• HOME
  • NEWS
  • 日本で初のBarを併設「ポール・スチュアート 青山本店」11月7日(土)オープン

日本で初のBarを併設「ポール・スチュアート 青山本店」11月7日(土)オープン

2020.11.11|ブランド


ブランドの世界観を表現するフラッグシップストアが外苑前に誕生

「ポール・スチュアート 青山本店」11月7日(土)オープン

〜 日本で初のBarを併設、ライフシーンを提案するストアに 〜

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江伸治、以下三陽商会)が展開するブランド「ポール・スチュアート」は、ブランドの世界観を色濃く表現するフラッグシップストアとして、外苑前に開業した「the() ARGYLE(アーガイル) aoyama(アオヤマ)」1階に、「Paul Stuart 青山本店」を11月7日(土)オープンいたしました。
「ポール・スチュアート」の伝統と革新を伝える"何処にもない、ここだけのPaul Stuart"をコンセプトとし、日本で初のBarを併設、世界中から選りすぐりのファッションを集めるスペシャリティストアとしてお客さまのライフシーンを提案いたします。
※2020年11月5日付にて「Paul Stuart青山店」から「Paul Stuart 青山本店」に名称変更いたしました。

「ポール・スチュアート 青山本店」外観

背景

「ポール・スチュアート」は、グローバルな感性を持った大人に向けてトレンドに左右されることなく自分自身のライフスタイルに合わせてパーソナリティーが表現できるスタイリングを提案する「コンテンポラリー・クラシック」ブランドとして、百貨店を中心に展開しています。このたび、直営店「ポール・スチュアート青山店」として39年間運営してきた表参道の路面店から外苑前「the() ARGYLE(アーガイル) aoyama(アオヤマ)」に移設し、ブランドの世界観を色濃く表現するフラッグシップストア「ポール・スチュアート 青山本店」として"流行・文化の発信地"である青山エリアに11月7日(土)にオープンいたしました。「ポール・スチュアート」の伝統と革新を伝える"何処にもない、ここだけのPaul Stuart"をコンセプトとし、日本で初のBarを併設、世界中から選りすぐりのファッションを集めるスペシャリティストアです。

新店の特長

「ポール・スチュアート 青山本店」では、商品の展開以外にも、BarやPOP-UPなどお客さまのライフシーンに寄り添う提案を通してブランドの世界観を色濃く表現いたします。

① 国内初のBarを併設:大人たちが集う落ち着いた空間で希少なウイスキーを数多く提案。

店内奥に併設されたBar
「The COPPER ROOM」

オリジナルグラス
水を入れるとブランドアイコンである″Man On The Fence"が水面に座っているように見える

店舗の奥では「ポール・スチュアート」がターゲットとする大人たちが集う落ち着いた空間として、国内で初めてのBar「The() COPPER(コッパー) ROOM(ルーム)」を併設。ニューヨークにちなんだオリジナルレシピのカクテル″Manhattanマンハッタン″を中心に、希少なウイスキーを数多く揃え、ブランドオリジナルのチェイサーグラスも用意し大人の遊び心を演出。「ポール・スチュアート」の世界観を体感できる空間として提案いたします。

② コリドーを活用したPOP-UPスペース:初回はフェアトレードの薔薇専門店「AFRIKA ROSE」を展開

コリドー(回廊)
POP-UPスペース

コリドー(回廊)は、シーズナルなオケージョンに合わせてイベントやPOP-UPスペースとして活用を予定。

オープン日の11月7日(土)からは、薔薇の専門店「AFRIKA ROSE」とのコラボPOP-UPを12月25日(金)まで開催。ケニアで生産される最高品質の薔薇を通してフェアトレードに取り組む「AFRIKA ROSE」。そのシンボルとして人気の一輪ギフトBOXを展開いたします。AFRIKA ROSE公式サイト https://afrikarose.com/

店装

Modern Colonial(モダン コロニアル)」をテーマとして、コリドー(回廊)のタイル使いやモールディング使いでテーマイメージを表現。エントランスから見渡せるコリドーの左側がメンズ、右側がウィメンズで、メンズはジェントルメンズクラブのような重厚な雰囲気のあるテーラードルームを中心に、モダンで明るい雰囲気のカジュアルルーム、ラグジュアリーホテルの一室のようなフィッティングルームで構成しています。ウィメンズは居心地の良い洗練された空間をイメージしながら、ブランドでは女性客からもオーダーが多いことから国内で初めてオーダー専用のフィッティングスペースを設置。ウィンドウやフィッティングルーム、BARにはアメリカのニューヨーク本店やワシントン店でブランドの象徴的な店装として使用している"THE Wall(ザ・ウォール)"という錆加工した銅板と連動した装飾に。BARの名称「The() COPPER(コッパー) ROOM(ルーム)」の「COPPER」も銅という連想から付けています。

