「SANYO服福賞」オンライン表彰式&ZOOM座談会を開催

2020.12.04|企業

2020年度新宿区「みどりの小道」環境日記コンテストに協賛
企業賞「SANYO服福賞」としてオンライン表彰式&ZOOM座談会を開催
~今年も新宿区の小学生5名を表彰~

11月21日(土)に行われたオンライン表彰式&ZOOM座談会の様子

株式会社三陽商会(以下、当社)は、「2020年度新宿区『みどりの小道』環境日記コンテスト」に協賛し、今年で創設3年目となる「SANYO(サンヨー)服福賞」として、区内17校より747点の応募があった中から、服や布に関する優れた日記を書いた小学生5名を選出しました。11月21日(土)には、受賞者2名、エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)と当社が参加し、オンライン表彰式とZOOM座談会を開催しました。この取り組みを通じて、地域の子供たちに対し、服やモノを大切に長く使うことを伝え、服や布のアップサイクルやエコな取り組みの実践を企業として応援しています。

「新宿区『みどりの小道』環境日記コンテスト」への協賛と企業賞「SANYO(サンヨー)服福賞」について

当社はCSR活動の「服育」の一環として、新宿区立環境学習情報センター及びNPO法人新宿環境活動ネットが新宿版として独自に展開している「新宿区『みどりの小道』環境日記コンテスト」に協賛してきました。2018年には企業賞「SANYO服福賞」を企業として初めて創設し、子供たちが取り組んだ中で、服や布に関する優れた作品を表彰しています。2020年度は、区立小学校の児童(4~6年生)らに環境日記6,500冊を配布し、5週間以上取り組んだ区内小学生を対象にしたコンテストには、区内17校より747点の応募がありました。エコギャラリー新宿公式サイト:https://www.shinjuku-ecocenter.jp/

オンライン表彰式&ZOOM座談会について

例年、エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)で開催される「新宿こども環境シンポジウム」の中で、「SANYO(サンヨー)服福賞」の表彰式が行われてきましたが、今年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況を鑑み、「SANYO(サンヨー)服福賞」の表彰式をオンラインで開催しました。ZOOM座談会では、参加した受賞者2名が環境日記に取り組んだ感想や服や布に関する取り組みの発表をし、当社からは服育を含むCSR活動についての紹介等をすることで、服やモノを大切に長く使う大切さについて理解を深めました。

画面に向かって表彰状授与する様子

環境日記の感想を述べる受賞者

CSR活動についての紹介画面

「SANYO服福賞」受賞者と受賞理由

<優秀賞3名>

学校名・学年 氏名 選出のポイント
鶴巻小学校 5年 大杉 紗生(さき)さん モノを大切に長く使う気持ちをもって、様々なアップサイクルを実践している
四谷第六小学校 5年 吉田 恵麻さん 布や服に関する研究・探求心を持って取り組んでいる
西新宿小学校 5年 林 沙樹さん モノを大切に長く使う気持ちをもって取り組んでいる

<特別賞2名>

学校名・学年 氏名 受賞理由
富久小学校 4年 伊藤 潤さん オリジナリティのある発想でアップサイクルに取り組んでいる
余丁町小学校 6年 宍戸 初(うい)さん オリジナリティのある発想で取り組んでいる

受賞者の声(※保護者からのコメント、環境日記からの補足を含む)

<鶴巻小学校 5年 大杉 紗生(さき)さん>

(以下、保護者の方より)
今年の「みどりの小道」の取り組みは、コロナで外出することが少なく時間があったため、いろいろな作品作りなどを楽しみながら家族でエコについて勉強しました。
・写真(左下)に映っているのは、浴衣の生地で作った人形です。浴衣は子どもたちが小さいころにお揃いで着せていたため思い入れがあり、なかなか手放せないでいました。今回その浴衣を活用し、娘が人形にリメイクしました。
・写真(右下)はデニムをつかったミニバッグです。たくさんの古着から生地を選ぶところから始まり、それぞれの洋服を着ていた頃の思い出話などをしつつ選んでいきました。インターネットで探しながらどんなデザインにするかを相談。思いのほか小さかったのでバッグを縫うのにすごく苦労していました。

(以下、保護者の方より)
今年の「みどりの小道」の取り組みは、コロナで外出することが少なく時間があったため、いろいろな作品作りなどを楽しみながら家族でエコについて勉強しました。
・写真(1番目)に映っているのは、浴衣の生地で作った人形です。浴衣は子どもたちが小さいころにお揃いで着せていたため思い入れがあり、なかなか手放せないでいました。今回その浴衣を活用し、娘が人形にリメイクしました。
・写真(3番目)はデニムをつかったミニバッグです。たくさんの古着から生地を選ぶところから始まり、それぞれの洋服を着ていた頃の思い出話などをしつつ選んでいきました。インターネットで探しながらどんなデザインにするかを相談。思いのほか小さかったのでバッグを縫うのにすごく苦労していました。

<四谷第六小学校 5年 吉田 恵麻さん>

(以下、ご本人の感想より)
環境日記コンテストへの参加は今回で2回目です。今年は、1週間ごとにテーマを設けて環境日記に取り組んだ分、理解が深まりました。なぜ夏にはセーターを着ないのかという点に興味を持ち、日記の2週間目は素材をテーマにしました。
・写真(下)は、お父さんのネクタイについているタグを見て、素材について調べているところです。触り心地を確かめて、質感や見た目などの特徴をノートにまとめています。
このテーマに取り組んで、普段何気なく着ている洋服がとても好きになりました。これからは、妹におさがりとしてあげたり、エコバッグにリメイクしたりして、買った服を長く楽しむための工夫をしていきたいです。

<西新宿小学校 5年 林 沙樹さん>

(以下、ご本人の環境日記より)
・6月27日の日記(左下)
私はいらなくなった服や物があったらいつも捨ててしまっていました。これはエコでもなんでもなく、地球に悪いことをしてしまっています。でもある日から、そう思った私は、「ゆずる」や「リメイクする」ということを覚えました。それからは母の服をもらったり、いらない服をリメイクしたりと工夫して、地球にやさしくできるようになりました。
・6月28日の日記(下中央)
いらなくなった服を「シュシュ」にリメイクしました。こういう風にリメイクすると、いらない服を捨てずにすむし、新しいものが手に入ります。このようにリメイクをすると、地球の命を大切にすることにつながるのです!

(以下、ご本人の環境日記より)
・6月27日の日記(1番目)
私はいらなくなった服や物があったらいつも捨ててしまっていました。これはエコでもなんでもなく、地球に悪いことをしてしまっています。でもある日から、そう思った私は、「ゆずる」や「リメイクする」ということを覚えました。それからは母の服をもらったり、いらない服をリメイクしたりと工夫して、地球にやさしくできるようになりました。
・6月28日の日記(2番目)
いらなくなった服を「シュシュ」にリメイクしました。こういう風にリメイクすると、いらない服を捨てずにすむし、新しいものが手に入ります。このようにリメイクをすると、地球の命を大切にすることにつながるのです!

<富久小学校 4年 伊藤 潤さん>

(以下、ご本人の感想より)
これまで意識することはなかったですが、今年初めて環境日記に取り組んで、おばあちゃんやお母さん、家族の日常生活の中にたくさんのエコがあると気づきました。
・写真(左下)は、普段から洋服を自分で作っているおばあちゃんが、お母さんの浴衣をリメイクしたパジャマを着ているところです。洋服はいつも着心地にこだわって選んでいるので、パジャマの柔らかくて肌触りが良いところが気に入っています。着ていてとても涼しいです。
・写真(下中央)お父さんのワイシャツから作ってもらった割烹着はもう1年くらい着ています。ワイシャツもお父さんが長い間使っていたものです。

(以下、ご本人の感想より)
これまで意識することはなかったですが、今年初めて環境日記に取り組んで、おばあちゃんやお母さん、家族の日常生活の中にたくさんのエコがあると気づきました。
・写真(1番目)は、普段から洋服を自分で作っているおばあちゃんが、お母さんの浴衣をリメイクしたパジャマを着ているところです。洋服はいつも着心地にこだわって選んでいるので、パジャマの柔らかくて肌触りが良いところが気に入っています。着ていてとても涼しいです。
・写真(2番目)お父さんのワイシャツから作ってもらった割烹着はもう1年くらい着ています。ワイシャツもお父さんが長い間使っていたものです。

