耐久性の高いコーデュラナイロンを使用しました。

両脇の腰部分にファンを装備

両脇の腰部分にファンを装備

◆マウンテンパーカー:1型

マウンテンパーカー:1型

マウンテンパーカー:1型

マウンテンパーカー:1型

日常使いしやすいショート丈のフーデッドパーカー。フードを上まで閉めて、裾のドローコードを絞ることで雨風を防ぐことができる本格的なアウトドアデザインを採用しました。

商品名 空調服®コラボ マウンテンパーカー
素材 本体 ポリエステル 100%
別布 ナイロン100%
色展開 ブラック、ライトベージュ
サイズ 38、40、42
税込価格 ¥44,000
当社品番 H1F82-782

◆ベスト:1型

ベスト:1型

ベスト:1型

ベスト:1型

機能性を高めたノーカラーのベスト。袖がないので、デスクワークなどで細かく腕を動かす際にもストレスなく作業していただけます。トラベルシーンでも最適なデザインです。

商品名 空調服®コラボ ノーカラーベスト
素材 本体 ポリエステル 100%
別布 ナイロン100%
色展開 ブラック、ライトベージュ
サイズ 38、40、42
税込価格 ¥33,000
当社品番 H1F84-782
アイテム マウンテンパーカー1型、ベスト1型 計2型
価格帯(税込) ¥33,000~¥44,000
※空調服®スターターキット(薄型ファン、リチウムイオン小型バッテリー、専用ケーブル)をセットした価格
発売日 6月15日(水)
取扱い
  • ・全国百貨店・商業施設33店舗
  • ・当社直営オンラインストア「サンヨー・アイストア
  • ※限定生産につき、数量に達した時点で終了

掲載商品は、(株)セフト研究所・(株)空調服の特許及び技術を使用しています。「空調服」は(株)セフト研究所・(株)空調服のファン付きウェア、その附属品、及びこれらを示すブランドです。「空調服」、「DC空調服ロゴ」、「生理クーラー」は(株)セフト研究所・(株)空調服の登録商標です。

「MACKINTOSH PHILOSOPHY」メンズについて

コンセプト 英国を代表する老舗ブランド、マッキントッシュ。そのセカンドラインとして誕生したマッキントッシュ フィロソフィーは、マッキントッシュのモノづくりの精神とクラシックで時代性のあるスタイルを受け継いだトータルコレクションです。
展開店舗 百貨店・商業施設計35店舗
ブランド開始年度 2007年

■「MACKINTOSH PHILOSOPHY」 公式WEBサイト

https://www.mackintosh-philosophy.com/

「THE SCOTCH HOUSE」が伊藤園と共同開発。茶殻をアップサイクルした抗菌・防臭機能つきウエア・ソックスを発売

2022.06.01|ブランド

sdgs

『New Normal lab. "纏う"』第二弾

茶を纏うTea+Wear

メンズブランド「ザ・スコッチハウス」

THE SCOTCH HOUSE

×

清涼飲料水メーカー「株式会社伊藤園」

伊藤園

「ザ・スコッチハウス」が株式会社伊藤園と共同開発

茶殻をアップサイクル
抗菌・防臭効果のあるウエア・ソックス 全4型
環境月間の6月1日(水)に発売

~ アパレルとして初めて伊藤園の「茶殻リサイクルシステム」を活用して製品化 ~

三陽商会が展開するメンズブランド「THE SCOTCH HOUSE(ザ・スコッチハウス)」は、株式会社伊藤園(以下伊藤園)と共同開発し、茶系飲料製品を製造する際に排出される「茶殻」の抗菌・防臭効果を活用したウエア・ソックス全4型の"Tea+Wear"(ティーウエア)を6月1日(水)に「THE SCOTCH HOUSE」の全国百貨店の店舗及び当社直営オンラインストア「サンヨー・アイストア」にて発売いたします。"Tea+Wear"は、現代の生活様式を快適に過ごすための服を開発するプロジェクト『New Normal lab. "纏う" (ニューノーマルラボ "まとう")』の第二弾として訴求いたします。

茶殻染色剤によって染め上げた糸(写真奥)

茶殻染色剤によって染め上げた糸(写真奥)

『New Normal lab.

『New Normal lab."纏う"』第二弾「茶を纏う "Tea+Wear"」

商品開発の背景

近年、生活者を取り巻く環境は大きく変化しており、温暖化による猛暑日の増加から、汗をかいたあとのにおいを気にされるお客さまが多く見られるようになっています。
こうした背景を受けて、こだわりのある40代以上の大人の男性を中心に支持されてきた「THE SCOTCH HOUSE」では2021年春夏商品よりすべてのシャツとカットソーに抗菌・消臭効果のあるデオドラントテープを縫いつけることでお客さまのニーズに対応してきましたが、リサイクルポリエステルや環境残留性が高いフッ素を使わないはっ水剤を用いるなど、環境に優しい商品開発を進めてきたブランドの経緯を踏まえて伊藤園の独自技術である「茶殻リサイクルシステム」に着目し、汗ばむ季節に向けて環境負荷の低い抗菌・防臭アイテム"Tea+Wear"を開発することとしました。

茶殻リサイクルシステムについて

茶殻リサイクルシステムとは、「お~いお茶」などの茶系飲料を製造する際に排出される茶殻をリサイクルし、限りある資源の代替え原料としてさまざまな製品に生まれ変わらせる伊藤園独自のシステムです。多量の水を含み腐敗しやすい茶殻の有効利用開発に成功したことにより、従来原料化に必要とされていた乾燥工程が不要になり、茶殻を乾燥するための燃料消費や二酸化炭素発生の抑制を実現しました。通常、染色工程で茶殻をそのまま使用すると染色工場では染色に使用できない茶殻が排出されます。伊藤園は染色工場で廃棄物が出ないように茶殻を液状化した「茶殻染色剤」を開発しました。

