ニュースリリース

東京ミッドタウン日比谷に「三陽山長」が3月29日(木)オープン

2018.03.07|ブランド

三陽山長
「三陽山長 東京ミッドタウン日比谷店」
東京ミッドタウン日比谷に「三陽山長」が3月29日(木)オープン
~ 三陽商会のコーポレートブランドが揃った「三陽山長」初の複合ショップ ~

三陽商会が展開するシューズブランド「三陽山長」をはじめとするコーポレートブランドでは、事業の強化に向けた施策のひとつとして新規チャネル開拓を掲げています。この度、「TIMELESS WORK.」をコンセプトに「三陽山長」のシューズを中心に取り揃えながら、「サンヨー・エッセンシャルズ」のウエア・雑貨や「サンヨーコート」も展開する複合ショップを「東京ミッドタウン日比谷」の2階に3月29日(木)オープンいたします。

3月29日(木)にオープンする「三陽山長 東京ミッドタウン日比谷店」(イメージ)

出店の背景

「三陽山長」をはじめとするコーポレートブランドでは、事業の強化に向けた施策のひとつとして新規チャネル開拓を掲げています。今回、「TIMELESS WORK.」をコンセプトに、継承と革新を目指す当社を象徴するコーポレートブランド「三陽山長」のシューズを中心に取り揃えながら、「サンヨー・エッセンシャルズ」のウエアや雑貨、「サンヨーコート」も展開する「三陽山長」初の複合ショップを、古くから劇場や映画館が集積する芸術文化の街である日比谷に開業する大型複合施設「東京ミッドタウン日比谷」へ出店することといたしました。

店装について

ショップのデザインテーマは「和×WA」。「和」は日本の持つ、歴史・伝統・技術などの凛とした美意識と同時に、人と人の繋がりを意味します。このテーマを、白を基調としたモダンでコンテンポラリーなデザインに落とし込み、新しい「WA」の空間を演出します。ショップの奥にはダークウッドの大きめのカウンター、ショップ中央には円形のカウンターを設置し、ゆったりとお買い物を楽しんでいただけるリッチなコミュニケーションスペースを構成。また、more trees(モア・トゥリーズ)との協業により、間伐材を利用した什器やラックを使用。日常から解き放たれた雰囲気を感じる空間となっています。



「三陽山長 東京ミッドタウン日比谷店」店内イメージ

展開商品について

(1) 坪内浩 氏とのコラボシューズ「和一郎」の日比谷店限定カラー発売

日本を代表するシューズデザイナー坪内浩 氏とのコラボレーションシューズ「和一郎」のトリコロールカラーを日比谷店限定で発売いたします。モデル名「和一郎(わいちろう)」の「和」は、「協力」や「調和」、そして「日本」を意味しています。三陽山長の定番ラストR2010をベースに、デザインはアウトサイドとインサイドで変化を付けたフルブローグ。さらに履く人を大切にしたいとの思いから、「ハート」モチーフを穴飾りやソールにあしらい、坪内氏らしいエッセンスを感じさせるものに仕上がっています。

和一郎 (わいちろう)
商品名 和一郎 (わいちろう)
デザイン ハートフルブローグ
素材 牛革
色展開 ブラック、トリコロール
※トリコロールは、日比谷店限定カラー
ソール/製法 レザー / グッドイヤーウェルト
サイズ 6 1/2(24.5cm)、7(25cm)、7 1/2(25.5cm)、8(26cm)、8 1/2(26.5cm)、9(27cm)
価格 本体価格 ¥86,000 + 税
当社型番 ブラック:Q7401-710
トリコロール:Q7401-711
発売日 3月29日(木)
※2月24日(土)より先行予約開始
坪内浩 氏

坪内浩 氏について

日本を代表するシューズデザイナー。
エスペランサ靴学院第三期生。
数多くの有名シューズブランドの企画デザインに携わり、
自身のブランドも展開。
書籍「JAPANESE DANDY」「JAPANESE DANDY MONOCHROME」にも日本を代表するダンディとして掲載されている。