<余丁町小学校 6年 宍戸 (うい)さん>

(以下、ご本人の環境日記より)
環境日記に取り組んで以来環境について考えるようになり、今ではマイバッグやマイボトルを持ち歩くようになりました。環境日記を書くにあたり、1週間ごとにテーマを決めて取り組み、読者が読みたくなるような題名をつけて工夫したり、疑問に思ったことはさらに調べたりして、環境への理解を深めました。
・写真(下中央)は、Tシャツから作ったマスクです。子どもの用のTシャツは横幅がちょうどよい一方、生地が少し薄い感じがしたため、今後は間に布を挟んで生地を厚くする工夫をしたほうがいいかなと思います。
・写真(左下)はダーニングを施した靴下です。ダーニングは、衣類の穴あきや擦り切れなどの修繕したいところに糸を通して直す、ヨーロッパで伝統的に行われている針仕事のことです。
・写真(右下)は、紺のきれいなイメージに穴あきは似合わないと感じたことからリメイクしたデニム。裾のフリンジが夏らしいダメージデニムに生まれ変わり、イメージががらりと変わってお気に入りの一着に仕上りました。

(以下、ご本人の環境日記より)
環境日記に取り組んで以来環境について考えるようになり、今ではマイバッグやマイボトルを持ち歩くようになりました。環境日記を書くにあたり、1週間ごとにテーマを決めて取り組み、読者が読みたくなるような題名をつけて工夫したり、疑問に思ったことはさらに調べたりして、環境への理解を深めました。
・写真(2番目)は、Tシャツから作ったマスクです。子どもの用のTシャツは横幅がちょうどよい一方、生地が少し薄い感じがしたため、今後は間に布を挟んで生地を厚くする工夫をしたほうがいいかなと思います。
・写真(1番目)はダーニングを施した靴下です。ダーニングは、衣類の穴あきや擦り切れなどの修繕したいところに糸を通して直す、ヨーロッパで伝統的に行われている針仕事のことです。
・写真(3番目)は、紺のきれいなイメージに穴あきは似合わないと感じたことからリメイクしたデニム。裾のフリンジが夏らしいダメージデニムに生まれ変わり、イメージががらりと変わってお気に入りの一着に仕上りました。

「SANYO服福賞」これまでの内容

年度 受賞者
2018年度 5名(優秀賞4名、特別賞1名)
2019年度 5名(優秀賞3名、特別賞2名)
2020年度 5名(優秀賞3名、特別賞2名)

当社の「服育授業」について

当社は、衣服を通じて豊かなこころを育む「服育」の一環として、"服を大切に長く着る心"を育てる小学校での「服育授業」を2014年からスタートしました。さらに2017年からは、当社が本社を構える新宿区内での取り組みとして、新宿中央公園内にあるエコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)で開催されている「こどもエコ広場新宿」や夏休みこどもエコ講座「エコにトライ!」にも参加し、地域の子供たちに向けた「服育授業」を行っています。2020年6月には、エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)と協同で「服育授業動画」を製作し、場所や時間にとらわれず学べる機会を創出しています。

2018年、2019年の服育授業の様子

「服育授業動画」~綿から服ができるまで~

https://www.sanyo-shokai.co.jp/company/sustainability/report/2019/03/post-21.html

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に対する当社の対応について(11月26日更新)

2020.11.26|その他

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江 伸治)は、指定感染症「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」の感染拡大に伴い、2月5日に危機管理委員会にて新型肺炎対策本部を設置し、感染予防対策を随時検討しています。このたびの全国的な感染再拡大および、東京都など一部自治体による不要不急の外出を控える旨の呼びかけ等の状況を鑑み、お客様、お取引先様、当社従業員の安全と健康の観点から、下記内容を決定し実施しております。

1. 店頭での対応について

<お客さまの安心・安全のために>

2. 従業員の体調管理について

毎朝の検温により体調の確認、管理を遵守する。

3. 社外関係者とのミーティングについて

リモートオンラインで対応できる相手先については極力対面でのミーティングは避け、不要不急の社外関係者との対面でのミーティングは極力控える。(対象期間:7月1日~当面の間)

4. 社内外関係者による会食等について

極力控える。(対象期間:7月1日~当面の間)
大人数(5人以上)による会食は禁止とする。(対象期間:11月27日~当面の間)

5. テレワーク(在宅勤務)について

業務の性質や環境を鑑み、在宅勤務が可能な場合は推奨する。
(対象期間:9月1日~当面の間)
上記をより強く推奨する。(対象期間:11月27日~当面の間)

6. 時差出勤について

オフピーク通勤(※1)の有効性を高めるため、7:00~20:00(※2)を運用時間とする。(対象期間:3月2日~当面の間)
※1 オフピーク通勤...交通機関毎に定めた混雑時間帯を避けた通勤
※2 当社のフレックス制度は原則として8:00~20:00

7. 国内の出張について

極力控える。(対象期間:7月1日~当面の間)

8.国外の出張について

原則禁止。(対象期間:3月2日~当面の間)

9. 社内会議について

社内会議(委員会、ミーティング)は、密を避けてリモート会議を積極的に取り入れながら運用(対象期間: 6月1日~当面の間)
店長会/勉強会等の各エリアからの移動を伴う会議は当面禁止。(対象期間:11月27日~当面の間)

10. ファミリーセール開催について

9月以降の開催について、安全に配慮した感染予防策を講じた上で実施する。

11. 株主優待セールについて

秋の株主優待セールについて、安全に配慮した感染予防策を講じた上で実施する。

上記対応について各々期間を設けての実施を予定しておりますが、状況を鑑みながら期間延長や内容の見直しを随時行ってまいります。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

以上

BLUE LABEL CRESTBRIDGE「ブルーレーベル スタイリングライブ」11/28(土)午後8:30から生配信

2020.11.19|ブランド


「ブルーレーベル・クレストブリッジ」
自宅と店舗を結ぶパーソナル接客型ライブ配信

「ブルーレーベル スタイリングライブ」11月28日(土)午後8時30分から生配信

〜 新たなオンラインコンテンツでOMOを推進 〜

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江伸治、以下三陽商会)が展開するウィメンズブランド「BLUE LABEL CRESTBRIDGE(ブルーレーベル・クレストブリッジ)」は、11月28日(土)午後8時30分頃より、ブランド初となるパーソナル接客型ライブ配信「BLUE LABEL STYLING LIVE(ブルーレーベル スタイリングライブ)」を、先月オープンした「ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ 原宿本店」からオンラインにて生配信いたします。

お手持ちのスマートフォンやPCにてブランド公式サイト上の指定のURLから無料でご視聴・ご参加いただけるライブ配信となっており、初回である11月28日の配信では、「ブルーレーベル・クレストブリッジ」のスタッフより原宿本店の店舗紹介をはじめ、この冬おすすめのコートアウターやスタイリング、ギフトアイテム等をご紹介いたします。

配信にあたっては、オンラインにてブランドとお客さまが双方向でコミュニケーションが取れる接客特化型Liveコマース「Live torutte(ライブトルッテ)」(※)による新しいWeb接客システムを導入し、生活様式や消費行動が変化する昨今において、お客さまとの新たな接点を創出していきます。

※『Live torutte(ライブトルッテ)』について:株式会社CCCフォトライフラボが提供する接客特化型Liveコマースサービス。

ライブ配信ページURL https://lv.torutte.jp/live/N1hzG8f8 ★11/28(土)午後8時30分から開始
ブランド公式サイト https://www.crestbridge.jp/s/b/bluelabel/

※配信時間は状況により前後する場合もございますのでご了承ください

「ブルーレーベル スタイリングライブ」画面イメージ

目的

今回の取り組みは、生活様式や消費行動が変化する昨今において、ECとリアル店舗が連携しお客さまに便利な買い物体験を提案するために試みる新たなオンラインコンテンツです。ブランドの世界観の発信拠点である原宿本店から生配信することで、OMO (Online Merges with Offline)を推進し、ECとリアル店舗の相乗効果を図ります。

■「ブルーレーベル スタイリングライブ」の特長

~ 「ECでは情報が不十分」「店舗に行く時間や機会を持つのが難しい」という方へ向けて新しい買い物体験を提案 ~
視聴のみの参加に加えて、ビデオ通話によりスタッフが個別に接客

