ニュースリリース

「BURBERRY DOTS」3月3日デビュー

2004.01.22|ブランド

2004年1月22日

各位

株式会社三陽商会



バーバリー・ブルーレーベル

「BURBERRY DOTS」3月3日デビュー

 
株式会社三陽商会(社長:田中和夫、本社:東京都新宿区本塩町14)は、ファッション感度が高い20代の女性を対象にした英国バーバリー社との提携ブランド「バーバリー・ブルーレーベル」から、新しい柄、BURBERRY DOTS(バーバリー ドッツ)を使用したウエアおよび雑貨を3月3日より、直営店と全国百貨店のインショップで販売を開始いたします。

 BURBERRY DOTSは、英国バーバリー社の伝統的なアイコンであるバーバリーチェックを構成するベージュ、黒、白、赤などをエレメントにして、チェックの直線を円に、イメージの異なるドットで表現した新しい柄です。バーバリー・ブルーレーベルの新シリーズとして当社が開発し、意匠ならびに商標登録を出願済みです。

 バーバリー・ブルーレーベルは、常に新しい商品提案で20代の女性から大きな支持を得ています。当社は、流行の変化が激しいヤングマーケットの中で、今後、バーバリーチェックに並ぶ日本独自の新しいアイコンが必要になると判断し、約2年の開発を経て、この度の販売開始発表に至りました。

 今春夏のバーバリー・ブルーレーベルの広告は、2月中旬より、BURBERRY DOTSをメインビジュアルに、ファッション誌中心に展開してまいります。



バーバリー・ブルーレーベル
1996年秋よりスタートした、ファッション感度の高い20代の女性を対象にした、バーバリーのヤングブランド。英国バーバリー社の約150年の伝統とトレンドを程良くミックスした、新しいバーバリーのスタイルをトータルで提案しています。



バーバリー・ブルーレーベル
BURBERRY DOTS(バーバリー ドッツ)
3月発売商品価格帯(全て税別価格)

ウエア
コート ¥69,000 ~ ¥73,000
ブルゾン ¥56,000
スカート ¥26,000 ~ ¥29,000
パンツ ¥21,000
ワンピース ¥43,000
ニット ¥15,000

BURBERRY DOTS(バーバリー ドッツ)をプリントしたチノやオックスなど綿100%の素材が中心。

雑貨
バッグ ¥19,000 ~ ¥69,000
財布 ¥10,000 ~ ¥21,000
¥23,000 ~ ¥33,000
帽子 ¥9,000 ~ ¥15,000

BURBERRY DOTS(バーバリー ドッツ)をプリントしたキャンバスやピケなど綿100%素材が中心。バッグの一部や、財布、靴はプリントした牛皮素材を使用。

img_1



以上

三陽商会が人気女性歌手「一青 窈」紅白初出場の衣装製作を協力!

2004.01.09|その他

2004年1月9日

各位

株式会社三陽商会



三陽商会が人気女性歌手「一青 窈」紅白初出場の衣装製作を協力!

 
株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区本塩町14、社長:田中和夫)は、2003年、第54回NHK紅白歌合戦で、初出場の人気女性歌手「一青 窈」(ひととよう)さんが着用して注目を浴びた、岡本太郎氏の壁画をデザインモチーフにしたステージ衣装の製作に協力しましたのでお知らせいたします。

 元になった壁画『明日の神話』は、岡本太郎氏独特の強烈なインパクトを放つ作品ですが、その衣装製作に当たり、三陽商会はプロダクト面(生地選び、プリント発注、パターン作成、縫製など)において全面的に協力し、彼女のエキゾチックな歌にふさわしい、メッセージ性の高い衣装に仕上げました。

 『明日の神話』は、岡本太郎氏が制作した幻の巨大壁画で、メキシコの実業家から依頼され、1967年~69年にかけて現地に30回訪れ制作し、その後ホテルのロビーに飾られる予定でしたが、開業前にホテルが倒産、その行方が分からなくなっていましたが、昨年9月にメキシコ市近郊の倉庫にあるという情報を受け、岡本太郎記念館館長である岡本敏子氏が現地で遂に確認を果たしました。

 今回のデザインは、一青 窈さんが懇意にしている有限会社ピンホール(企画会社)が、是非紅白歌合戦の衣装にしようと提案し、『明日の神話』の中央に描かれている骸骨を衣装正面に、後ろには壁画の左下に描かれている未来の人間をデザインし、三陽商会はプロダクト面を組み立てました。

 三陽商会は、舞台映えをすることを第一に、その壁画の色を鮮明にプリントするために、凸版印刷株式会社に協力を依頼、その高い技術により美しいプリント生地を仕上げることができました。製作に当たっては、生地の選択、プリント画を美しく見せるパターン作成、シルエットの調整を繰り返し、ドレスの裾からは、黒と赤のパニエ(ドレスをふっくら見せるための下着)が裾から少し覗くように全体のバランスを取りました。実際に担当したデザイナーは、歌う時の動作を考慮した上で肩から手のカーブを美しく見せるところが、既製服と大きく異なったと感想を述べています。

 三陽商会は、ファッションを通じ豊かな生活文化の実現を経営理念に掲げており、国民的な年末行事である「紅白歌合戦」の衣装製作に協力することは、視聴者が豊かな時間を過ごすことに繋がると考え、今回の協力にいたりました。


  • 一青 窈(ひととよう)さん

      2002年10月アジア的なポップ・ナンバー「もらい泣き」でデビュー。
      2003年第54回紅白歌合戦に「もらい泣き」で初出場を果たす。
      同年の日本レコード大賞新人賞を受賞。


  • 壁画『明日の神話』

      美術家、岡本太郎氏(1911年~1996年)が、メキシコの実業家でホテル・デ・メヒコのオーナーであったマニュエルスワレフ氏からの依頼を受け、1967年から69年にかけて現地で制作した縦約5メートル、横約33メートルの巨大な壁画。原水爆の被害と反戦をテーマに掲げた傑作と言われたが、ホテルが開業前に倒産したことにより、35年間行方不明になっていた。しかし、同市近郊の倉庫にあるという情報が寄せられ、遂に昨年9月岡本太郎記念館館長の岡本敏子氏によって、その存在が現地で確認され大きな話題となった。(この模様は、2003年9月23日にテレビ朝日ニュースステーションで放送された。)


img_1
左は衣装正面、右は後ろ正面


一青 窈さん紅白歌合戦衣装提供について
□監  修:岡本敏子氏(岡本太郎記念館館長)
□衣装提供:有限会社ピンホール
□協  力:凸版印刷株式会社 / 株式会社三陽商会


以上

PAGETOP