2021年12月アーカイブ

SANYO iStore 2022年 クリアランスセール 1月1日(土) 0:00からスタート!!

2021.12.27|INFORMATION|SANYO iStore

SANYO iStore CLEARANCE SALE

みなさまの日頃のご愛顧に感謝し、SANYO iStoreでは1月1日(土) 0:00からクリアランスセールを開催致します。
半期に一度のビックイベントです。
ぜひ、SANYO iStoreでショッピングをお楽しみください。

クリアランスセールの詳細はこちらから

1月1日(土) 0:00より

学ぼう!服のこと ~ 服育動画 ~ のページを開設しました

2021.12.10|INFORMATION

学ぼう!服のこと ~ 服育動画 ~

三陽商会は、子供たちを対象として、ものづくりの楽しさを体感し服を長く大切に着る心を育てる「服育授業」に2014年から取り組んでいます。
この度、より多くの子供たちに授業の内容を知ってもらい、服や布に関するエコな活動に取り組めるようにと、エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)の協力のもと服育動画を考案・製作しました。
"知る・学ぶ"では、「綿から服ができるまで」をテーマに、当社の事業内容に触れながら、素材から服ができるまでの過程やアップサイクルについて6つの動画で説明しています。動画では問題が出題され、ワークシートを使って回答することで、より理解を深めることができます。
"つくる"の動画では、残布などの素材をアップサイクルしてオリジナルのマスクケースの作り方をご紹介しています。
ぜひ、ご視聴ください。

学ぼう!服のこと ~ 服育動画 ~ はこちら

ブランド設立35周年を迎えた「TRANS WORK」人気の「美Jacket」をはじめとする「美シリーズ」が進化して登場

2021.12.06|ブランド

TRANS WORK

ブランド設立35周年を迎えたウィメンズブランド「TRANS WORK」

人気の「美Jacket」をはじめとする「美シリーズ」がさらに進化して登場

~ 働く女性の変遷に寄り添い、快適で美しいワーキングスタイルを提案 ~

三陽商会が展開するウィメンズブランド「TRANS WORK(トランスワーク)」は、2021年にブランド設立35周年を迎えました。

1986年のブランド創設時より、"大人の女性のワークとライフを繋ぐ接点の役割をする服"をコンセプトに、機能性と美しさを追求したコレクションを展開しています。中でもブランド30年の節目に開発をはじめ、2017年に販売を開始した「美Jacket」は、スカート、パンツ、バッグとコレクションを広げ、「TRANS WORK」を代表するアイテムとなりました。
2020年には、「美Jacket」「美Skirt」「美Slim Pants」の商標登録を取得。発売以来、「美シリーズ」として多くのお客様に愛用していただいております。

2021年秋冬の「美Jacket」は、ジャケットとカーディガンの中間アイテムとして軽く羽織れるロングジャケットと定番のテーラードジャケットの2型が登場。セットアップとして着用できるスカートとパンツ(各1型)、通勤にはもちろん、卒業式や入学式などのセレモニーなどにも使えるバッグ(2型)も展開しております。
新しい生活様式で働き方の多様化が進む中、「TRANS WORK」は今後も働く女性に寄り添い、快適で美しいワーキングスタイルを提案いたします。

「美シリーズ」の商品開発の背景

~ 働く女性の歴史とともに歩む「TRANS WORK」~

「TRANS WORK」2021年秋冬 「美Jacket」ロングジャケット「美Slim Pants」「美Bag」

「TRANS WORK」2021年秋冬
「美Jacket」ロングジャケット
「美Slim Pants」「美Bag」

1986年にデビューした「TRANS WORK」は、ブランドデビュー時から「主婦として、キャリアウーマンとして、ひとりの女性として、いくつものライフシーンを持つ人」をターゲットにし、機能性と美しさを追求したコレクションを展開しています。"働く女性"に向けたワードローブを提案していく中で、女性の社会進出とともに需要が高まったジャケットスタイルを研究し、女性のニーズに応えた「美シリーズ」を開発いたしました。「TRANS WORK」のブランドの歩みは働く女性の歴史とリンクしています。

