2020年7月アーカイブ

【服育授業】動画配信中~綿から服ができるまで~(アップサイクルに挑戦!うちわづくりワークショップ)

2020.07.29|INFORMATION

三陽商会は、子供たちを対象として、ものづくりの楽しさを体感し服を長く大切に着る心を育てる「服育授業」に2014年から取り組んでいます。

本年度は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、外出せずとも子供たちが服や布に関するエコな活動に取り組めるようにと、三陽商会とエコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)が共同で「服育授業」の動画を考案・製作しました。現在、その動画を下記サイトにて配信中です。

<エコギャラリー新宿公式サイト>

6月『こどもエコ広場新宿』三陽商会/服育授業:オンライン活動
https://www.shinjuku-ecocenter.jp/project/1772/

三陽商会の「服育授業」について

デザイナーやパタンナーを派遣し、小学校での出前授業を行うほか、エコギャラリー新宿が主催する『こどもエコ広場新宿』等のイベントに参加し、服づくりの過程を説明すると共に様々なワークショップを開催しています。また、「新宿区『緑の小道』環境日記コンテスト」に賛同し、服や布に関する優れた作品を表彰する「SANYO服福賞」も設けています。当社は、こうした活動を通して、子供たちが服やものを長く使う大切さを理解し、服や布のアップサイクルやエコな取り組みを実践できるよう企業として応援しています。

三陽商会のサステナブルアクションプランの総称「EARTH TO WEAR」について

三陽商会は、 2019年にサステナブルアクションプランの総称を「EARTH TO WEAR」とすることを決定し、サステナブル経営のさらなる推進を目指しています。このアクションプランは、SDGsの目標12:「つくる責任、つかう責任」を念頭に、つくる責任にあたる部分を「地球を、愛する。」、つかう責任にあたる部分を「服を、愛する。」として2つのカテゴリーに分け、自社が特に寄与できるもの、推進していくべきアクションで構成しています。今回の取り組みは、このアクションプランにおける「服を、愛する。」の中の「服育」に関する活動の一環となります。

「EARTH TO WEAR」詳細:https://www.sanyo-shokai.co.jp/company/sustainability/

「CO-FUKU masQ/コオフクマスク」 開催。障がいがある人が抱える悩み・課題を理解し、「マスク」をリデザイン

2020.07.28|企業

「CO-FUKU masQ/コオフクマスク」 開催
アパレルメーカー3社とともに
障がいがある人が抱える悩み・課題を理解し、「マスク」をリデザイン

任意団体コオフクは、様々な人々が集い、障がいがある人が抱えるおしゃれの悩み・課題を理解・リデザインし、成果発表を行うプログラムとして、今夏 『CO-FUKU masQ/コオフクマスク』を開催します。

このプログラムは、コロナウイルスの影響により、マスクが1年を通して必要である今、既製の「マスク」ではつけにくい、こうしたらもっとつけやすいといった悩みや課題を出し合い、新たな発想とアイデアで「マスク」のデザインを考えるものです。今回は、これまで任意団体コオフクと個別にプログラムを実施してきたアパレルメーカー3社が参加することで、製品化に繋げていきます。

コオフクと3社揃ってのキックオフを経て、(株)アダストリアと(株)ワールドは、8月1日(土)と22日(土)の2日間、障がいのある方だけでなく、性別や年齢を問わずに一般公募した参加者とワークショップを開催します※。(株)三陽商会は、社内に技術部を持つノウハウを活かし、ワークショップで挙げられた困りごとなどを共有した後、技術部のチームが洋服の製作で培った知識を出し合いながら、7月から9月にかけてマスクの製作に取り組んでいます。 ※8月1日(土)のワークショップはオンラインで開催。