PCやスマートフォン画面内の「手を挙げる」をタップすると、ライブ配信中のスタッフと実際に会話し、個別でご相談・ご質問していただけます

「ブルーレーベル スタイリングライブ」で新たに導入する、接客特化型Liveコマース「Live torutte(ライブトルッテ)」は、従来のLiveコマースに見られる配信者側からの一方的な発信型とは異なり、視聴者と双方向のコミュニケーションを可能にした接客特化型Liveコマースです。店舗スタッフ対複数の視聴者の接客スタイルから、希望に応じて1人対1人の接客スタイルへシフトすることができ、視聴者はスタッフに質問するなど直接対話し実際に店舗で接客を受けているような感覚で商品購入の検討ができるWeb接客システムです。「ECでは情報が不十分」「店舗に行く時間や機会を持つのが難しい」という方へ新しい買い物のスタイルをご提案いたします。
配信頻度:初回の取り組み結果を検証しつつ、現状では1か月に1回程度のペースを予定しております。

「ブルーレーベル スタイリングライブ」
個別接客 画面イメージ

ライブの視聴・参加方法

ブランド公式サイト上に掲載されるWeb接客実施日時に指定のURLへPCやスマートフォンでアクセス。アプリのインストール等が不要で簡単に試せるのもメリットです。

▽ライブの視聴・参加方法についてはこちら
ブランド公式サイト ニュースページURL: https://www.crestbridge.jp/s/cb/bluelabel/news/?201118

「BLUE LABEL CRESTBRIDGE」について

ブリティッシュテイストがベースのベーシックとコンテンポラリーをミックスしたコレクション。
品の良いプレッピースタイルから大人の女性のキュートな装いまで幅広く提案。

主な価格帯 コート¥31,900~¥132,000、ワンピース¥20,900~¥42,900、ニット・カットソー¥6,490~¥31,900、パンツ・スカート¥16,500~¥31,900、雑貨¥1,320~¥55,000
販路 百貨店、ファッションビル、直営店、EC
ブランド開始年度 2015年

2020年秋冬「BLUE LABEL CRESTBRIDGE」
ブランドオリジナルのクレストブリッジチェックを使用したアイテムを展開。クレストブリッジチェック柄のハートモチーフをキーパターンとしたニット・カットソー・バッグ等可愛らしくインパクトのあるラインアップ。リサイクルウールを使用したナチュラルカラーのクレストブリッジチェックのドレスやスカートといったサスティナブルな商材も提案します。

ブランド公式サイト:https://www.crestbridge.jp/s

2020年秋冬
「BLUE LABEL CRESTBRIDGE」

■ご参考:「ブルーレーベル スタイリングライブ」推奨環境
・ブラウザ
【iOS】Safari5+、Chrome
【Android】Webkit(デフォルト)、Chrome
・オペレーティングシステム
iOS 7.0またはそれ以降:フロントまたはリアカメラを使用したビデオの送受信
iPhone 4またはそれ以降、iPad Pro、iPad Mini、iPad 2またはそれ以降、 iPod touch(第4世代)、 iPhone 3GS(フロントカメラなし)
Android 4.0xまたはそれ以降
・プロセッサ
1GHzシングルコアプロセッサまたはそれ以上 (インテル以外)
・推奨される帯域幅
使用される帯域幅は、参加者のネットワークに基づいて最適化されます。
帯域幅は自動的に3GまたはWiFiに応じて調整されます。
・WiFi使用時の推奨帯域幅
高品質ビデオの場合は800kbps/1.2Mbps(上り/下り)
※推奨環境下のご利用でも、OSとブラウザの組み合わせ、ブラウザの設定状況によっては表示、
機能に不具合が起こる可能性がございますのでご了承ください。

日本で初のBarを併設「ポール・スチュアート 青山本店」11月7日(土)オープン

2020.11.11|ブランド


ブランドの世界観を表現するフラッグシップストアが外苑前に誕生

「ポール・スチュアート 青山本店」11月7日(土)オープン

〜 日本で初のBarを併設、ライフシーンを提案するストアに 〜

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江伸治、以下三陽商会)が展開するブランド「ポール・スチュアート」は、ブランドの世界観を色濃く表現するフラッグシップストアとして、外苑前に開業した「the() ARGYLE(アーガイル) aoyama(アオヤマ)」1階に、「Paul Stuart 青山本店」を11月7日(土)オープンいたしました。
「ポール・スチュアート」の伝統と革新を伝える"何処にもない、ここだけのPaul Stuart"をコンセプトとし、日本で初のBarを併設、世界中から選りすぐりのファッションを集めるスペシャリティストアとしてお客さまのライフシーンを提案いたします。
※2020年11月5日付にて「Paul Stuart青山店」から「Paul Stuart 青山本店」に名称変更いたしました。

「ポール・スチュアート 青山本店」外観

背景

「ポール・スチュアート」は、グローバルな感性を持った大人に向けてトレンドに左右されることなく自分自身のライフスタイルに合わせてパーソナリティーが表現できるスタイリングを提案する「コンテンポラリー・クラシック」ブランドとして、百貨店を中心に展開しています。このたび、直営店「ポール・スチュアート青山店」として39年間運営してきた表参道の路面店から外苑前「the() ARGYLE(アーガイル) aoyama(アオヤマ)」に移設し、ブランドの世界観を色濃く表現するフラッグシップストア「ポール・スチュアート 青山本店」として"流行・文化の発信地"である青山エリアに11月7日(土)にオープンいたしました。「ポール・スチュアート」の伝統と革新を伝える"何処にもない、ここだけのPaul Stuart"をコンセプトとし、日本で初のBarを併設、世界中から選りすぐりのファッションを集めるスペシャリティストアです。

新店の特長

「ポール・スチュアート 青山本店」では、商品の展開以外にも、BarやPOP-UPなどお客さまのライフシーンに寄り添う提案を通してブランドの世界観を色濃く表現いたします。

① 国内初のBarを併設:大人たちが集う落ち着いた空間で希少なウイスキーを数多く提案。

店内奥に併設されたBar
「The COPPER ROOM」

オリジナルグラス
水を入れるとブランドアイコンである″Man On The Fence"が水面に座っているように見える

店舗の奥では「ポール・スチュアート」がターゲットとする大人たちが集う落ち着いた空間として、国内で初めてのBar「The() COPPER(コッパー) ROOM(ルーム)」を併設。ニューヨークにちなんだオリジナルレシピのカクテル″Manhattanマンハッタン″を中心に、希少なウイスキーを数多く揃え、ブランドオリジナルのチェイサーグラスも用意し大人の遊び心を演出。「ポール・スチュアート」の世界観を体感できる空間として提案いたします。

② コリドーを活用したPOP-UPスペース:初回はフェアトレードの薔薇専門店「AFRIKA ROSE」を展開

コリドー(回廊)
POP-UPスペース

コリドー(回廊)は、シーズナルなオケージョンに合わせてイベントやPOP-UPスペースとして活用を予定。

オープン日の11月7日(土)からは、薔薇の専門店「AFRIKA ROSE」とのコラボPOP-UPを12月25日(金)まで開催。ケニアで生産される最高品質の薔薇を通してフェアトレードに取り組む「AFRIKA ROSE」。そのシンボルとして人気の一輪ギフトBOXを展開いたします。AFRIKA ROSE公式サイト https://afrikarose.com/

店装

Modern Colonial(モダン コロニアル)」をテーマとして、コリドー(回廊)のタイル使いやモールディング使いでテーマイメージを表現。エントランスから見渡せるコリドーの左側がメンズ、右側がウィメンズで、メンズはジェントルメンズクラブのような重厚な雰囲気のあるテーラードルームを中心に、モダンで明るい雰囲気のカジュアルルーム、ラグジュアリーホテルの一室のようなフィッティングルームで構成しています。ウィメンズは居心地の良い洗練された空間をイメージしながら、ブランドでは女性客からもオーダーが多いことから国内で初めてオーダー専用のフィッティングスペースを設置。ウィンドウやフィッティングルーム、BARにはアメリカのニューヨーク本店やワシントン店でブランドの象徴的な店装として使用している"THE Wall(ザ・ウォール)"という錆加工した銅板と連動した装飾に。BARの名称「The() COPPER(コッパー) ROOM(ルーム)」の「COPPER」も銅という連想から付けています。

