2021年7月アーカイブ

『100年コート』のパーソナルオーダーを12/26(日)まで5カ月間実施。「SANYO ESSENTIALS 日本橋髙島屋S.C.店」にて。

2021.07.27|PRESS RELEASE

100年コート

長く愛用できる特別なコートを
豊富なサイズから着丈・袖丈の調整が可能。生地やボタンもお好みで組み合わせ

『100年コート』のパーソナルオーダーを12/26(日)まで5カ月間実施

"上質な定番品"や "自分に合ったこだわりの1着"への需要の高まりに向けて

三陽商会が展開するコート専業ブランド「SANYOCOAT(サンヨーコート)」は、『100年コート』のパーソナルオーダーを7月15日(木)~12月26日(日)の5カ月にわたり「SANYO ESSENTIALS(サンヨー エッセンシャルズ) 日本橋髙島屋S.C.店」にて実施いたします。『100年コート』のパーソナルオーダー企画は、メンズ7型・ウィメンズ6型の13型からモデルを選定し、表地・裏地・着脱可能なライナー生地・ボタン・ベルトバックルの色や柄、素材等を複数の中からお選びいただけ、既製版の『100年コート』より豊富に揃えた基本サイズに着丈・袖丈の調整を加えることで、既製品ではサイズが合いにくいお客さまも一人一人に合わせた1着を仕立てることができる企画です。"長く使える上質な定番品"や "自分に合ったこだわりの1着"への需要の高まりから、オーダーの実施期間を昨年の3カ月間から今年は5カ月間に延ばし実施いたします。

『100年コート』

背景

2015年に国連サミットでSDGsが採択されて以降、ファッション業界においては、特に目標12番:「つくる責任・つかう責任」を企業の事業活動の目標として取り込み、持続可能な生産消費形態を確保することが求められています。
さらに昨今のコロナ禍をきっかけに服へのニーズや役割も変化し、バリエーションが必要だった時代から1着が多くの場面で活用できることが重視されるように傾向が変わり、"長く使える上質な定番品" "自分に合ったこだわりの1着" など、服を選ぶ基準にも変化が現れています。
こうしたことを背景に、"世代を超えて永く愛されるコート"を目指して生産し、お客さまが安心して愛用し続けることができるようメンテナンスやアフターケアを直接おこなう「100年オーナープラン」も運営している『100年コート』は、年々需要の高まりを見せるパーソナルオーダー企画の受注期間を昨年の3カ月間から今年は5カ月間に延ばし実施することとしました。

『100年コート』パーソナルオーダーのイメージ

生地の色やボタンなどをセレクト

豊富なサイズ展開。着丈・袖丈が調整可能

『100年コート』パーソナルオーダー 実施概要

実施店舗 SANYO(サンヨー)ESSENTIALS(エッセンシャルズ) 日本橋髙島屋S.C.店」
(東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋S.C. 新館3F)
期間 2021年7月15日(木)~ 12月26日(日)
営業時間 10:30~20:00 ※営業時間は施設に準じます
電話 03-6225-2307
納期 受注から約2~3か月

『100年コート』のパーソナルオーダーを
5カ月間実施する
「SANYO ESSENTIALS 日本橋髙島屋S.C.店」

『100年コート』パーソナルオーダーの特長

このたび「SANYO ESSENTIALS 日本橋髙島屋S.C.店」にて展開する『100年コート』のパーソナルオーダー企画は、メンズ7型・ウィメンズ6型の13型からモデルを選定し、表地・裏地・着脱可能なライナー生地・ボタン・ベルトバックルの色や柄、素材等を複数の中からお選びいただけます。既製版の『100年コート』より豊富に揃えた基本サイズに着丈・袖丈の調整を加えることで、既製品ではサイズが合いにくいお客さまも一人一人に合わせた1着を仕立てることができる企画です。
オーダーの際には、コートを熟知したスタッフがサイズ調整をはじめ生地などの選択において、お客さまにとってより最適な1着となるようご提案いたします。