坪内浩 氏 公式WEBサイト

http://hiroshi-tsubouchi.com/

(2) スニーカー通勤にも対応できる「ドレスニ」の打ち出し強化

2018年春夏シーズンの「三陽山長」ドレスニとレザースニーカー

よく歩くビジネスマンや移動の多い営業マン向けに、歩きやすさと脱ぎやすさを追求したドレススニーカー、通称「ドレスニ」は、ドレスシューズの外観でありながらスニーカーの履き心地を兼ね備え、長時間履いていても疲れにくいとビジネスマンを中心に多くのお客様より好評をいただいており、「三陽山長」が最も強みとするオーセンティックなデザインのグッドイヤーウェルト製法のシューズと並び、隠れた名品となっています。
今春夏シーズンは、ドレスシューズの外観を持つ「新」シリーズ(本体価格¥28,000円+税)、ボリューミーでアメリカンな外観が特長の「旬」シリーズ(本体価格¥44,000円+税~¥46,000円+税)が登場。歩くことで健康増進を目的としたスポーツ庁が推奨するプロジェクト「FUN+WALK PROJECT」がスタートしたことにも伴い、「ドレスニ」はスニーカー通勤にも重宝する一足となっています。

(3) レディスシューズも展開

2018年春夏シーズンの「三陽山長」のレディスシューズ

日比谷の商圏も意識し、レディスシューズも展開。デザインは、ストレートチップ(本体価格¥64,000円+税)、フルグローブ(本体価格¥68,000円+税)、ローファー(本体価格¥53,000円+税)の3種。数年前から人気となり、今では定番となりつつあるメンズライクなシューズは、パンツスタイルはもちろん、フェミニンスタイルにも合わせやすいためコーディネートの幅が広がり、春のおしゃれを一段と楽しめるアイテムです。

(4) 「サンヨー・エッセンシャルズ」「サンヨーコート」も展開

「Lille og Stor」とのコラボ商品

「サンヨー・エッセンシャルズ」は、今後の商業施設への出店を見据え、買い付けアイテムを含めた雑貨の展開をスタート。日比谷店限定アイテムとして、モノづくりを通して生活に寄り添い、学びと育みのある環境づくりを目指す、革小物を中心としたブランド「Lille og Stor (リレオストア)」とのコラボでは、「三陽山長」の革を使用したオリジナルデザインの別注バッグを展開。
「サンヨーコート」からは、世代を超えて永く愛されるをテーマにした「100年コート」を筆頭に、日本製にこだわり、ショップコンセプト「TIMELESS WORK.」を体現したコートを展開します。

今後の計画

 当社では、2017年2月に策定した新経営計画のコーポレート事業強化に向けた施策のひとつとして、新規チャネル開拓を掲げており、2018年度は、東京ミッドタウン日比谷を含む2つの商業施設への出店を予定しています。また、コーポレートブランド事業の成長計画は、2019年に25億円の売上を計画しています。

「三陽山長 東京ミッドタウン日比谷店」 店舗概要

店舗名 三陽山長 東京ミッドタウン日比谷店
オープン日 2018年3月29日(木)
所在地 東京都千代田区有楽町1丁目1番2号 2階
電話番号 03-6812-7130
営業時間 11:00~21:00
商品構成 三陽山長: 靴、革小物、鞄、ベルト
サンヨー・エッセンシャルズ: ウエア全般、服飾雑貨
サンヨーコート: コート
※いずれも、メンズ・レディスを展開
ショップコンセプト コンセプトは、「TIMELESS WORK」。ショップのデザインテーマ「和×WA」をモダンでコンテンポラリーなデザインに落とし込み、新しい「WA」の空間を演出。

「三陽山長」について

「技」「匠」「粋」という和の精神に基づいた日本人による拘りの靴を提案。
対象:メンズ(一部レディスも展開)
主な価格帯:靴(既製品)¥28,000~¥250,000、靴(パターンオーダー)¥86,000~、鞄¥38,000~¥300,000、
革小物¥8,000~¥22,000、ベルト¥20,000~¥30,000
販路:百貨店、ファッションビル、直営店、EC
発売:2001年

「三陽山長」 公式WEBサイト

http://www.sanyoyamacho.com/

「三陽山長」 facebook

https://www.facebook.com/sanyoyamacho/

「三陽山長」 instagram

https://www.instagram.com/sanyoyamacho/

「サンヨーコート」 公式WEBサイト

http://www.sanyocoat.jp/

「サンヨー・エッセンシャルズ」 公式WEBサイト

http://www.sanyo-essentials.jp/

PAGETOP