この様に、皆が集まり、理解し、自由に考えることで、まず「マスク」の既成概念を取り払い、様々な困りごとをクリアにするためのデザインを考え、さらにデザイナーや商品企画、技術部などアパレルメーカーのプロが入ることでカタチにします。製作をしたマスクは、今秋イベントの場で成果発表をした後、必要とされている方にお届けできる様、各社でアイデアを出していきます。

『CO-FUKU masQ/コオフクマスク』 スケジュール

任意団体コオフクについて

https://co-fuku.com/

私らしく、あなたらしく、誰でもおしゃれを楽しめる社会を。

「CO-FUKU/コオフク」は「CO(共同、相互)服 」「考服」「幸福」の新しいことば。"私らしく。あなたらしく。誰でも、おしゃれを楽しめる社会"をめざし、2016年、趣旨に賛同したアパレル出身の有志で立ち上げた活動体。心にとっても、身体にとっても、着やすい衣服の提供や関連する啓発活動を行っています。

これまでの取組みについて

『コオフク塾 in シブヤ』
株式会社アダストリア

衣服だけでなく、接客サービス、ストアデザインまでを皆で考えてリデザイン。(2018年秋開催)

『シンコオフクジュク』
株式会社三陽商会

売り場での服の試着を通して、障がいがある人が感じる服の困りごとを発見。(2019年秋開催)

『みなとコオフク塾』
株式会社ワールド

コートをテーマに障がいがある人が抱えるおしゃれの悩み・課題を理解し、リデザイン。(2019年秋開催)

「CO-FUKU masQ/コオフクマスク」 開催概要

日時

①(株)アダストリア、(株)ワールドのワークショップ
2020年8月1日(土)、8月22日(土) 2日間 各日14:00~16:00

② 三陽商会のワークショップ
2020年7月2日(木)16:00~17:00 ※開催済
2回目のワークショップは9月にかけて開催中。

開催場所

①(株)アダストリア 本部 (渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ)
※8月1日(土)はアダストリア 本部を起点にオンラインで開催します。

②(株)三陽商会  本社 (新宿区四谷本塩町6-14)

ワークショップの一般公募参加申込みは既に定員に達し終了をしております。任意団体コオフクへ、氏名等の基本情報に加えて応募動機を添えて申込みいただきました。8月の開催は原則両日(8/1、22)に参加いただきます。ご高齢の方、障がいのある方、車椅子をご利用の方などはお知らせいただきスタッフがサポートをしていきます。

※8月1日(土)はオンラインでの開催となります。本部スタッフは新型コロナウイルス感染症への対策として、換気、消毒、ソーシャルディスタンスに取り組みます。

製作するマスクのイメージ

「EARTH TO WEAR活動」とオーガニックコスメブランド「ジュリーク」のコラボレーションについて

2020.07.16|CSR


三陽商会の有志社員によるサステナブルプロジェクト「EART TO WEAR(アース トゥ ウエア)活動」が
オーガニックコスメブランド「ジュリーク」とコラボレーション

残布でつくったポーチやトートバッグをコスメキットのエコなノベルティとして製作
~「ジュリーク 35th アニバーサリーキット」として7/21(火)よりジュリークが展開する
ジュリーク直営店とジュリーク公式オンラインショップ、ジュリーク取り扱いショップで発売~

三陽商会の有志社員約10名によるサステナブルプロジェクト「EARTH TO WEAR活動」は、このたびオーガニックコスメブランドの「ジュリーク」とコラボレーションし、「ジュリーク 35th アニバーサリーキット」のノベルティ(ポーチ・トートバッグの計2種類)を、残布(※)を使ってデザイン・製作しました。このキットは、7月21日(火)より、ジュリークが展開する全国直営店(22店舗)とジュリーク公式オンラインショップ、ジュリーク取り扱いショップにおいて数量限定にて発売されます。

(※)残布・・・服をつくる過程で生じる余り布

「EARTH TO WEAR活動」のメンバーが考案した残布を使ったエコなノベルティ(左:ポーチ、右:トートバッグ)

