アクションレポート

2018年 間引きと草取り

2018年 間引きと草取り

5月に行った「種まき」から2か月。
7月11日に、総勢29名で草取りと間引きをしてきました!

前回同様、4月に入社した新入社員21名が参加し、自分たちで蒔いた種がどれくらい成長しているか、この2か月での成長を楽しみに「渡良瀬エコビレッジ」へ・・・

和綿畑は青々とした様子。みな元気に育っていました!

1.JPG

まずは渡良瀬エコビレッジ理事長の町田さんから草取り、間引きのコツ、ポイントを説明していただきました。

『草木というのは、地に根を張り、太陽に向かって、ぐんぐん伸びていく。』

一緒に生えてしまった雑草を取り除いてあげること。

収穫まで伸び続けていくために、和綿の間隔を適度に空けてあげること。
簡単なようで大変な作業です。

3.JPG

2.JPG

いざ、草取り・間引きのスタートです!

東京は曇っていたようですが、渡良瀬の日差しは今年一番の強さ!
これからの成長を考えながら、育ちやすい間隔で抜いていきます。

4.JPG

5.JPG

暑さに負けず、みなさんどんどん抜いていきます。
時折出会う雑草の根の強さにびっくり。
『あたかも本物そっくりに成長している雑草もあるんだよ。隣でこっそり生えている。どの世界にもそういう生き方をしているものがいる。見間違えないように。』町田さんの言葉が響きます。

10.JPG

6.JPG

自分の畑が終われば、他もお手伝い。
「ここ、抜きが甘いんじゃないの?!」とみんなで最終チェック。

7.JPG

9.JPG

間引きが終わった畑。スッキリ!!

11.JPG

炎天下の中の畑作業が終わり、お昼は恒例の流しそうめんです!
エコビレッジの新鮮な野菜も美味しい料理となってふるまわれました。

まっすぐ伸びたきれいな竹。もちろん天然です。

12.JPG

13.JPG

14.JPG

暑さも忘れ、みな笑顔がこぼれます。

15.JPG

17.JPG

18.JPG

スーパーボール!ではなく、かわいいトマトも流れます。うまくキャッチできるか、真剣。

19.JPG

食事の後は、生葉染め体験。
足利で藍染めをされている風間さんから説明をしていただきます。

24.JPG


バケツいっぱいの青々とした葉。まずは葉と茎の仕分け作業です。

26.JPG


グループでわかれて葉と茎の仕分け作業。間引きとは違い、顔を上げてみな談笑しながら作業を進めます。

28.JPG

29.JPG

30.JPG

茎を除いたら、今度は葉を濾してもらいます。
エコビレッジの方々に濾してもらっている間、真剣に待つ・・。

31.JPG

32.JPG

染め作業です。
酸素を時折含めることで色味も変わっていくのだとか。各々どんな色にしようか目論見がありそう。

33.JPG

34.JPG

染め上がり!
みな思い通りの色になったでしょうか?!
風に当て乾かすとまた色が変わっていきます。

37.JPG

38.JPG

39.JPG

最後に町田さんからご挨拶。
西日本豪雨から感じる自然(地球)の変化、自然との共存、和綿の成長・・。
最後に、また10月の収穫を楽しみにしていてほしいと笑顔で送ってくださいました。

40.JPG

新入社員たちは、この2か月での和綿の成長と、自分自身の成長を重ね、それぞれに感じることがあったようで、「今目の前にあることを精いっぱい頑張りたい」というような感想を聞くことができました。

次回10月はいよいよ収穫です!

0.JPG

PAGETOP