「モダン コロニアル」をイメージしたタイル使いのコリドー

ラグジュアリーホテルの一室のようなフィッティングルーム

モダンで明るい雰囲気のカジュアルルーム

ジェントルメンズクラブのような重厚感あるテーラードルーム

コリドーの奥にあるBar
壁面はブランドの象徴的な店装である錆加工の銅板を使用

洗練された空間のウィメンズ

店舗概要

店舗名称 ポール・スチュアート 青山本店
(Paul Stuart 青山本店)
住所 東京都港区北青山2丁目14-4 the ARGYLE aoyama 1階
電話番号 03-6384-5763
売場面積 約325㎡
営業時間 11:00~20:00
(※Barは18:00~24:00)
オープン日 2020年11月7日(土)
商品構成 ウエア、アクセサリー、服飾雑貨
ターゲット グローバルな感性を持った大人の男性と女性
ショップコンセプト "New One , Only One , Classic & Modern "をキーワードに、「ポール・スチュアート」の伝統と革新を伝える "何処にもない此処だけのPaul Stuart "をコンセプトとし、日本で初となる本格的なBar を併設した、世界中から選りすぐりのファッションを集めるスペシャリティストア

展開商品

青山本店では、メンズ・ウィメンズで青山本店のみの限定企画や買付商品など豊富に揃え、幅広いコレクションを展開しブランドの世界観を表現。またメンズでは、11月上旬より全国ポール・スチュアート店舗で発売予定のマスクを11月7日(土)に先行発売いたします。

直営店限定のオリジナルPコート
三陽商会技術部のプロジェクトチーム「SANYO ENJIN(サンヨーエンジン)」と社内コラボしたオリジナルデザイン。

商品名 ビッグバッファローチェックPコート
価格 ¥220,000(税込)
サイズ 46、48、50
色展開 ブラウン
素材 アルパカ60%、羊毛40%

特別なシーンにも活用できる華やかなワンピース
メンズライクな仕立てのジャケットを合わせてマニッシュなスタイルに

商品名 ステッチフラワープリント ワンピース
価格 ¥88,000(税込)
サイズ 4、6、8
色展開 ブラック
素材 ポリエステル100%
商品名 ダブルブレストジャケット(買付)
価格 ¥330,000(税込)
サイズ 40、42、44
色展開 ホワイト、ブラック

メンズでは"ビジネスシーンに合う"マスクを11/7(土)先行発売

男性の横顔を端正に見せるカッティングワークと顔周りに適度なフィット感を与える立体裁断。表地に芯貼りを施した優れた保形性と裏面にジャージーを配した柔らかな肌触りで、顔周りをすっきりと見せ着け心地も良いのがポイント。ビジネスやフォーマルなシーンでも合わせやすい色と素材感でギフトにもおすすめです。マスクの売上の一部を、ひとりじゃないよPJの活動に賛同し、困窮が顕在化して問題になるといわれている世代や家庭を支援する団体へ寄付いたします。

税込価格 ¥3,300
素材 毛50%、ポリエスル50%(色柄により混率の差あり)
色展開 ネイビー、チャコールグレー、ネイビーストライプ、グレンチェック
サイズ・入数 縦138mm×横255mm、1枚入り・BOX入り

「Paul Stuart」について

グローバルな感性を持った大人に向けて、トレンドに左右されることなく自分自身のライフスタイルに合わせてパーソナリティーが表現できるスタイリングを提案する「コンテンポラリー・クラシック」ブランド

主な価格帯 メンズ/コート¥99,000~¥198,000、スーツ¥75,900~¥242,000、ジャケット¥59,400~¥165,000
ウィメンズ/ジャケット¥42,900~¥143,000、ドレス¥42,900~¥97,900、スカート¥25,300~¥64,900
販路 百貨店、直営店、アウトレット、EC
ブランド開始年度 1991年

ブランド公式サイト https://www.paulstuart.jp/
ブランド公式インスタグラム https://www.instagram.com/paulstuartjapan/

「ECOALF」が「阪急うめだ本店」にポップアップストアを11/4(水)オープン。関西エリアへ初進出

2020.10.30|ブランド

ヨーロッパ発サステナブルファッションブランド


関西エリアへ初進出

「ECOALF」が「阪急うめだ本店」にポップアップストアを11/4(水)オープン

〜 環境問題と向き合うことの大切さや、未来へ続くファッションを提案 〜

三陽商会が今春より日本での展開をスタートさせたヨーロッパ発のサステナブルファッションブランド「ECOALF(エコアルフ)」は、環境問題と向き合うことの大切さや未来へ続くファッションを提案するポップアップストアを、11月4日(水)~11月17日(火)の約2週間、「阪急うめだ本店 8階 プロモーションスペース81」 にオープンいたします。

「ECOALF」のプロダクトの原料となるペットボトル・漁網などによる廃棄物を用いたディスプレイを設置するなどサステナビリティを体感できる空間で、ポップアップストアのテーマである"リラックスムード漂う大人のスポーティスタイル"に取り入れやすいスタイリッシュでサステナブルなアイテムを展開。リサイクル素材等によるウィメンズのアウターウエアを中心に、阪急うめだ本店限定デザインのスニーカーも販売いたします。また「ECOALF」としてブランド初となる日本製コートも新発売いたします。

ポップストア期間中には、「ECOALF」の活動を伝え環境問題と向き合うためのイベントも開催し、サステナブルに繋がる環境や心身の豊かさについて発信いたします。

特設サイトページURL https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/cat/sports/h/ecoalf/

「ECOALF」阪急うめだ本店 ポップアップストア 概要
期間 2020年11月4日(水)~11月17日(火)
場所 「阪急うめだ本店」8階
"プロモーションスペース81"
(大阪府大阪市北区角田町8番7号)
時間 10:00‐20:00

※新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための感染予防対策をおこなった上で運営してまいります

ECOALF」は、すべてのアイテムを再生素材や環境負荷の低い天然素材のみで製造し販売するヨーロッパ発のサステナブルファッションブランドです。ファッション産業が世界の天然資源を大量に使い続ける中で、ペットボトル、タイヤ、漁網などを独自の技術でリサイクルしてこれまで300種類以上もの生地を開発し、新たなコレクションをつくり出しています。また、海洋ゴミを回収・分別・再生し、製品としての新たな命を与えるプロジェクト「UPCYCLING THE OCEANS(以下UTO)」(アップサイクリング ジ オーシャンズ)を推進するなど、"地球環境を守るために服をつくる"という新しい発想のエコサイクル型ファッションブランドです。

~ 「阪急うめだ本店」で環境問題と向き合うことの大切さや、未来へ続くファッションを提案 ~

この度、環境問題と向き合うことの大切さや、未来へ続くファッションを提案することを目的に、「阪急うめだ本店」に関西エリア初進出となるポップアップストアを約2週間にわたりオープンすることとしました。
阪急うめだ本店では、10月21日(水)~11月17日(火)の期間でサステナブルイベント「GOOD FOR THE FUTURE」が開催されています。その中で「ECOALF」のポップアップストアは、持続可能な社会の実現に向けた企画「環境のことを考え暮らす」の取り組みの1つとして開催いたします。

店装

「ECOALF」 阪急うめだ本店 ポップアップストアでは、「ECOALF」のプロダクトの原料となるペットボトル・漁網などによる廃棄物を用いたディスプレイや、UTOをはじめとした「ECOALF」の環境保全活動を表したパネルを展示するなど、阪急うめだ本店とコラボレーションしたサステナビリティを体感できる空間となっています。ブランドのメッセージ"Because there is no planet B"(第2の地球はないのだから)を壁面に配したフォトスポットも用意しています。

プロダクトの原料となる廃材(ペットボトル・漁網など)もイメージとして展示
(写真の「エコアルフ 渋谷」のディスプレイをポップアップストアで展示)

「ECOALF」の環境保全活動を表現した展示パネルの一部

イベント

ポップストア期間中には、「ECOALF」の活動を伝え環境問題と向き合うためのイベントも開催いたします。サステナブルに繋がる環境や心身の豊かさについて「ECOALF」と親交のある講師を招き発信いたします。
(イベントは予約制となります。既に満席となっている場合もございます)

【イベント①:『ECOALF×竹中俊 』お話会】
~貧困と環境問題について~

日時 11月7日(土)午前11時~、午後2時~(各回約90分)
場所 10階 特別室C
募集人数 各回先着20名様 ※事前のご予約が必要です。
参加費 500円(税込)
内容 ネパールを中心に貧困に苦しむこどもの生活支援に取り組み、現在は日本中を旅しながらサステナブルな生活を実践している竹中俊氏による講演会。

竹中 俊
ネパールで貧困に苦しむこどもの生活支援に取り組み、現在は34人のこどもが生活を送る児童養護施設を運営。食事支援や教育支援を行い、社会進出の応援をしている。
2020年には100日間に及ぶ船旅を経験。美しい海に流れるゴミの問題を目にして環境活動の発信も積極的に行う。
Instagramのフォロワーは1.3万人以上。
現在は日本中を旅しながら講演活動を行い、またサステナブルな生活を実践している。