コートを熟知したスタッフが
より最適な1着となるようご提案いたします

~ ポイント ~

  • ・表地はパーソナルオーダー限定色4色を含む計7色の中からお選びいただけます。今シーズンよりレッドを新たに加えました。
  • ・基本サイズの展開をメンズ:S、M、L、XL、2XL、3XL、4XL、ウィメンズ:34、36、38、40、42、44、46、48、とし、より多くのお客さまに合うサイズを揃えています。
    ※既成版『100年コート』のサイズ展開:メンズ:S、M、L、XL、ウィメンズ :34、36、38、40、42
    ※ 大きいサイズは「SANYO ESSENTIALS 日本橋髙島屋S.C.店」のみで展開する限定サイズ
  • ・昨年まで1カ月半~3カ月だったオーダー期間を延ばし、今シーズンは5カ月間にわたりオーダーいただけるようにしました。

今シーズンからレッドも
オーダー可能に

『100年コート』について

『100年コート』は、コート専業ブランドの「SANYOCOAT」が "世代を超えて永く愛されるコート" を目指し、ものづくりへのこだわりを体現した2013年より展開している日本製のコートです。トレンチとバルマカーンという普遍的なスタイルにフォーカスし、表地は最高級のGIZA(ギザ)コットンで織られたギャバジン素材に耐久はっ水機能をもたせています。素材調達から縫製までの全てを国内で行い、50年間コートを作り続けている日本でも類を見ないコート専業工場である当社自社工場「サンヨーソーイング 青森ファクトリー(青森県上北郡七戸町)」で丁寧に縫製しています。

~ コートのメンテナンスやアフターケアをおこなう「100年オーナープラン」 ~

また、『100年コート』をご購入したお客さまが安心して愛用し続けることができるよう、メンテナンスやアフターケアを直接おこなう「100年オーナープラン」を運営しています。そのサービスの一環として、『100年コート』の購入から3年ごとのシーズンオフ期間にコートをお預かりし、10項目において定期診断を行い、無償でボタンの緩み直し補修を行うほか、ご希望に応じて袖口や裾周りの擦り切れ補修などを有償にて承るケアプログラムを提供しており、多くのお客さまにご登録いただいております。
このプログラムを通じて、着用する中でゆっくりとその姿を変えていく『100年コート』の経年変化や衣服との長い付き合いを楽しんでいただきたいと考え運営しています。( 「100年オーナープラン」について https://www.sanyocoat.jp/100nen_owner.html)

『100年コート』パーソナルオーダー企画概要

内容 表地、裏地、ライナー、ボタン、ベルトバックルの色や柄、素材や仕様などを複数の中から選び、基本サイズに調整を加えることで、体に合ったお好みの1着をおつくりいただける企画。
アイテム/デザイン 100年コート ・・・・ メンズ:7モデル、ウィメンズ:6モデル
(トレンチコート/バルマカーンコート、丈やシルエットのバリエーション有り)
価格帯(税込) 既製品税込価格 (¥91,300~¥146,300) + パーソナルオーダー税込料金 (¥17,600~ )
素材の種類 表地 7色〔ベージュ、ネイビー、カーキ、ブラック、オイスター(ライトグレー)、カーキグリーン、レッド
素材・・・綿100% ギャバジン(耐久はっ水機能
ブラック、オイスター、カーキグリーン、レッドはパーソナルオーダーでのみ選べる限定色です
本体裏地

9種類

  • ・三陽格子柄 ※(綿100%)・・・1色
  • ・無地(キュプラ100%)・・・8色
※ 三陽格子:日本の伝統文化である歌舞伎に登場する衣裳の柄「翁格子」を基に、松竹株式会社の協力を得てオリジナルの配色を考案し、現代的に表現した、末永く使用するアイコンを目指して開発した柄
ライナー