「EARTH TO WEAR活動」のメンバーが考案した残布を使ったエコなノベルティ(上:ポーチ、下:トートバッグ)

コラボレーションの背景

~サステナビリティに対する企業・生活者の意識の高まり~
現在、日本のみならず世界的に 「SDGs」の実現が求められる中、多くの企業がこれに寄与できることを考え、取り組みを進めています。また生活者も、環境意識への高まり等から、日常的な消費行動においてエコやサステナビリティを意識する人々が増えています。

ジュリーク 35th アニバーサリーキット

~三陽商会の「EARTH TO WEAR活動」について~
「EARTH TO WEAR活動」は、一着の服を大切に着るために、生活者と共にサステナブルでエシカルな社会について考え、学んでいく事を目的として、三陽商会が2017年にスタートした有志社員約10名によるプロジェクトです。 各地で開催されるエシカルイベント等に参加し、様々な種類の残布や残布を使ったエコバッグ・パターンキット等を専用の屋台で販売、サステナブルにつながるテーマのもとにワークショップを開催するなど、"服づくり背景"や"ものづくりの楽しさ"を伝えながら、生活者と当社社員が"サステナブル"を共に考える機会をつくっています。

~"サステナブル"をキーワードに業界を超えたコラボレーションが実現~
今回、この「EARTH TO WEAR活動」に興味を持っていただいたジュリーク・ジャパン株式会社様よりお声がけいただき、オーガニックコスメブランドとして35年間サステナブルを貫いてきた「ジュリーク」と三陽商会の「EARTH TO WEAR活動」が"サステナブル"をキーワードとして繋がり、同じ志の下コラボレーションを実施するに至りました。

<ジュリーク公式サイト(35周年特別サイト)>URL:https://jurlique-japan.com/35th_anniversary/
<EARTH TO WEAR活動>URL:http://www.earth-to-wear.com/

三陽商会の「EARTH TO WEAR活動」

「ジュリーク 35th アニバーサリーキット」概要

(1)35th アニバーサリーキット ハンドケア

(ハンドクリーム2種(ローズ・ラベンダー)限定サイズ)
2020年7月21日(火)数量限定発売
5,280円(税込)

≪コラボレーションポーチの特徴≫
生地のパターンは17種類
アパレル企業ならではのおしゃれで個性的な生地
ネイビーの裏地付き、大きめサイズのポーチ(約W20cm×H16cm)

(2)35th アニバーサリーキット ジュリークリチュアル

(クレンジング、洗顔料、スチーミング用エッセンス等4種)
2020年7月21日(火)数量限定発売
13,200円(税込)

≪コラボレーショントートバッグの特徴≫
生地のパターンは10種類
A4の書類が入るたっぷりサイズ(約W35cm×H40cm)
持ち手が長く、肩掛けも可能(持ち手:約60cm)
ネイビーの裏地付き

※コラボレーションポーチ・トートバッグは、服をつくる過程で生じる残布を使用しているため、生地の種類が複数となっています。ご購入の際、生地パターンはお選びいただけません。
こちらの35th アニバーサリーキットは、6月24日(水)~7月7日(火)伊勢丹新宿店にて、7月8日(水)~11日(土)ジェイアール名古屋タカシマヤ店にて先行発売されました。また全国22店舗のジュリークショップ、及びジュリーク公式オンラインショップでは7月7日(火)~予約を受付中です。(全国22店舗のジュリークショップ及び、ジュリーク公式オンラインショップではノベルティの生地パターンは限定して販売。)