【イベント②:『ECOALF×岡清華』アーユルヴェーダ入門講座】
ラージャヨガ・食事法・ドーシャチェック

日時 11月8日(日)午前11時~・午後2時~・午後4時~ (各会約60分)
場所 13階 屋上広場 ※雨天時は10階 特別室Cにて
募集人数 先着各15-20名様 ※事前のご予約が必要です。
参加費 1,000円(税込)
内容 午前11時 ラージャヨガ~呼吸と整列を繋ぐ~
呼吸法とヨガのポーズで自己と向き合う内省の時間。ココロとカラダ・外面と内面を繋ぐ新感覚のヨガ入門講座です。
午後2時 食ベル運動!?~アーユルヴェーダ式食事法~
食べることの本当の意味について考えたことはありますか?何を食べるかだけでなく、どのように食べるかがポイント。生活の知恵=アーユルヴェーダは、生活の中で欠かせない"食"とカラダとココロの関係性について教えてくれます。
午後4時 自分の体質・体調・個性を知ろう!~ドーシャチェック診断~
全ての人には個性があり体型も違えば、体調への現れ方も違ってくる、合う食べ物や合わない食べ物、運動方法や、適職まで...まずは自分の体質と、今現在の体調=自分自身と向き合い"自己を知る"ための時間です。

イベント会場となる13階 屋上広場

岡 清華
アーユルヴェーダの観点から「一人一人が最も輝くベストな心身を知り、持続可能な人生をサポートすること」をコンセプトにアーユルヴェーダを基にするヨガや、食を通じたエシカル事業など、多方面から事業を展開しながらコミュニティーを創設し、オンライン上で瞑想・ヨガのスタジオ、カウンセリング、ECショップアカデミースクールなど様々な活動を行っている。
2015 管理栄養士国家資格取得
2015 Ayurveda training, RYT200取得
2017 Deportare club/yoga 所属
2019 MOTHER 創業

展開商品

ポップアップストアでは、ペットボトルを再生したリサイクルポリエステルを使用したアウター、コーヒーかすを生地の原料に使ったジャケット、海のプラごみである海洋ペットボトルから再生したスニーカーなど、ポップアップストアのテーマである"リラックスムード漂う大人のスポーティスタイル"に取り入れやすいスタイリッシュでサステナブルなアイテムを展開。ウィメンズのアウターウエアを中心に、「阪急うめだ本店」限定デザインのスニーカーも販売いたします。また「ECOALF」としてブランド初となる日本製コートも新発売いたします。

~ 展開商品一例 ~

中わたジャケット
ペットボトルをリサイクル

「エコアルフ」の定番ジャケット。中わたには、国際認証であるbluesign®を保有するリサイクルポリエステルのFellex®わたを使用。パッカブル仕様で、コンパクトに携帯することもできます。袖には「1メートルの生地=70本のペットボトル」を表したブランドタグが付いており、環境への配慮を表しています。

USUAHIA パデットジャケット
¥19,800
7色

マルチジャケット
コーヒーかすを活用

コーヒー豆のかすを生地の原料として有効活用したマルチ防寒ジャケット。中綿のライナーは、取り外して単体でも着用OK。用途に合わせて使える3WAYの万能アイテム。デザインは、ややリラックスシルエットのアウトドアテイストに。シーンを選ぶことなく、タウンユースにも最適です。素材は、はっ水性と防水性を兼ね揃えているので、アクティブな着用にも適しています。

¥KATMANDU マルチジャケット
¥39,600
3色

スニーカー
リサイクル素材のメッセージスニーカー

アッパーには再生ナイロン、ソールにはリサイクル100%のラバーを使用したサステナブルスニーカー。サイドに施した"ACT NOW!"、ソールの"BECAUSE THERE IS NO PLANET B"と、ECOALFが掲げる環境問題へのメッセージを掲げた一足。ナイロン素材には、はっ水性と耐水性を備えています。

ACT NOW! ハイカットスニーカー
¥12,100
2色

ニットパーカ
オーガニックコットンとリサイクルカシミヤ

人と環境に配慮されたオーガニックコットンをベースに編まれたニットパーカ。製造工場で回収されたリサイクルカシミヤなどを組み合わせて、ウォーム感を加えています。肌触りは滑らかで、上質な着心地。シーズン長く着用できるコットンベースのニット地は、サステナブルファッションのニットウエアとしてオススメのアイテムです。

MAR ニットパーカー
¥16,500
3色

ロングドレス
シーズン長く着用できる

地球にも人の肌にも優しく育てられたオーガニックコットンは、ソフトな風合いと上品でナチュラルな表情が特徴。裾のスリットには"Because there is no planet B"(第2の地球はないのだから)のメッセージがさりげなく加えられています。スニーカーと合わせたカジュアルコーデがオススメ。

LAKE ニットドレス
¥23,100
2色

Tシャツ・スウェット
ブランドのメッセージを発信

ブランドのメッセージ "Because there is no planet B"(第2の地球はないのだから)をプリントしたTシャツとスウェット。オーガニックコットンやリサイクルコットンを素材に使用しています。販売価格の10%が 「UPCYCLING THE OCEANS」の活動に寄付されます。

Tシャツ ¥5,940~¥7,920
スウェット ¥9,900~¥11,000
計13品番を展開

★「阪急うめだ本店」限定発売

スニーカー
ペットボトル由来のポリエステル等を使用

履くだけでトレンドスタイルが叶うダッドスニーカー。デザインはトレンド性を追求しつつも、アッパーにはペットボトル由来のポリエステル×植物由来繊維を組み合わせたサステナブルな素材を採用しています。また、ソールにはファイロン樹脂を使用し、軽量でクッション性が高く、履き心地にもこだわっています。ポップアップストアのテーマである"リラックスムード漂う大人のスポーティスタイル"のために、限定デザインとして用意しました。

CARTAGENA スニーカー
¥14,300

★新発売

「ECOALF」初の日本製コート 2型

モッズコート(左)、トレンチコート(右)
リサイクルナイロン × エアバッグ

身幅と袖幅を広く、着丈を長めに設定した迫力のあるオーバーサイズシルエットのコート。ブランド初の日本製です。廃棄された漁網やカーペットを加工して再生されたリサイクルナイロンを使用。ダメージのかかりやすい部分に廃棄されたエアバッグの丈夫なナイロン素材加えることで、コートの耐久性とデザイン性を高めました。1969年の創業以来コートに特化して生産を続けている青森「サンヨーソーイング」でつくりました。

¥69,300(左)、¥79,200(右)
黒1色

ブランド「エコアルフ」について

コンセプト スペイン生まれのサステナブルファッションブランド。
ブランド自らが海のゴミを収集してウエアをつくるなど「地球環境を守るために服をつくる」新しい発想のブランド。
販路 直営店「エコアルフ 渋谷」、「エコアルフ 二子玉川」
EC「サンヨー・アイストア」、「ECOALFブランド公式サイト」、「エル・ショップ」 ← ★new 10月30日スタート
今後のポップアップストア開催予定: 松坂屋名古屋店 会期11/25(水)-11/30(月)
ブランド開始年度 スペイン 2009年ブランド設立(スペイン ECOALF社)
2020年3月より展開(三陽商会)

「ECOALF」日本公式WEBサイト

https://ecoalf.jp/

「ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ 原宿本店」10/24(土)オープン

2020.10.23|ブランド


ブランドの世界観を表現するフラッグシップショップ

「ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ 原宿本店」10/24(土)オープン

〜 "オンライン接客" や "ショールーミング機能" を導入し、リアル店舗とECを融合 〜

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江伸治、以下三陽商会)が展開するブランド「ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ」は、ブランドの世界観を表現するフラッグシップショップとして、ブランド初の複合路面店となる「ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ 原宿本店」を10月24日(土)にオープンいたします。
ブランドとお客さまが双方向でコミュニケーションが取れるオンライン接客サービスを取り入れるなど、ECとリアル店舗を融合した新たな買い物体験を提案し、生活スタイルに応じてご利用いただけるストアとしてブランドの世界観を発信していきます。

「ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ 原宿本店」外観

背景

「ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ」は、2015年のブランドスタート時から百貨店を中心にファッションビル・直営店・ECを販路に展開しています。このたび新しい時代に向けたクレストブリッジの世界観を表現するフラッグシップショップとして「ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ原宿本店」をオープンすることとしました。
原宿本店は、ブランド初の複合路面店としてブランドコンセプトである「BRITISH INSPIRATION,CONTEMPORARY STYLE」を感じていただく場所であり、ブランドの世界観を表現するストアです。限定アイテムの展開やイベントの実施、ブランドとお客さまが双方向でコミュニケーションが取れるオンライン接客サービスを取り入れるなど、ECとリアル店舗を融合した新たな買い物体験を提案し、生活スタイルに応じてご利用いただけるストアとしてブランドの世界観を発信していきます。