2タイプ

  • ・三陽格子柄 (毛100%)・・・1色
  • ・無地(キュプラ×ウール)・・・背すべり部分 8色 × 本体部分 8色
※ ライナー:気候等に応じて着脱が可能
ボタン 12種類・・・・水牛、樹脂、ナットなど
ベルトバックル 3色(レザー部分)・・・ブラック、ベージュ、ブラウン
基本サイズ展開
  • メンズ
  • :S、M、L、XL、2XL、3XL、4XL
  • ウィメンズ
  • :34、36、38、40、42、44、46、48
メンズの2XL・3XL・4XL、ウィメンズの44・46・48はパーソナルオーダーでのみ選べる限定サイズです
丈調整 着丈:1cmピッチでー6cm~+10cm
袖丈:1cmピッチでー8cm~+5cm
納期 受注から約2~3か月
※ オーダー時期や内容により納期が前後することがあります
生産工場 サンヨーソーイング 青森ファクトリー(青森県上北郡七戸町)
オーダーのステップ
  • Step1:デザインをセレクト
  • Step2:表地、裏地、ボタン等を選ぶ
  • Step3:基本サイズを選び、着丈・袖丈を調整
「SPECIAL DAYS」日程

下記の日程にて「SANYOCOAT」のデザイナーとパタンナーがパーソナルオーダーで『100年コート』をおつくりいただくお客さまのサポートをいたします。

  • ・9月18日(土)13:00〜17:00 デザイナー
  • ・9月25日(土)13:00〜17:00 パタンナー

表地は7色、ボタンは12種類など、複数の中からセレクト

『100年コート』パーソナルオーダー 名古屋での実施について

今年3月に「ジェイアール名古屋タカシマヤ」6階にオープンした店舗「SANYO ESSENTIALS」においても、9月15日(水)~9月21日(火)の1週間、『100年コート』のパーソナルオーダー企画を展開いたします。
※こちらでの基本サイズ展開は、ウィメンズ:34、36、38、40、42となります

『100コート』公式WEBサイト

https://www.sanyocoat.jp/100nencoat.html

公式SNSアカウント

新たな資源循環プラットフォーム実証事業にアパレル2社が参画
オンワード樫山・三陽商会がセンコーグループと協働し動静脈一体物流を活用したレコテックの廃プラスチック資源循環への取り組みへ参加

2021.07.27|企業

新たな資源循環プラットフォーム実証事業にアパレル2社が参画

オンワード樫山・三陽商会がセンコーグループと協働し
動静脈一体物流を活用したレコテックの廃プラスチック資源循環への取り組みへ参加

株式会社オンワード樫山(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木 恒則、以下「オンワード樫山」)と株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江 伸治、以下「三陽商会」)は、両社の納品物流業務を担うセンコーグループホールディングス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:福田 泰久、以下「センコーグループ」)と協働し、動静脈一体物流を活用して効率的に廃プラスチックを回収し再生するレコテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:野崎 衛、以下「レコテック」)の資源循環プラットフォーム実証事業に参画しました。

背景・課題

昨今、海洋プラスチック問題の深刻化からプラスチックごみの削減と再利用が喫緊の課題となっています。イギリスのエレン・マッカーサー財団は2016年の報告において、「現在のスピードでプラスチックの利用を進めた場合に、2050年までには海中のプラスチックの重量と魚の重量が等しくなる」という衝撃の試算を発表しました。
このような状況を受け、世界中でサーキュラー・エコノミー化を進め、持続可能な社会にするために様々な取り組みが活発になっています。日本のアパレル業界においても、衣服を店頭で回収し、リサイクルやリユースをするなどの取り組みが進められています。しかし、サプライチェーンの過程で発生するプラスチックにおいては、非常にきれいな状態で排出されるにも関わらず、現状ではほとんどがサーマルリカバリー(熱回収)に留まっています。物流拠点や各店舗で発生する廃プラスチックをマテリアルリサイクルするためには、薄く広く分散した廃棄物を効率的に回収することが必要不可欠であり、そのためには企業横断的に仕組みを構築することが極めて重要であると考えています。