三陽商会のサステナブルアクションプランの総称「EARTH TO WEAR」と「EARTH TO WEAR活動」

三陽商会は、 2019年にサステナブルアクションプランの総称を「EARTH TO WEAR」とすることを決定し、サステナブル経営のさらなる推進を目指しています。このアクションプランは、SDGsの目標12:「つくる責任、つかう責任」を念頭に、つくる責任にあたる部分を「地球を、愛する。」、つかう責任にあたる部分を「服を、愛する。」として2つのカテゴリーに分け、自社が特に寄与できるもの、推進していくべきアクションで構成しています。
2017年にスタートした有志社員による「EARTH TO WEAR活動」への強い想いが、このアクションプラン「EARTH TO WEAR」につながっており、現在「EARTH TO WEAR活動」は、「EARTH TO WEAR」のアクションプランにおける「服を、愛する。」の中の活動の一環となってます。

サステナブルアクションプラン「EARTH TO WEAR」の詳細

https://www.sanyo-shokai.co.jp/company/sustainability/

オリジナル布製マスク第3弾 7/16(木)EC限定発売

2020.07.13|企業

7月16日に発売しましたオリジナル布製マスク第3弾は、当初予定していた販売数に達したため販売を終了いたしました。
次回のオリジナル布製マスク発売については、9月中旬以降を予定しております。

新たに9種類の色・柄が登場!
「色や柄でコーディネートを楽しめるマスク」

オリジナル布製マスク第3弾7/16(木)EC限定発売
立体裁断とアジャスター機能による着け心地の良さも

新型コロナウイルス感染拡大に関し、罹患された皆さまや生活に影響を受けられている皆さまに心よりお見舞い申し上げます。このたび、株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江伸治)は、公式オンラインストアSANYO(サンヨー・)iStore(アイストア)にて第1弾・第2弾発売後すぐに完売したオリジナル布製マスクの第3弾を7月16日(木)に公式オンラインストア限定で発売いたします。第3弾のマスクは第1弾・第2弾と同じように洗って繰り返し使え‟立体裁断"と‟アジャスター機能"でフィット性が高く、新たに9種類の新色・新柄を揃え「コーディネートを楽しめるマスク」です。また、マスクの販売にあたり売上金額の一部を寄付いたします。

オリジナル布製マスクは、第1弾として白無地の1種類を5月末に発売し1時間で完売、第2弾では色や柄を豊富に揃え16種類を6月中旬に発売し、数日で完売となりました。マスク着用が新たな生活様式のひとつとなり、マスクがファッションのひとつとして取り入れられるようになってきたことをふまえ、第3弾では新たに9種類の色や柄をご用意し、数量限定で発売いたします。

オリジナル布製マスクについて

オリジナル布製マスクは、立体裁断に加え、紐にアジャスター機能を付け男女問わず幅広くサイズ調整ができるようにし、フィット性の高さを実現しました。(※2頁目「社内アンケート」参照)国内工場での厳しい品質管理の下生産しており、布製のため繰り返し洗って使用できます。表地には洋服に使われる様々な色や柄の生地を、裏地には抗菌防臭ダブルガーゼを使用。一部の表地では吸水速乾性やUVカット機能のある素材を使用し、日差しが気になるこの時期にお勧めです。

(写真左)立体裁断で顔を包み込むような設計。
(写真右)耳にかける部分をアジャスター機能にすることでサイズ調整が可能。

第3弾布製マスク(新色・新柄)概要

品名 布製マスク
素材 表地:服地を使用(綿100%など)、裏地:抗菌防臭ダブルガーゼ 綿100%
入数・サイズ 1枚入り 135mm×200mm
価格 税込¥990 (本体価格 ¥900)
発売日 2020年7月16日(木)日中
種類 9種類
発売数量 各色・柄で数量限定の予定。(色、柄により枚数は異なります)