女性雇用の変遷と「TRANS WORK」の歩み

年代 女性雇用の変遷
※出典:日本における戦後の労働政策史 2019
ファッションの流行と「TRANS WORK」の歩み
1986年 日本で「男女雇用機会均等法」が施行され、女性労働者が増加するとともに、女性の就業意識も向上。 秋冬シーズンにデビュー。コンサバファッションとDCブランドが全盛の時代に、単品でコーディネートしやすい働く女性のためのニュートラルなファッションを提案。
1992年 「育児休業法」施行。バブルが崩壊。既婚や未婚を問わず、女性が働くことが普通となり、"一般職"と"総合職"という呼称とともに、第1次女性活用ブームに。 「紺ブレ」の流行によるトラッド人気を受けて、「TRANS WORK」のシンプルなデザインで着心地の良いソフトジャケットがブランドの主力アイテムとなる。
1999年 「新・男女雇用機会均等法」が施行。女性総合職の本格登用が進む一方で、長時間労働勤務が常態化するなど、出産や育児への負担が高まる。 働く女性たちにニューヨークのキャリアスタイルが人気に。パンツスーツが流行し、「TRANS WORK」では都会的で洗練されたニューヨークテイストのジャケットとパンツのセットアップを提案。
2007年 「改正男女雇用機会均等法」が施行。女性社員の制服廃止が広がる。 女性の通勤服が多様化。「TRANS WORK」では、ノーカラージャケットなど女性らしい柔らかい印象のジャケットスタイル、ワンピースを提案。
2009年 「改正育児・介護休業法」成立。妊娠・出産で退職する時代から、産休・育休による復職の時代へ。 「美脚パンツ」が流行。セットアップスタイルは単品での着こなしが重要になり、多様化が進む。
2016年 「女性活躍推進法」が施行され、女性の社会進出を後押し。 ブランド設立30周年を迎え、「TRANS WORK」では、新たな商品開発に着手。人気のソフトジャケットをパターンから見直し、働く女性の新しいベーシックジャケットとして「美Jacket」が完成。
2017年 「育児・介護休業法」改正。児童(8歳未満の未婚の人)である子供がいる世帯において、母親が仕事をしている比率は7割を超える。 春夏シーズンにテーラード型の「美Jacket」1型を発売。セットアップとして着用できるスカート、パンツ(各1型)を展開。働く女性から支持を得て、シリーズ化。
2020年 新型コロナウイルスによる非常事態宣言が発令。リモートワークの推進など、働き方の多様化が進む。 「美Jacket」「美Skirt」「美Slim Pants」の商標登録を取得。(「美Bag」は2019年に商標登録を取得)

「TRANS WORK」1986年デビュー時のスタイリング写真

「TRANS WORK」1986年デビュー時のスタイリング写真

「TRANS WORK」1989年春夏スタイリング写真

「TRANS WORK」1989年春夏スタイリング写真

2021年秋冬「美Jacket」商品概要

機能性と美しさでワーキングシーンをサポートする「美シリーズ」は、2017年に販売を開始した「美Jacket」から始まりました。「美Jacket」は下記の特長を持っています。

「TRANS WORK」2021年秋冬「美Jacket」テーラードジャケット

「TRANS WORK」2021年秋冬「美Jacket」テーラードジャケット

シリーズ名 「美Jacket」(2020年に登録商標を取得)
素材 360度全方位に伸びる素材を使用し、ストレスフリーな着心地。一日中快適に過ごせます。
シワになりにくく、家庭洗濯が可能なイージーケア素材を使用しています。
デザイン パターン:体のカーブに沿うよう考え抜かれたパターンを採用。どこから見ても美しいシルエットになるよう調整しています。ハリのある美しい襟の返りもポイント。
バックスタイル:肩甲骨下からヒップにかけての背中のSラインのカーブに沿うパターンメイキングでもたつきを軽減しています。
袖:袖をほっそり見せるためアームホールは縦長にし、抗菌・消臭テープを付けました。
内袖、外袖のバランスを絶妙に調整して可動域を広く取り、美しさと動きやすさを追求しています。
袖口は折り返して着用できるリターン仕様になっています。
ポケット:ジャケットの表面には型崩れしにくいポケットを配置。テーラードジャケットの内側には名刺やスマートフォンを収納できる内ポケット付き。
販売 発売中
サイズ展開 34、36(小さいサイズ)、38~42(レギュラーサイズ)、44~50(Lサイズ)
全9サイズ 体型に合わせて選べる豊富なサイズ展開。
取扱い店舗 店舗 ・全国百貨店「TRANS WORK」売場 57店舗 Lサイズのみ取り扱い店舗12店舗 計:69店舗
EC ・当社直営オンラインストア 「SANYO iStore

2021年秋冬の「美シリーズ」コレクション

2021年秋冬の「美シリーズ」は、シンプルなテーラードと軽く羽織れるロングタイプのジャケット2型、セットアップで着用できるスカート、パンツ(各1型)、スーツスタイルに合わせやすいバッグ(2型)の計6型をラインナップしています。

(全て税込価格、レギュラーサイズの価格を記載)

「美Jacket」ラックスツイルテーラードジャケット

「美Jacket」ラックスツイルテーラードジャケット
¥36,300

素材は、「洗えるウール」の混紡糸とレーヨンシルク混紡糸、FTY(※)との交編素材です。シルクの光沢が有り、程よいハリ感とストレッチ性に優れています。今季のデザインはサイドのダーツを斜めに入れ、シルエットの美しさを保ちながらウエストの絞りをやや緩やかに仕上げ、さらに着心地良く仕上げています。

※FTY 特殊弾性糸。ポリウレタン糸を軸にナイロン長繊維を巻き付けた極細の加工糸。

「美Jacket」ラックスツイルロングジャケット

「美Jacket」ラックスツイルロングジャケット
¥33,000

ジャケットカーディガンの中間のように羽織れるロングジャケットです。
「美Jacket」のパターンを使用した美しいシルエットにこだわりながら、軽い着心地に仕上げています。シャープに見せてくれる襟のデザインやすっきり見えるサイドポケットを採用し、カジュアルになりすぎないようデザインしています。