新店の特長

「ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ原宿本店」は、OMO (Online Merges with Offline)を体現する店舗としてECとリアル店舗が垣根を越えて連携し、お客さまの購買意欲を創出することで、ECとリアル店舗の相乗効果を図ります。

①オンライン接客を導入:「ECでは情報が不十分」「店舗に行く時間や機会を持つのが難しい」という方へ向けて新しい買い物体験を提案

生活様式や消費行動が変化している中、接客特化型Liveコマース「Live torutte(ライブトルッテ)」(※)による新しいWeb接客システムを導入します。従来のLiveコマースに見られる配信者側からの一方的な発信型とは異なり、視聴者と双方向のコミュニケーションを可能にした接客特化型Liveコマースで、店舗スタッフ対複数の視聴者の接客スタイルから、希望に応じて1人対1人の接客スタイルへシフトすることができ、視聴者はスタッフに質問するなど直接対話し実際に店舗で接客を受けているような感覚で商品購入の検討ができるWeb接客システムです。「ECでは情報が不十分」「店舗に行く時間や機会を持つのが難しい」という方へ新しい買い物体験をご提案いたします。
導入時期:この接客特化型Liveコマースの第1回目の配信は、11月末頃を予定。原宿本店の店舗のご案内や、この時期お奨めのギフトアイテムの紹介を行う予定です。
ご利用法:ブランド公式サイト上に掲載されるWeb接客実施日時に指定のURLへPCやスマートフォンでアクセス。アプリのインストール等が不要で簡単に試せるのもメリットです。
『Live torutte(ライブトルッテ)』について:株式会社CCCフォトライフラボが提供する接客特化型Liveコマースサービス。

②ショールーミング機能:ブランドECサイト限定商品の試着が可能に

従来ブランド公式オンラインストア限定商品についてはオンライン上のみでの販売のため、特別感がありながらも商品の試着はできませんでした。今回、原宿本店ではオンラインストア限定商品を店頭にて試着いただけるようにし、その時期の展開商品の多くを試せる店舗として運営してまいります。店舗にはお客さまが自由にブランドオンラインストアを閲覧できるiPadを設置しています。

ブランドECサイト限定商品 一例
写真)左/中:「BLUE LABEL CRESTBRIDGE」右:「BLACK LABEL CRESTBRIDGE」

店装

店舗デザインは、ロンドンのホテルレセプションにいるような"くつろぎ"を感じていただける空間をイメージしており、英国の伝統様式のなかにコンテンポラリーな要素を加え、ブランドらしさを表現しています。店舗ファサードには、ロンドンのホテルにあるようなトピアリー(植物の造形物)を設置し店内にも植栽を多く配することで、お客さまに安らいでいただける空間づくりをしています。また、アンティーク調の什器とペルシャ絨毯を用い英国の格式を表現しながら、メタル素材を使用した洗練されたデザインの什器を使いコンテンポラリーな要素をミックスさせることで、ブランドの世界観を表現しています。

「ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ 原宿本店」内観

店舗概要

店舗名称 ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ 原宿本店
(BLUE LABEL/BLACK LABEL CRESTBRIDGE 原宿本店)
住所 東京都渋谷区神宮前6丁目16−18
電話番号 03‐6419-3093
売場面積 約298㎡
営業時間 11:00~20:00
(※日曜日は19:00閉店)
オープン日 2020年10月24日(土)
商品構成 ウエア、アクセサリー、服飾雑貨、生活雑貨
展開ブランド ブルーレーベル・クレストブリッジ、ブラックレーベル・クレストブリッジ
ターゲット 20代、30代の洗練された女性と男性
ショップコンセプト ECとリアル店舗を融合した買い物体験を提案し、生活スタイルに応じてご利用いただけるストアとしてブランドの世界観を発信

展開商品

原宿本店では、レディスの「BLUE LABEL CRESTBRIDGE」を中心に、メンズの「BLACK LABEL CRESTBRIDGE」も扱います。ウエア・アクセサリー・服飾雑貨・生活雑貨を揃えブランドの世界観を表現し洗練された幅広いコレクションを展開。原宿本店のみの限定商品も販売いたします。また、11月上旬よりブランド公式オンラインストアにて発売予定のクレストブリッジチェックのマスクを、数量限定で10月24日(土)に先行発売いたします。

初のブランドマスクを10/24(土)先行発売

写真右 「BLUE LABEL CRESTBRIDGE マスク」
「BLACK LABEL CRESTBRIDGE マスク」

クレストブリッジチェック柄のマスク。立体裁断によりフィット性が高く、紐にアジャスター機能を付けサイズ調整が可能な、洗って繰り返し使える布製マスクです。
マスクには持ち運びに便利なポータブルケースが付いています。

税込価格 ¥6,600
素材 綿100%
色展開 1色展開
サイズ・入数 縦135mm×横200mm、1枚入り・ケース付き

マスクの売上の一部を、ひとりじゃないよPJの活動に賛同し、困窮が顕在化して問題になるといわれている世代や家庭を支援する団体へ寄付いたします。

今シーズンの展開について

2020年秋冬「BLUE LABEL CRESTBRIDGE」

2020年秋冬「BLACK LABEL CRESTBRIDGE」

2020年秋冬「BLUE LABEL CRESTBRIDGE」
ブランドオリジナルのクレストブリッジチェックを使用したアイテムを展開。クレストブリッジチェック柄のハートモチーフをキーパターンとしたニット・カットソー・バッグ等可愛らしくインパクトのあるラインアップ。リサイクルウールを使用したナチュラルカラーのクレストブリッジチェックのドレスやスカートといったサスティナブルな商材も提案します。

2020年秋冬「BLACK LABEL CRESTBRIDGE」
『コンテンポラリーモッズ』をテーマに、「BLACK LABEL CRESTBRIDGE」らしいクリーンなスタイルに、ビジネス、カジュアル、スポーツ、ストリートといった要素をミックスさせた、より上質で洗練されたコレクションを提案。
日常生活を快適に過ごすためのウエアをコンセプトにしたカプセルコレクション「BLACK lab.(ブラックラボ)」のアップデートが今シーズンのトピックスです。機能的でスポーティーなアイテム群に、防寒テクニカルウエアを加え充実したコレクションを展開します。

「BLUE LABEL/BLACK LABEL CRESTBRIDGE」について

「BLUE LABEL CRESTBRIDGE」ブリティッシュテイストがベースのベーシックとコンテンポラリーをミックスしたコレクション。品の良いプレッピースタイルから大人の女性のキュートな装いまで幅広く提案。
主な価格帯:コート¥31,900~¥132,000、ワンピース¥20,900~¥42,900、ニット・カットソー¥6,490~¥31,900、パンツ・スカート¥16,500~¥31,900、雑貨¥1,320~55,000
販路:百貨店、ファッションビル、直営店、EC
ブランド開始年度:2015年

「BLACK LABEL CRESTBRIDGE」ブリティッシュテイストをベースにトレンドをミックスしたコンテンポラリーなコレクション。BLACK LABELの強みである清潔感にポップさとプレッピーの要素をプラスして提案。
主な価格帯:コート¥44,000~¥143,000、ブルゾン・ジャケット¥29,700~¥176,000、カットソー¥8,800~¥30,800、パンツ¥15,400~¥33,000
販路:百貨店、ファッションビル、直営店、EC
ブランド開始年度:2015年

ブランド公式サイトhttps://www.crestbridge.jp/s

「Paul Stuart青山店」2020年11月7日(土)オープン

2020.10.23|ブランド

※2020年11月5日付にて「Paul Stuart青山店」から「Paul Stuart 青山本店」に名称変更いたしました


「ポール・スチュアート」メンズ/ウィメンズ
日本のフラッグシップストアが表参道から外苑前へ

「Paul Stuart青山店」2020年11月7日(土)オープン

〜 「the() ARGYLE(アーガイル) aoyama(アオヤマ)」に"何処にもないPaul Stuart"が生まれます 〜

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江伸治、以下三陽商会)が展開する「ポール・スチュアート」は、2020年11月7日(土)、外苑前に開業した「the() ARGYLE(アーガイル) aoyama(アオヤマ)」1階に、日本におけるフラッグシップストアとして「Paul Stuart青山店」を移設オープンいたします。
「ポール・スチュアート」の伝統と革新を伝える"何処にもない、ここだけのPaul Stuart"をコンセプトとし、日本で初のBarを併設、世界中から選りすぐりのファッションを集めるスペシャリティストアとしてオープンいたします。

