月次業績報告

2018年1月 店頭販売概況


1月 商況と気候

百貨店を中心に年始からクリアランスセールが実施され、大半がセール品の販売となる1月。
当社におきましては、昨年に実施した構造改革の施策における不採算売場撤退による売上減が影響し、当社既存事業における店頭販売額は前年比89%となり、全社店頭販売額においては、既に終了したブランドの影響により前年比83%で推移しました。

アイテム別では「スカート」が、既存事業におけるECを含む店頭販売額で前年比107%と伸ばし、カジュアルスタイルの防寒衣料となる「ブルゾン・アウター」が同101.6%、「手袋」や「マフラー」などの防寒アイテムも好調に推移しましたが、昨年の冬物商戦が好調に推移したことの影響もあり、ウール、ダウンなどのコートをはじめ、多くのアイテムが前年を割る結果となりました。

<気候>

1月の気候は、強い寒気が流れ込み、特に下旬にかけて気温が大きく低下しました。22日~23日にかけては、関東甲信地方や東北太平洋側では大雪となり、東京では積雪13㎝と東京都心では4年ぶりに10㎝以上を観測し、交通機関に大きな影響がでました。(一部気象庁発表より抜粋)



1月 店頭販売実績(前年比)

1月 2月 3月 4月 5月 6月
全社 83%
既存事業※ 89%
紳士服事業(既存) 93%
婦人服事業(既存) 87%
マッキントッシュ事業 85%
ポール・スチュアート事業(既存) 89%
エポカ事業 96%
アマカ事業 86%
エヴェックス事業 87%
トゥー ビー シック事業 81%
ラブレス事業 89%
基幹7事業合計 87%
EC・通販 103%

※既存事業:
展開終了ブランドを除く前年対比が可能な事業

1月 商品動向

<紳士服>

紳士服においては、順調に冬が訪れた昨年から防寒アイテムが好調に推移し続けた結果、「コート」が既存事業における店頭販売額で前年に及ばなかったものの、「ブルゾン・アウター」は同前年比117%と堅調に稼動しました。特に人気のデザインは、合繊でありながら綿素材の表情を持ち、軽くて暖かい京鴨ダウンを使用したダウンジャケットや、ビジネスにもカジュアルにも合うロングダウンなどダウンアイテムを筆頭に、吸湿発熱性のある中綿を使用したキルティングアウターや春まで長く着用できるライナー付アウターが好評となりました。「エポカ ウォモ」ではブランド全体の店頭販売額が前年比106%と好調に推移。二重織りウールスタンドコートが、シンプルなデザイン性と立体的に見える胸元や衿のおさまりが良く、大人のビジカジスタイルを綺麗に見せるシルエットとして人気。12月・1月の売上ベスト1位になり今冬のヒット商品となっています。
大雪の影響としては、紳士服「マッキントッシュ フィロソフィー」のサイドゴアレインブーツの販売点数が、前年の2.5倍となり、路面の凍結に対して準備されるビジネスマンを中心に稼動しました。また、クリアランスセールの短期集中を予測し、プロパー販売への移行を例年より早く見込んだため、春物素材のエントリープライススーツや、明るいカラーのネクタイ、ジャカード柄のニットやグラデーション染めのニットなどが早くも動きを見せています。


<婦人服>

婦人服においては、この時期大きな売上シェアをしめる「コート」、「ニット」、「ワンピース」アイテムの売上が前年を下回ったことから、既存事業における婦人服店頭販売額の前年比は87%となりました。昨年秋以降好調な「スカート」アイテムにおいては前年比107%と引き続き好調を維持し、ミディ丈、フレアシルエットのタイプが人気となったほか、トップスとセットで着るとワンピースの様な着こなしができる、よりエレガントなものが動いたブランドも見受けられました。コートアイテムの中でもこの時期需要の高い「ダウンコート・中わたコート類」は99%。防寒性の高いロングダウンコートを筆頭に、ボリュームのあるボトムにも合わせやすいショート丈や従来よりもダウンの分量を少量に抑え控えた細身に見えるタイプ、春先にも着用できるような明るめのカラー、はっ水性や花粉プロテクトなど機能性がある商品も稼働しました。その他ではオケージョンや通勤用としてノーカラータイプのジャケットとセットアップで着用できるスカートも動きだしました。


<1月プロパー販売好調商品>

エポカ ウォモ 二重織ウールスタンドカラーコート
ブランド:エポカ ウォモ
商品名:二重織ウールスタンドカラーコート
素材:毛100%
色展開:グレー、チャコールグレー、ネイビー
サイズ:44、46、48、50
価格:本体価格 ¥76,000+税
商品特長:尾州産の厳選素材を使用したスタンドカラーコートです。通常コートに用いる紡毛素材ではなく、スーツなどで使用される梳毛糸を強圧縮して仕上げることで、ツヤのある滑らかな深みのある色目を表現しました。シンプルなデザインならではの上品な仕上がりの1着です。
2017年10月末展開で11月は売上ベスト2位、12月・2018年1月は売上ベスト1位と首位をキープし続けている今冬のヒット商品です。
マッキントッシュ フィロソフィー ウーリーツイルダウンコート
ブランド:マッキントッシュ フィロソフィー
商品名:ウーリーツイルダウンコート
素材:表地 ポリエステル73%、レーヨン15%、毛12%
色展開:チャコールグレー、ネイビー
サイズ:36、38、40
着丈:93㎝(38サイズ)
価格:本体価格 ¥38,000+税
商品特長:ショールのようなフード衿がデザインポイントのダウンコート。フードから続くボリュームのある衿元のデザインは、暖かいだけでなく、小顔効果も期待できます。ウエストの位置を少し高めに設定することでベルトを結んだ時にも腰高のバランスになるようにしています。素材はポリエステル/レーヨンのスパン糸を使用しているのでソフトで温かみがあるウール調の素材です。
【マッキントッシュ フィロソフィーで1月の売上着数1位】
月次業績報告一覧へ
PAGETOP