「美Skirt」ラックスツイルスカート

「美Skirt」ラックスツイルスカート
¥20,900

10枚はぎできれいなフレアシルエットを出した立体的なパターンと、脇側のカーブの切り替えが下半身をすっきりと見せてくれます。ヒップポイントを高めにすることで、ヒップから脚にかけてのS字ラインをきれいに出しています。

「美Slim Pants」ラックスツイルスリムパンツ

「美Slim Pants」ラックスツイルスリムパンツ
¥23,100

ヒップ下のカーブに沿うパターンでもたつきを解消。脇線の位置を通常より後ろにすることでヒップを小さく見せてくれます。膝下の絞り位置を高めにすることで膝下を長く見せてくれる視覚効果もあります。

「美Bag」スクエアバッグ

「美Bag」スクエアバッグ
¥13,200

A4ファイルが収納できる大きさながら、座った時に困らない膝の上に収まるサイズです。ペンホルダーやスマートフォン用のポケットなどバッグ内の仕切りを兼ねた多機能ポケットは取り外しが可能で、バックインバッグのように使うことも可能です。

「美Bag」ショルダーバッグ

「美Bag」ショルダーバッグ
¥14,300

ジャケットスタイルに合わせることを考慮したシンプルなワンショルダーのデザインです。機能的なポケットを備え、取り外し可能なショルダーストラップ付きです。

「TRANS WORK」について

女性らしさの中にも凛々しさの薫る、エレガントで高品質・高感度なリアルクロージングをトータルで提案。

主な価格帯:コート ¥33,000~¥66,000、ブルゾン・ジャケット ¥25,300~¥39,600、
ニット・カットソー ¥9,900~¥26,400、スカート ¥18,700~¥26,400

「TRANS WORK」2021年秋冬 イメージビジュアル

「TRANS WORK」
2021年秋冬 イメージビジュアル

販路:百貨店、EC ※ラージサイズ展開あり

発売:1986年

ブランドサイト
http://www.transwork-net.com/

  • 美Jacket 登録商標第6215704号(2020年取得)
  • 美Slim Pants 登録商標第6215705号(2020年取得)
  • 美Skirt 登録商標第6215706号(2020年取得)
  • 美Bag 登録商標第6174985号(2019年取得)

グリーンダウンプロジェクト「羽毛製品回収」実施のお知らせ

2021.12.03|INFORMATION

実施店舗について急な変更・中止等が発生する場合がございます。
掲載された情報は発表日現在の情報です。最新情報と異なる場合がございますので、予めご了承ください。

green_down_project.jpg

三陽商会は、「羽毛循環サイクル社会」の実現を目指す「グリーンダウンプロジェクト」の想いに共感し、2015年より羽毛製品の回収やリサイクル羽毛「グリーンダウン」を使用した製品の企画・販売を行ってきました。
循環型社会への移行が進み、限りある資源の有効活用が求められる中、「羽毛循環サイクル社会」により一層寄与していくために、一部店舗で羽毛製品の回収を実施いたします。

【回収対象製品】

ダウン混率が50%以上の羽毛製品(ダウンジャケット、羽毛布団など)
製品自体に穴が空いていたり、汚れている場合でも回収対象となります。

<回収に関する注意点>

※ダウン混率は製品の品質表示よりご確認ください。

info_img01.jpg
回収可の例)ダウンが80%含まれている

※ダウン混率が49%以下の製品は回収できかねます。予めご了承ください。

※製品に品質表示がついていない場合、または品質表示にてダウン混率が確認できない場合は、回収をお断りさせていただきます。

※濡れている製品、フェザーのみからなる製品、綿布団はリサイクル不可のため回収できかねます。

※不用になった製品は、ポケット等に何も入っていないことをお確かめの上、スタッフまでお渡しください。回収後の製品の返却はできかねます。

※ご郵送による回収は行っておりません。

【回収日程】

2021年12月6日(月)~2022年2月28日(月)

※詳しくは回収実施店舗までお問い合わせください。

【回収実施店舗】

ブランド・ショップ 店舗・施設名称
LOVELESS(ラブレス) 青山 / ニュウマン横浜
SANYO ESSENTIALS(サンヨー エッセンシャルズ) 日本橋髙島屋 S.C.新館
BLUE LABEL/BLACK LABEL CRESTBRIDGE(ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ) 原宿本店

◆グリーンダウンプロジェクトについて https://www.gdp.or.jp/

一企業の技術だけでは、「羽毛循環サイクル社会」は実現できません。羽毛に関わる企業をはじめ、地域社会、そして生活者一人ひとりの理解と協力により羽毛循環システムがつくられます。それを推進していくのが、Green Down Project(グリーンダウンプロジェクト)です。

PAGETOP