■茶殻リサイクルについて:https://www.itoen.co.jp/ochagara_recycle/index.html

水を含んだ茶殻の活用に成功した「茶殻リサイクルシステム」

水を含んだ茶殻の活用に成功した
「茶殻リサイクルシステム」

『茶を纏う "Tea+Wear"』の特徴

現代生活を快適に過ごすための服を開発するプロジェクト『New Normal lab. "纏う"』の第二弾『茶を纏う "Tea+Wear"』は、アパレルとして初めて伊藤園の「茶殻リサイクルシステム」を活用し、茶殻をアップサイクルした「茶殻染色剤」によって染色した糸からつくられた商品です。茶殻に含まれる抗菌・防臭効果を最大限発揮するために、肌に直接触れるアイテムとしてTシャツとソックスを企画しました。

水を含んだ茶殻の活用に成功した「茶殻リサイクルシステム」

商品のポイント

<茶殻の持つ抗菌・防臭効果>
茶殻染色剤に含まれるカテキンに抗菌・防臭効果があるため、汗ばむ季節のにおいを軽減。
<ほんのりお茶の香りで爽やかに>
茶殻で染色した糸が放つほんのりとしたお茶の香りで、じめじめ熱い夏を爽やかにリフレッシュ。
<凹凸のある生地で涼しく>
凹凸のあるナチュラルな風合いのスラブ生地を使用することで、汗をかいても肌に張りつきづらく快適な着心地に。

"Tea+Wear" 商品詳細
◆ポロシャツ・Tシャツ 各1型◆

ポロシャツ・Tシャツ 各1型

ポロシャツ・Tシャツ 各1型

これからの季節に活躍するポロシャツとTシャツの2型を展開。
手紡ぎのようなナチュラルな風合いのスラブ生地を使用したことで、着込むほどに身体に馴染む感覚をお楽しみいただけます。背当て・前立て部分にあしらったブランドを代表するタータンチェックであるカイリーンチェックと、左胸のランパントライオンの刺繍がポイントです。(※前立て部分はポロシャツのみ)
袖下にデオドラントテープを使用しています。

商品名 [写真上]"Tea+Wear"ポロシャツ
[写真下]"Tea+Wear"Tシャツ
素材 綿100%
色展開 ネイビー、イエロー、グリーン
税込価格 [上]16,500円[下]14,300円
サイズ M、L
当社型番 [上]F1P60-790[下]F1P90-790

◆ソックス2型◆

ソックス2型

ソックス2型

普段使いしやすいふくらはぎまでの長さの2タイプのソックスを展開。片方の足底に転写プリントした「THE SCOTCH HOUSE」のロゴがアクセントに。
[写真上]スラブ組織の編地は通気性が良いのでムレづらく、夏場でもストレスなく履いていただけます。
[写真下]シャリッとした清涼感のある生地を使用したソックスです。編地の凸凹部分を配色にしたことでスタイリングのポイント使いに。

商品名 [写真上]"Tea+Wear" 綿コーマスラブソックス
[写真下]"Tea+Wear" EARTH ソックス
素材 [上]綿 ナイロン ポリウレタン レーヨン
[下]レーヨン 綿 ナイロン 麻
色展開 ネイビー、イエロー、グリーン
税込価格 2,200円
当社型番 [上]F1X20-765[下]F1X20-766

"Tea+Wear" 展開概要

シリーズ名 "Tea+Wear"
アイテム ポロシャツ1型、Tシャツ1型、ソックス2型、計4型
価格帯(税込) ¥2,200~¥16,500
発売日 6月1日(水)
取扱い
  • ・ポロシャツ、Tシャツ:全国百貨店25店舗 ソックス:全国百貨店78店舗
  • ・当社直営オンラインストア「サンヨー・アイストア

『New Normal lab."纏う"』について

『New Normal lab."纏う"』は、現代の生活様式を快適に過ごすための服を開発することを目的に2022年4月にスタートした「THE SCOTCH HOUSE」のプロジェクトです。温暖化による熱中症防止を背景に、第一弾はIT周辺機器メーカー「エレコム株式会社」と協業し、首元などに風を送り込めるモバイルファン付きのベスト・ジャケットを発売しました。
今後も環境に優しい生産工程に配慮しながら変わりゆく生活環境に対応した商品を開発し、社会とともに課題解決に取り組んでまいります。

『New Normal lab."纏う"』第一弾 風を纏う服"Flow"について:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000519.000009154.html

「THE SCOTCH HOUSE」について

第一弾 風を纏う服"Flow"
モバイルファン付きのベスト

「THE SCOTCH HOUSE」について

「THE SCOTCH HOUSE」について

「THE SCOTCH HOUSE」について

コンセプト:
スコットランドのグラスゴーの出身の仕立屋のガーディナー兄弟がロンドンのイーストエンドに1839年にお店を構え、「ザ・スコッチハウス」が誕生しました。以降、民族衣装であったタータンをファッションとして普及させ、世界中から評価されるようになったツィード素材やニットを拡げ展開しています。
日本では、1973年より販売を開始し、カントリージェントルマンスタイルをベースとし、機能性とファッション性を加味しながらこだわりのある40代以上の大人のカジュアルブランドとして提案しています。

ターゲット こだわりのある40代以上の大人の男性
販路 百貨店、EC
商品カテゴリー メンズウエア、アクセサリー、服飾雑貨
ブランド開始年度 1973年

■「THE SCOTCH HOUSE」公式WEBサイトhttp://www.thescotchhouse1839.jp/

PAGETOP