「Paul Stuart青山店」移設オープンについて

「ポール・スチュアート」は、グローバルな感性を持った大人に向けて、トレンドに左右されることなく自分自身のライフスタイルに合わせてパーソナリティーが表現できるスタイリングを提案する「コンテンポラリー・クラシック」ブランドです。このたび、"流行・文化の発信地"である青山エリアで、直営店「Paul Stuart青山店」として39年間運営してきた表参道の路面店から外苑前「the() ARGYLE(アーガイル) aoyama(アオヤマ)」に移設し11月7日(土)にオープンいたします。今回オープンする直営店をブランドの世界観を色濃く体現するストアとして強化し、"何処にもないここだけのPaul Stuart"を提案いたします。

~特徴① 日本で初めてのBarを併設~

日本で初めてとなるBar「The() COPPER(コッパー) ROOM(ルーム)」をストア奥に併設。
大人の落ち着いた空間を演出し、ブランドオリジナルのグラスやウィスキーのバリエーションを豊富にご用意します。

~特徴② 日本でここだけの限定商品を展開~

直営店限定商品をメンズ・ウィメンズで展開。パターンオーダーも豊富にご用意し、VIPルームではゆったりと寛ぎながら商品をお選びいただけます。

オープン記念として、「Paul Stuart青山店」にてご購入のお客さまに「ポール・スチュアート」のロゴ刺繍入りハンカチをプレゼントいたします。
(※数量限定。なくなり次第終了となります。)

AFRIKA(アフリカ) ROSE(ローズ)」とのコラボPOP-UP開催

11月7日(土)~12月25日(金)の期間、薔薇の専門店「AFRIKA ROSE」とのコラボPOP-UPを開催。ケニアで生産される最高品質の薔薇を通してフェアトレードに取り組む「AFRIKA ROSE」。そのシンボルとして人気の一輪ギフトBOXを展開いたします。https://afrikarose.com/

「Paul Stuart青山店」概要

店舗名 Paul Stuart(ポール・スチュアート)青山店
オープン日 2020年11月7日(土)
所在地 東京都港区北青山2丁目 the ARGYLE aoyama 1階
売場面積 約325㎡
営業時間 11:00~20:00(Bar 18:00~24:00)
商品構成 衣料品、雑貨(メンズ・ウィメンズ)

ブランド公式サイト https://www.paulstuart.jp/
ブランド公式インスタグラム https://www.instagram.com/paulstuartjapan/

三陽商会のショールーミング型店舗「SANYO Fitting Store」10/21(水)大丸東京店に期間限定オープン

2020.10.21|ブランド


三陽商会のショールーミング型店舗

SANYO(サンヨー) Fitting(フィッティング) Store(ストア)」10/21(水)大丸東京店に期間限定オープン

〜 リアル店舗とネットの融合で更なる利便性を 〜

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江伸治、以下三陽商会)は、ショールーミング型店舗「SANYO Fitting Store」を、日本のターミナル駅に直結する大丸東京店にて、10月21日(水)に期間限定でオープンしました。「SANYO Fitting Store」では、店頭で商品の試着・決済ができ、購入品は配送で受け取ることができます。ビジネスや観光の合間に"手ぶらでお買い物"をお楽しみいただける「SANYO Fitting Store」大丸東京店は12月22日(火)までの期間限定展開になります。

三陽商会は2020年4月に発表した「再生プラン」において、チャネル戦略のひとつとして「ショールーミング化による新たな販売手法の模索」を掲げています。今回の期間限定POP-UP ショップ型での開催は試験的に実施し課題を見つけることを目的としています。今後は、お取引先さまと協調しながらリアル店舗とネットの融合で更なる利便性を高めるべく、「ショールーミング化」の実現・推進を図ってまいります。

ショールーミング型店舗「SANYO Fitting Store」について

「SANYO Fitting Store」は、店頭で商品の試着・決済ができ、購入品をご希望の場所へ配送でお届けする"ショールーミング型店舗"になります。店頭は在庫を持たず決済のみ受け付ける為過剰在庫のリスクがなく、お客さまは購入品を配送で受け取ることができる為手荷物の心配なくお買い物をすることができます。
今回の期間限定店舗では、日本においてビジネスや観光の"最大のターミナル駅"である東京駅に直結する大丸東京店で、実際に商品を試着しながら"手ぶらでお買い物"をお楽しみいただけます。

「SANYO Fitting Store」大丸東京店 概要

店舗名 「SANYO Fitting Store」大丸東京店
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店6階 婦人服フロア
電話 03-3212-8011(代表)※代表窓口にてお繋ぎいたします。
展開期間 10月21日(水)~12月22日(火)10時~20時 ※営業時間は施設に準じます。
展開ブランド SANYOCOAT(サンヨーコート)(メンズ/ウィメンズ)、S(エス).ESSENTIALS( エッセンシャルズ)(ウィメンズ)

"姿勢診断サービス"も提供

今回の期間限定店舗では、お客さまの"姿勢診断"ができる「シセイカルテ」(※)を提供いたします。全身写真を6枚撮ることで、AIがお客さまの現在の姿勢の歪みや柔軟性レベルを解析し、更に未来姿勢や歩き方を3Dアバターで表現します。美しい姿勢を保つことできれいな着こなしをしていただくために、ご自身の今の姿勢を数値化し客観的にご理解いただける機会となっています。

※「シセイカルテ」は、AI/3D技術を専門とする東大発スタートアップの株式会社Sapeet(サピート) (https://sapeet.com/) が提供するAIを使った姿勢分析システムです。

展開ブランドについて

「サンヨーコート」(メンズ/ウィメンズ)
1946年に始まった70年超の歴史を持つコートブランド。
「伝統と革新」「日本代表」「本物」をキーワードに、コートというアイテムを通じて「いいものを永く、大切に使う日本人らしい文化」を発信しています。

[公式サイト] https://www.sanyocoat.jp/
[公式インスタグラム] https://www.instagram.com/sanyo_coat/
[価格帯(全て税込)] レインコート・ダウンコート¥58,300~¥130,900、
ウールコート¥86,900~¥140,800

「エス エッセンシャルズ」(ウィメンズ)
「素材」「デザイン」「縫製」にこだわる三陽商会オリジナルのブランド。
地球(環境)に配慮し、着る人を想い、ウエアだけでなく雑貨も含めたトータル提案をいたします。

[公式サイト] http://s-essentials.com/
[公式インスタグラム] https://www.instagram.com/s_essentials_/
[価格帯(全て税込)] ジャケット・コート¥35,200~¥97,900、シャツ・ブラウス¥14,300~¥39,600、ニット・カットソー¥7,590~¥93,500、パンツ・スカート¥17,600~¥42,900

『社内報アワード2020』で、三陽商会の社内報「High Touch」がシルバー賞とブロンズ賞を受賞

2020.10.19|INFORMATION

『社内報アワード2020』で、三陽商会の社内報「High Touch」の6企画が、シルバー賞とブロンズ賞を受賞しました!
社内報アワードとは、社内報事業を手掛けるウィズワークス株式会社のシンクタンク・社内報総合研究所が中心となって開催している全国規模の社内報の「企画」のコンクールです。2002年のスタート以来、年々支持を集め規模を拡大しており、2020年は236社・515企画の応募がありました。当社は、同アワードに4回目のエントリーで、4年連続の受賞。2020年度は受賞数が過去最多となりました。(※)
(※2017年は、1企画で「シルバー賞」を獲得。2018年は、3企画で「ブロンズ賞」を獲得。2019年は、「シルバー賞」2企画、「ブロンズ賞」2企画の合計4企画が受賞。そして2020年は「シルバー賞」4企画、「ブロンズ賞」2企画の合計6企画が受賞しました。)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響から、今年度の受賞式はオンラインで行われ、当社はシルバー賞のオンライン表彰式に参加。ファッション業界で欠かせない「サステナビリティー」に焦点を当て、その解決策を導きだそうという熱意が評価されました。