第3弾布製マスク(新色・新柄)商品詳細

【フラワーカットジャカードコットンマスク】

表地素材 綿100%
当社型番 Z1Y01-351
色展開 ライトグレー、ネイビー

表側にはシャツに使用されるコットン素材を使用しています。ジャカード織で迷彩柄とフラワー柄を表現し、迷彩部分の組織を立体的に表現しています。

【ラメボーダーマスク】

表地素材 綿95%、ナイロン3%、ポリエステル2%
当社型番 Z1Y01-353
色展開 ホワイト

表地には肌触りが良く伸縮性のあるジャージー生地を使用しています。さりげないゴールドラメがアクセント。

【アフリカングラフィックコットンマスク】

表地素材 綿100%
当社型番 Z1Y01-352
色展開 ブラウン

表地にはブラウスに使用されるアフリカングラフィック柄を使用しています。

【吸水速乾・UVカット /ライトウエイトカノコマスク】

表地素材 ポリエステル100%
当社型番 Z1Y01-355
色展開 ホワイト、ネイビー

表地には夏のポロシャツに使用されるUVカット機能や吸水速乾性に優れたカノコ素材を使用しています。

  • 吸水速乾
  • UVカット機能

【グレンチェックコットンマスク】

表地素材 綿100%
当社型番 Z1Y01-354
色展開 ベージュ、ネイビー

表側にはコットン素材に塩縮加工の凹凸でグレンチェックを表現した生地を使用しています。

【オルタネートストライプコットンマスク】

表地素材 綿100%
当社型番 Z1Y01-346
色展開 オレンジ

表地にはシャツに使用されるスラブオルタネートストライプ柄のコットン素材を使用しています。好評だった第2弾マスク(ブルー)の色違いになります。

※この他、好評だった第2弾も近日一部再販売の予定です。

社内アンケートでは着用感に‟満足・やや満足"が8割

オリジナル布製マスクの一般発売前、当初はマスク不足を助長しないこととお客さまへの感染防止策として販売員含む全国の社員にオリジナル布製マスクを制作し配布していました。今回オリジナル布製マスクについて社内アンケートで1,461名から回答をとり、「着用したことがある」と答えた中で着用感についての満足度は‟満足・やや満足"の回答が8割超となり、良かった点として「アジャスター機能」や「パターン(立体裁断)」が挙げられました。

(オリジナル布製マスクの「着用感」について社内アンケート結果)

売上の一部寄付について

新型コロナウイルス感染拡大を受け、ひとりじゃないよPJの活動に賛同し、これから困窮が顕在化して問題になるといわれている世代や家庭を支援する団体へ、マスクの売上の一部を寄付いたします。現在予定している寄付先は下記になります。

NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ:https://musubie.org/

認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ:http://www.single-mama.com/

マスクを生産している国内工場について

マスクの生産をしている国内工場は、福島県にある「サンヨー・インダストリー」と青森県の「サンヨーソーイング」です。

(株)サンヨー・インダストリー:http://sanyo-factories.jp/industry.html

(株)サンヨーソーイング:http://sanyo-factories.jp/sewing.html

オリジナル布製マスクご使用にあたり

<使用上のご注意>

  • 本製品は、ウイルスを完全に防ぐものではありません。
  • マスクの耐久性は永続的なものではありません。(お客さまの判断で使用していただくことを推奨いたします)

<マスクの洗い方について>

  • マスクを洗う際は中性洗剤を使用し手洗い(下記手順参照)を推奨いたします。
  1. 洗い:水もしくはぬるま湯に使用量目安に従って洗剤を入れ10分間浸け置きします。汚れが気になる場合は押し洗いします。(型崩れを防ぐため、もみ洗いは避けてください)
  2. すすぎ:洗剤がしっかりとれるまで、きれいな水で2~3回ほどすすいでください。
  3. 脱水:軽く水気を切り、清潔なタオルに挟むようにして水分をしっかりとります。(絞ると型崩れの原因になります)
  4. 乾燥:マスクの形を整え、風通しの良い日陰で自然乾燥させます。

<この件に関する消費者からのお問い合わせ先>

株式会社三陽商会カスタマーサポート:0120-340-460
受付時間:通常 / 10:00-17:30(平日のみ)

