ニュースリリース

三陽商会が長年培ったノウハウをスタートアップ企業に提供
新事業創出プログラム開始

2016.08.22|企業

TIMELESS WORK SANYO

Creww株式会社

三陽商会が長年培ったノウハウをスタートアップ企業に提供
新規事業創出プログラム開始

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:杉浦昌彦、以下:三陽商会)とCreww株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:伊地知 天、以下:creww)は共同で、スタートアップ企業とのオープンイノベーションプログラムを開始します。このプログラムへの参加を8月22日よりcrewwサイトで募集します。

オープンイノベーションプログラム

オープンイノベーションプログラム「crewwコラボ」とは

スタートアップ企業のエコシステム活性化のためにcrewwが運営する、大企業の経営資源を活用した事業創出プログラムです。crewwは2012年からこれまでに60社を超える大企業とこのプログラムを実施し、1600件を超えるエントリーの中から、200以上のプロジェクトが実現へ向けて協議されており、事業提携、資本提携、買収などが生まれています。

オープンイノベーションプログラム「crewwコラボ」の流れ

オープンイノベーションプログラム「crewwコラボ」の流れ

三陽商会がスタートアップと協業する理由

三陽商会は、設立以来73年間培った経営リソースと、スタートアップ企業が持つ革新的な技術やアイデアが融合することにより、生活者にとって価値のある新規事業や今までにないサービスを、スピード感をもって共創したいと考えています。また、このプログラムを通して新規事業創出と同時に、社内に変革・改革の意識を芽吹かせ、ここに参画する中堅人材の育成も期待しています。

三陽商会による「crewwコラボ」概要

エントリー期間 : 2016年8月22日(月)〜9月2日(金)
エントリーページ : スタートアップ エントリーページへ
crewwスタートアップアカウントを持つ企業であれば、どなたでも参加可能です。
crewwへの登録は無料です。
 

三陽商会がスタートアップ企業に提供する経営リソース

  • エポカなど21ブランド
  • 全国の百貨店・商業施設にある1,300の売場と直営店
  • 全国の従業員1,300人、販売スタッフ4,300人
  • 日本、中国、ASEANにある自社・協力工場で働く専門職者

株式会社三陽商会について

所 在 地 : 〒160-0003 東京都新宿区本塩町14
代 表 者 : 代表取締役社長 杉浦 昌彦
設   立 : 1943年5月11日
資 本 金 : 150億251万円
事業内容 : 総合アパレル
U R L : https://www.sanyo-shokai.co.jp
 

Creww株式会社について

所 在 地 : 〒153-0042 目黒区青葉台1-18-14 3F
代 表 者 : 代表取締役 伊地知 天(いじち そらと)
創 立 年 : 2012年
資 本 金 : 4億6,455万円(資本準備金含む)
事業内容 : スタートアップコミュニティー、オープンイノベーションプログラム、
企業アクセラレータープログラムの運営
登録スタート
アップ企業数
: 2,200社 (2016年8月現在)
U R L : https://creww.me/
 
オープンイノベーション:自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外からの技術やアイデア、サービスを有効に活用し革新的なマーケットを創造すること。
 
スタートアップ企業:独自の技術やアイデアによって、前例のないビジネスモデルを作りだし、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業。
 

以  上

PAGETOP