実証事業内容

オンワード樫山と三陽商会は、両社の納品物流業務を担うセンコーグループとの協働により、今回の動静脈一体物流を活用して効率的に廃プラスチックを回収し、再生する資源循環プラットフォーム実証事業に参加しました。両社の物流倉庫・店舗等から排出されるプラスチックを、量と種類を見える化した上で、センコーグループの納品車両を活用して回収し、マテリアルリサイクル施設にて再生する実証事業に協力していきます。
本実証事業では、レコテックが提供する資源循環プラットフォームシステム「Material Pool System (MPS)」および廃棄物を記録するWebアプリケーション「GOMiCO」にて、廃プラスチックの量と種類を可視化し追跡・管理することで、静脈サプライチェーンの各プロセスにおけるトレーサビリティを担保します。これを前提に、東京都の「再生利用指定」を受け、許認可外の車両を使った動静脈一体物流を実現することが可能となります。

▽実証事業イメージ

実証事業イメージ

【実施概要】

  • 実証期間
  • 2021年6月22日 〜 2021年8月31日
  • 回収拠点
  • オンワード樫山 芝浦第3ビル・第4ビル(東京都・港区)
    三陽商会 社員セール会場 科学技術館
    三陽商会 ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ原宿本店
    三陽商会 ブラックレーベル・クレストブリッジ渋谷店
    三陽商会 ポール・スチュアート青山本店
  • 回収対象
  • 納品時のハンガーカバー(透明のプラスチックフィルム)、
    ニット・カットソーなど包装プラスチック

▽回収対象プラスチックの例

回収対象プラスチックの例

今後の展開

今後は、個社では実現が難しい廃棄物の資源循環を、業界や企業の垣根を超えたあらゆる企業が相乗りして取り組むことがますます重要となると考えます。レコテックは、きれいなプラスチック排出量の多いアパレル企業やブランドへ資源循環プラットフォームへの参加を募り、各拠点では少量ずつ発生するプラスチックを面で捉えることで、資源を効率的に回収・再生させる仕組みの構築を加速させます。

各社概要

■株式会社オンワード樫山

  • 本社
  • 東京都中央区日本橋3-10-5
  • 設立
  • 1947年9月(樫山商事㈱[現 ㈱オンワードホールディングス]設立年月)
  • 代表者
  • 代表取締役社長 鈴木 恒則
  • 事業内容
  • 紳士服、婦人服、子供服、身の廻り品などの企画・製造・販売
  • URL
  • https://www.onward.co.jp/

■株式会社三陽商会

  • 本社
  • 東京都新宿区四谷本塩町6-14
  • 設立
  • 1943年5月11日
  • 代表者
  • 代表取締役社長 大江 伸治
  • 事業内容
  • 紳士服・婦人服及び装飾品の製造販売
    全国の百貨店、専門店、直営店での製品の販売
  • URL
  • https://www.sanyo-shokai.co.jp/

■センコーグループホールディングス株式会社

  • 本社
  • 東京都江東区潮見2-8-10 潮見SIFビル
  • 設立
  • 1946年7月
  • 代表者
  • 代表取締役社長 福田 泰久
  • 事業内容
  • 物流事業、商事事業、ビジネスサポート事業、ライフサポート事業
  • URL
  • https://www.senkogrouphd.co.jp/

■レコテック株式会社

  • 本社
  • 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5階KSフロア
  • 設立
  • 2007年5月
  • 代表者
  • 代表取締役 野崎 衛
  • 事業内容
  • 廃棄物対策コンサルティング、環境機器・プラント導入支援、
    エコプロダクツ販売
  • URL
  • https://recotech.co.jp/
PAGETOP