「モダン コロニアル」をイメージしたタイル使いのコリドー

ラグジュアリーホテルの一室のようなフィッティングルーム

モダンで明るい雰囲気のカジュアルルーム

ジェントルメンズクラブのような重厚感あるテーラードルーム

コリドーの奥にあるBar
壁面はブランドの象徴的な店装である錆加工の銅板を使用

洗練された空間のウィメンズ

店舗概要

店舗名称 ポール・スチュアート 青山本店
(Paul Stuart 青山本店)
住所 東京都港区北青山2丁目14-4 the ARGYLE aoyama 1階
電話番号 03-6384-5763
売場面積 約325㎡
営業時間 11:00~20:00
(※Barは18:00~24:00)
オープン日 2020年11月7日(土)
商品構成 ウエア、アクセサリー、服飾雑貨
ターゲット グローバルな感性を持った大人の男性と女性
ショップコンセプト "New One , Only One , Classic & Modern "をキーワードに、「ポール・スチュアート」の伝統と革新を伝える "何処にもない此処だけのPaul Stuart "をコンセプトとし、日本で初となる本格的なBar を併設した、世界中から選りすぐりのファッションを集めるスペシャリティストア

展開商品

青山本店では、メンズ・ウィメンズで青山本店のみの限定企画や買付商品など豊富に揃え、幅広いコレクションを展開しブランドの世界観を表現。またメンズでは、11月上旬より全国ポール・スチュアート店舗で発売予定のマスクを11月7日(土)に先行発売いたします。

直営店限定のオリジナルPコート
三陽商会技術部のプロジェクトチーム「SANYO ENJIN(サンヨーエンジン)」と社内コラボしたオリジナルデザイン。

商品名 ビッグバッファローチェックPコート
価格 ¥220,000(税込)
サイズ 46、48、50
色展開 ブラウン
素材 アルパカ60%、羊毛40%

特別なシーンにも活用できる華やかなワンピース
メンズライクな仕立てのジャケットを合わせてマニッシュなスタイルに

商品名 ステッチフラワープリント ワンピース
価格 ¥88,000(税込)
サイズ 4、6、8
色展開 ブラック
素材 ポリエステル100%
商品名 ダブルブレストジャケット(買付)
価格 ¥330,000(税込)
サイズ 40、42、44
色展開 ホワイト、ブラック

メンズでは"ビジネスシーンに合う"マスクを11/7(土)先行発売

男性の横顔を端正に見せるカッティングワークと顔周りに適度なフィット感を与える立体裁断。表地に芯貼りを施した優れた保形性と裏面にジャージーを配した柔らかな肌触りで、顔周りをすっきりと見せ着け心地も良いのがポイント。ビジネスやフォーマルなシーンでも合わせやすい色と素材感でギフトにもおすすめです。マスクの売上の一部を、ひとりじゃないよPJの活動に賛同し、困窮が顕在化して問題になるといわれている世代や家庭を支援する団体へ寄付いたします。

税込価格 ¥3,300
素材 毛50%、ポリエスル50%(色柄により混率の差あり)
色展開 ネイビー、チャコールグレー、ネイビーストライプ、グレンチェック
サイズ・入数 縦138mm×横255mm、1枚入り・BOX入り

「Paul Stuart」について

グローバルな感性を持った大人に向けて、トレンドに左右されることなく自分自身のライフスタイルに合わせてパーソナリティーが表現できるスタイリングを提案する「コンテンポラリー・クラシック」ブランド

主な価格帯 メンズ/コート¥99,000~¥198,000、スーツ¥75,900~¥242,000、ジャケット¥59,400~¥165,000
ウィメンズ/ジャケット¥42,900~¥143,000、ドレス¥42,900~¥97,900、スカート¥25,300~¥64,900
販路 百貨店、直営店、アウトレット、EC
ブランド開始年度 1991年

ブランド公式サイト https://www.paulstuart.jp/
ブランド公式インスタグラム https://www.instagram.com/paulstuartjapan/

PAGETOP