<オンライン表彰式での当社紹介ページ>

受賞企画と受賞内容

<シルバー賞 受賞企画>
①表紙(2019年7月発行号・2020年1月発行号) : 表紙企画 応募全17企画中3位
②冊子「High Touch」 (2019年7月発行号) : 1冊子(20ページ以上) 応募全90媒体中12位
③2019年度新入社員紹介(2019年7月発行号): 紙社内報部門 特集・単発企画 応募全86企画中11位
④ファッションのサステナビリティーを考える(Think about sustainability of fashion)(2020年1月発行号): 特集・単発企画8頁以上 応募全77企画中18位

<ブロンズ賞 受賞企画>
⑤「CHECK UP SANYO SHOP」(2019年7月発行号・2020年1月発行号): 連載・常設企画 応募全75企画中17位
⑥「SANYO TALK ROOM」(2019年7月発行号・2020年1月発行号):連載・常設企画 応募全75企画中20位

<写真④シルバー賞を受賞した「ファッションのサステナビリティを考える」>

<写真⑥ブロンズ賞を受賞した「SANYO TALK ROOM」>

<写真⑥ブロンズ賞を受賞した「CHECK UP SANYO SHOP」>

社内報アワードについて

社内報アワードは、社内報事業を手掛けるウィズワークス株式会社のシンクタンク・社内報総合研究所が中心となって開催している全国規模の社内報の「企画」のコンクール。社内報アワード2020年の応募総数は236社・515企画でした。社内報の専門家で構成された審査チームが細かく評価し、ゴールド賞、シルバー賞、ブロンズ賞が選出されます。
また、ただ審査を行い表彰するだけではなく、全応募企画に対し詳細な審査講評のフィードバックがあるのが特徴で、社内報のレベルアップにもつながるコンクールです。
(株式会社ウィズワークス「社内報アワード」: https://wis-works.jp/award/

「コオフクマスク」が「246st.MARKET」に出展・販売。障がいがある人が抱える課題を理解し「マスク」をリデザイン

2020.10.14|企業

「コオフクマスク」が「246st.MARKET」に出展・販売

アパレルメーカー3社とともに
障がいがある人が抱える悩み・課題を理解し、「マスク」をリデザイン

「246st.MARKET」会場でブースを囲む参加メンバー
コオフクの"C"でポーズ

任意団体コオフクは、10月14日(水)から18日(日)までの5日間、ワールド北青山ビル1階で開催するPOP-UP型イベント「246st.MARKET(ニイヨンロク ストリートマーケット)」に出展し、「CO-FUKU masQ/コオフクマスク」の成果発表を行います。

「コオフクマスク」は、コロナウイルスの影響でマスクが1年を通して必要である今、既製の「マスク」ではつけにくい、こうしたらもっとつけやすいといった悩みや課題を出し合い、新たな発想とアイデアで「マスク」を考える取組みです。アパレルメーカー3社が参加することで、各社の知恵を活かしながらアイデアを具現化し、製品化に繋げていきます。

これまで、(株)アダストリアと(株)ワールドは、8月1日(土)と22日(土)の2日間、障がいのある方だけでなく、性別や年齢を問わずに一般公募した参加者とワークショップを開催しました。(株)三陽商会は、社内に技術部を持つノウハウを活かし、社内ワークショップにて障がいのある方から困りごとを教えてもらい、技術部のチームが洋服の製作で培った知識を出し合いながら、7月から9月にかけてマスクの製作に取り組みました。

「246st.MARKET」では、製品化に向けたサンプルを展示するほか、一部商品を会場内で販売します。また秋以降もコミュニケーションスペースでの展示・販売や、オンラインを含む各社の販路で販売を行う予定です。

これまでのワークショップの様子

アダストリアを拠点に実施した「コオフクマスク」本部の様子。右)コオフク代表 西村 佳子氏。

プロのパタンナーと共に困りごとを具体的な形に。(ワールド北青山ビルにて)

障がいのある方から困りごとを教えてもらいながらアイデアをまとめる。(三陽商会本社にて)

『CO-FUKU masQ/コオフクマスク』の一例

「コオフクマスク」のワークショップは、チーム毎に分けて進められました。皆が集まり、理解し、自由に考えることで、まず「マスク」の既成概念を取り払い、様々な困りごとをクリアにするためのデザインを考え、さらにデザイナーや商品企画、技術部などアパレルメーカーのプロが入ることでカタチにしていきました。

◆今回の「246st.MARKET」で販売するマスクは表に★印を付けた3種で、「コオフクマスク」価格として、"あなたの1枚とコオフクの529"として、¥1,529(税込)で販売します。今後★印以外のマスクやマスクケースもそれぞれの販路と価格で販売を予定しています。

<コオフク>
~スカーフのようなかぶるマスク~ 視覚障がいの悩みに

マスクの上下・裏表がわかりにくく、嗅覚などの感覚を鈍らせない様、かぶるデザインで表裏をわかりやすくしたほか、下を閉じずに呼吸と感覚を補助。そして、外して首にかけた時にはまるでスカーフの様におしゃれに見える。

<はぁとぴあ原宿 ※>
~藍染めの生地で~ 片麻痺でも使え、そして大切に

片手でつけることが困難であったり、ズレた時の調整や落としたり無くす心配を、伸縮性のある素材と紐でカバーしただけでなく、深みのある藍染めを使用し、価値あるデザインに仕上げた。

<ワールド 「アンビルト タケオキクチ」>
~パーツごとに異素材を~ 視覚障がいの悩みに
★「246st.MARKET」で販売

視覚障がいの方が困るマスクの上下・表裏の分かりにくさに対応するため、異素材の生地を組み合わせて仕上げたほか、肌触りの良さや、抗菌素材、通気性までつけ心地も合わせて考えた。

<ワールド 「アンビルト タケオキクチ」>
~アジャスターでずれにくい~ 脊髄損傷の悩みに

片手で着用できない悩みに、ゴムの紐にして、更にアジャスターを付けフィット感を高めた。また、生地を重ねて指でフィット感を調整できる様にも。抗菌素材を使い、通気性も高めながらスタイリッシュなデザインも両立。

<アダストリア>
~3種の多機能コオフクマスクケース~ マスクのある生活を便利に、楽しく

マスクを外した際や持ち歩く際に、使用前後で分けて収納できるほか、フックやショルダーなど介助で両手が使える工夫も。マスクを洗う生活スタイルに対応したケース兼洗濯ネットも加え、多機能かつデザイン性を両立した3種。

<アダストリア>
~息がしやすく、介助もしやすいマスク2種~ 脊髄性筋委縮症でも息苦しくないマスクを

口鼻周辺に空間をもうけ、空気の抜け道をつくる立体構造で肺活量が弱く息苦しい悩みをカバー。着脱がし易く、マスクをつけたまま食事や吸引等が可能といった介助のし易さも実現しながら、日常使いできるシャープなデザインに。

<三陽商会>
~ワンハンドマスク~ 片麻痺でも安心なマスク
★「246st.MARKET」で販売

口を使ってマスクを顔に固定し、紐を耳にかけられる様裏側にタブをつけた。息苦しさや、タブが当たらない立体構造のほか、フィルターの張りを利用してマスクの保形性も上げている。落下防止としてマグネットストラップも採用。

<三陽商会>
~猫ひげマスク~ 視覚障がいに対応
★「246st.MARKET」で販売

生活の様々なシーンで"風や空気の流れ"を感じて行動をしているがマスクをすると遮られてしまう。マスクをしながらもまるで"猫のひげ"の様な役割ができるよう、頬の通気性を高めたマスクデザインを開発。

※はぁとぴあ原宿は一時支援、児童発達支援などを提供する、渋谷区の中核となる障害児者支援施設。生活介護事業では、芸術を中心とした障がい者アート活動への積極的参加を行っており、今回の「コオフクマスク」に参加をしています。

任意団体コオフクについて

https://co-fuku.com/
私らしく、あなたらしく、誰でもおしゃれを楽しめる社会を。
「CO-FUKU/コオフク」は「CO(共同、相互)服 」「考服」「幸福」の新しいことば。"私らしく。あなたらしく。誰でも、おしゃれを楽しめる社会"をめざし、2016年、趣旨に賛同したアパレル出身の有志で立ち上げた活動体。心にとっても、身体にとっても、着やすい衣服の提供や関連する啓発活動を行っています。

これまでの取組みについて

「246st.MARKET」について

日程

2020年10月14日(水)~10月18日(日)の5日間

場所

ワールド北青山ビル(東京都港区北青山3-5-10)

時間

11:00~18:00 ※10/18(日)は17:00までとなります。

入場に際して

入場無料
※新型コロナウイルス感染症対策として、入場の際に検温などの確認をさせて頂くほか、マスクの着用をお願いしております。

PAGETOP