2019年度「SANYOアワード」表彰式を開催。生活者や社会のニーズに応える商品開発とサービスの提供を目指して

2020.07.09|企業

2019年度「SANYOアワード」表彰式を開催
~ 生活者や社会のニーズに応える商品開発とサービスの提供を目指して ~

株式会社三陽商会は、店頭において販売業務に従事する当社の販売員の功績と、マーケットへインパクトを与えた商品開発を行った部門を称える「SANYOアワード」の表彰式を7月3日(金)に本社(所在地:東京都新宿区)にて開催いたしました。今回の表彰式は、新型コロナウイルスの影響から、例年実施していたホテルでの式典に代わり、規模を縮小し本社にて行いました。

「SANYOアワード」について

当社は、自社の販売員(以下、FA=ファッションアドバイザー)のスキルやモチベーションアップと社内コミュニケーションを目的として、FAの功績を称える「全国優秀販売員表彰式」を1986年より年1回開催してまいりました。2017年度よりこの表彰式の名称を「SANYOアワード」と改め、ものづくりに関わる企画部門を対象とした「プロダクト部門」も追加し、拡充を図っています。
この取り組みにより、当社は商品開発から販売まで一貫したサービスを提供する当社の従業員のモチベーションアップと、より一層生活者や社会のニーズに応える商品開発・サービスの提供を目指しております。

2019年度「SANYOアワード」表彰式の様子 (2020年7月3日実施)

リテール部門選考基準と選考結果

リテール部門の選考基準

売場展開をしている約1000売場とEC部門を対象とし、2019年度の(1)予算達成率、(2)前年比、(3)パーヘッド(※)、(4)経費率の4項目をポイント化し、上位10売場と4つのEC部門を優秀賞に選出。また、優秀賞の中から特に成績の良かった売場を社長賞(グランプリ)・準グランプリとして表彰しています。

(※パーヘッド:スタッフ1人あたりの売上額)

<リテール部門:社長賞(グランプリ)・準グランプリ>

■社長賞(1売場)

ブランド名売場名
エポカ ジェイアール名古屋タカシマヤ

受賞コメント/店長 熊崎 さおりさん
(エポカ/ジェイアール名古屋タカシマヤ)

昨年の準グランプリに続き、今回は社長賞という栄誉をいただき、スタッフ全員で喜んでいます。常に前向きで全力のスタッフ5人で、力を出し切って獲った賞だと思っています。前年度と特に変わったことはしていませんが、「全てのお客さまに向けてお声がけを徹底」しています。駅と直結している自店には、非常に多くのお客さまがいらっしゃいます。他店に負けないくらいの活気あるお声がけで、一人でも多くのお客さまと繋がり、エポカの魅力を体感していただくことを心掛けてます。さらに、接客中にはお客さまの潜在ニーズをさぐりながらお店の中からなるべく多くの商品を紹介。これはスタッフ全員のチームワークでおこなっています。これからもスタッフ全員の長所を伸ばしながら、お互いを尊重し、同じ方向を向いて頑張っていきたいです。

■準グランプリ(3売場)

ブランド名売場名
ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ 三井アウトレットパーク 札幌北広島
エポカ ウォモ 阪急メンズ東京
マッキントッシュ フィロソフィー(メンズ) 阪急メンズ大阪

受賞コメント/店長 江戸 延央さん
(ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ/三井アウトレットパーク 札幌北広島)

2017年の優秀賞、エリア賞に続き、今回は準グランプリを受賞でき、喜びは勿論、それ以上に驚きの気持ちが大きいです。自店の強みは「自主性を尊重しストロングポイントを徹底的に伸ばせるチーム」。ブランドイメージを大切に守りながらも、スタッフの個性が売場のカラーとなるようにしています。売場内では上下関係を排除、あるのは役割、ポジションの違いだけ。スタッフと店長の関係も基本フラット。トップダウンの構図を極力減らしスタッフ同士がディスカッションし切磋琢磨しあう。店長はスタッフの意見、主張を尊重し調整、改善解決していくという役割に徹しています。あくまでもブランドに対する信頼感によりお客さまが安心してご購入頂いている。この事実を謙虚に受止め、お客さまファーストで一日一日真摯に営業していきたいです。

受賞コメント/店長 綾部 雄治さん
(エポカ ウォモ/阪急メンズ東京)

百貨店のリニューアルにより、フロアや売場面積が大きく変わり、「社長賞」をとったことがある以前の売場から一新しお店をつくり直す意気込みで挑みました。チーム一丸となり予算達成を目指していくという意識が良かったと思います。接客だけでなくストック、備品の準備などもお客さまへの接客へ繋がるため、そこをしっかり整えた上でスタッフが売場に立つことを徹底し、お客さまがブランドの魅力を体感し楽しんでお買い物していただけるよう環境を整えることを心掛けました。今年はコロナの影響による休業がありましたが営業再開後にご来店いただいたお客さまには感謝の気持ちで一杯です。今後もスタッフがイキイキと店頭に立ちモチベーション高くできるように日々努力していきたいと思います。

受賞コメント/店長 廣林 肇さん
(マッキントッシュ フィロソフィー(メンズ)/阪急メンズ大阪)

今回で3年連続の優秀賞に選ばれましたが、準グランプリは初めてなので本当に嬉しいです。自店の強みはスタッフ全員がモチベーション高く、目標に向けて個々が責任感を持って取り組む事が出来る事です。お客さまが多い売場だからこそ一人一人のお客さまを大切にすることを徹底しています。今年はコロナの影響により休業し、営業再開から2週間は多くのお客さまにご来店いただき、これまで以上にお客さまの大切さを実感し、気持ちがより改まりました。今後も前向きに頑張りたいと思います。

プロダクト部門選考基準と選考結果

プロダクト部門選考基準

エントリーされた21品番から、⑴「販売点数」、⑵「総消化率」、⑶建値消化率(※)、⑷「プレス貸し出し件数」、⑸「カスタマーサポート部お問合わせ件数」の5項目をポイント化。点数の高い品番の内、話題性と商品開発における市場へのインパクトを総合的に判断し、表彰の品番を決定しています。

(※建値消化率:正価での消化率)

プロダクト部門

■特別賞(2品番)

ブランド名商品名価格(税込)
三陽山長 レインシューズ「防水 友二郎(ともじろう)」 ¥19,800-
サンヨーコート ヤンチェ_オンテンバール ウィメンズコート ¥154,000-

受賞商品紹介:三陽山長 レインシューズ「防水 友二郎」

ブランドを代表するストレートチップ「友二郎」をベースに、<雨の日にも気兼ねなく履ける「友二郎」を!>をコンセプトに開発。「PVC」(塩化ビニル樹脂)素材を使用して上質なインポートレザーの銀面を再現。水の侵入を防ぐようアッパーとソールを一体成型する「スラッシュセメント製法」を用いて継ぎ目をなくし、歩行時のストレスを軽減するよう素材を工夫したアウトソールや、靴内の蒸れを軽減する通気性・透湿性・消臭効果のあるカップインソールなど、「レインシューズ」特有の課題を解消しながら「ドレスシューズ」そのままに、見た目にも拘った商品で、まさに「雨の日に履けるドレスシューズ」としてブランドのヒット商品となりました。

色展開:ブラック
価格 :本体価格¥19,800(税込)

担当者より開発の際のポイントや開発理由など

かねてから顧客様より「三陽山長」のレインシューズが欲しいというご要望をいただいており、日本発紳士靴ブランドとして拘りのレインシューズとは何かを追究しようやく企画・生産に至りました。レインシューズ特有の蒸れやすさや疲れやすさをなるべく軽減し、また、天気が急変しやすい日本の気候で雨が降っていない時でも違和感のない見た目を考えました。この受賞はレインシューズにおける「三陽山長らしさ」がお客さまに受け入れられた結果だと感じています。

PAGETOP