EARTH TO WEAR

⼀着の服を、選ぶこと。
何かにとらわれることなく、
心から着たいと手にとる。
服とはそういう自由なものであってほしい
と思うのです。
地球を傷つけることなく、誰かを不幸にすることなく、すべての服がつくられる。
それが、私たちの目指す服です。
正しい素材を選ぶことから愛される服を生み出すクラフトマンシップまで、
三陽商会の服づくりで、
この世界を未来につなげる。

三陽商会のサステナブルアクションプラン
「EARTH TO WEAR」

三陽商会は、社是と企業理念のもと、
クラフトマンシップのDNAによって、
いつの時代も変わらぬ価値のあるものづくりで
長く愛用して頂ける商品をつくってきました。
環境、社会、人権などに対する配慮が
事業運営に求められる今、
企業としての取り組みの方向性を示す
サステナブルアクションプランの総称を
「EARTH TO WEAR」とし、サステナブル経営の
さらなる推進を目指していきます。

三陽商会のサステナブルアクションプラン「EARTH TO WEAR」 真・善・美 〈経営理念〉ファッションを通じ、美しく豊かな生活文化を創造し、社会の発展に貢献します。 TIMELESS WORK. ほんとうにいいものをつくろう。 CSR基本方針 企業行動基準
三陽商会のサステナブルアクションプラン「EARTH TO WEAR」 真・善・美 〈経営理念〉ファッションを通じ、美しく豊かな生活文化を創造し、社会の発展に貢献します。 TIMELESS WORK. ほんとうにいいものをつくろう。 CSR基本方針 企業行動基準

EARTH TO WEARを支える体制

EARTH TO WEARを支える体制 CSR推進委員会 コーポレート・ガバナンス
EARTH TO WEARを支える体制 CSR推進委員会 コーポレート・ガバナンス

EARTH TO WEAR活動 EARTH TO WEAR活動

服を大切に着るために、生活者とともにサステナブルでエシカルな社会を考え、学んでいく事を目的として、「EARTH TO WEAR活動」は2017年に始まりました。当社の社員有志が専用の屋台で各地を訪ねて、残布を使ったエコバッグ、パターンキットの販売や、さまざまなテーマのもとにワークショップを開催しています。この活動への強い想いが、当社のサステナブルアクションプラン「EARTH TO WEAR」につながっています。

EARTH TO WEAR

三陽商会は、
Sustainable Action Plan
「EARTH TO WEAR」で
サステナブル経営を推進していきます。

「EARTH TO WEAR」のアクションプランは、SDGsの目標12:「つくる責任、つかう責任」を念頭に、つくる責任にあたる部分を「地球を、愛する。」、つかう責任にあたる部分を「服を、愛する。」として2つのカテゴリーに分け、自社が特に寄与できるもの、推進していくべきアクションで構成しています。
作成した全てのアイコンに、モチーフとして糸を使用しています。

地球を、愛する。

品質 品質 環境 環境 社会 社会

当社は、技術・品質へのこだわりを一枚の服にこめることによって長く愛用していただけるものづくりを行うことが、地球を愛することにつながると考えます。
今後はさらに「環境」・「社会」に配慮した服づくりを目指します。

  • 品質 クオリティ
    コントロール
    (QC)

    地球を愛する品質

    三陽商会独自の「品質管理基準」を定め、QCの専門グループのスタッフが社内外の関係者と連携し、厳しく品質を管理しています。また、ブランド関係者及び全社員を対象とした品質や法令に関する研修を通じて、品質意識の共有を図っています。地球にも人にも安心・安全で、長く着ていける品質の商品をつくり供給していくことで、より良い未来へとつなげていきます。

    地球を愛する品質
    共に創る品質

    三陽商会独自の「工場管理運営基準」を定め、工場に対して、技術面・品質管理面の各項目が実行されていることを確認しています。特に安心・安全に関連する針管理・用具管理・検針手順の項目については、厳しく確認しています。主要工場には、定期的に「QC会議」を実施し、品質目標の達成度を確認、不良品発生を防止するとともに、安心・安全な商品の生産ができる体制であるかを確認しています。

  • 環境 プラスチックの
    使用削減

    2019年にビニル製ショッパーをすべて紙製ショッパーに切り替える「ビニルショッパー使用ゼロ化」を実施。今後、包装や値札などのワンウェイプラスチックも可能な限り再生可能な資源に置き換えていきます。

    プラスチックの使用削減
  • 環境 アニマル
    ウェルフェア

    動物の尊厳尊重の視点から、2019年秋冬商品より当社ブランドすべての製品で、ミンク、キツネ、ウサギ、アライグマ、カンガルーなどの毛皮全般を対象として、リアルファーの使用を禁止しています。

    アニマルウェルフェア
  • 環境 限りある
    地球資源への
    取り組み

    三陽商会では、求められる適量を心がけながら、お客様に長くご愛用いただける商品の生産に努めています。必要としていただけるお客様へさまざまな販路でお届けし、さらに傷物や販売不能商品は、サーマル/マテリアルリサイクルなどにより、ほぼ廃棄ゼロを実現しています。今後は、リデュース、リユースなど可能な限り環境負荷が少ない方法を選択することで、限りある資源の有効活用を目指していきます。

    限りある地球資源への取り組み
  • 環境 再生可能
    エネルギーの導入

    2020年1月より再生可能エネルギー由来の電気を調達することができる「みんな電力」を新しくオープンしたビル「GINZA TIMELESS 8」全館に導入しました。

    再生可能エネルギーの導入
  • 環境 改正省エネ法への対応

    節電意識の共有により、年間使用エネルギー量原単位を削減し、環境負荷の低減につなげています。
    2017年度:前年から8.2%削減。
    2018年度:前年から1.8%削減。

    改正省エネ法への対応
  • 環境 WWF(世界環境保護基金)
    への支援

    三陽商会は、2012年よりWWFジャパンの正規法人会員となり、「EARTH HOUR」などの取り組みに参加しています。

    また「EVEX by KRIZIA」では、2012年より対象商品の売上の一部を寄付することでWWFの自然保護活動を支援しています。

    WWF(世界環境保護基金)への支援
  • 社会 CSR調達

    労働環境、児童労働、人権尊重、安全衛生、地球環境保全への取り組みなど、社会に貢献する企業であり続けることをサプライチェーン全体で共有することを目的に、お取引先向けの「三陽商会取引行動規範(SANYO Code Of Conduct)」を策定しています。外部機関と連携し、三陽商会独自の基準である「三陽商会取引行動規範」に基づく監査を行っています。

    CSR調達
  • 社会 「ホワイト物流」
    推進運動への参加

    国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保することを目的とした「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、自主行動宣言を提出しました。「共同配送」や「梱包資材のサイズ標準化」などの取り組みを推進するとともに、変化する社会に適合した物流の仕組み構築に協力することで、持続可能な物流の実現を目指していきます。

    「ホワイト物流」推進運動への参加
  • 社会 ダイバーシティ
    への取り組み

    フレックスタイム制度の導入により、従業員ひとりひとりが活き活きと働き続けられる環境づくりを目指すなど、男女問わず従業員が安心して働き、活躍できる社会に向け、ダイバーシティの推進に取り組んでいきます。

  • 社会 「プロジェクトFUKUSHIMA!」への支援

    「プロジェクトFUKUSHIMA!」への支援の一環として、「フェスティバルFUKUSHIMA!」と「アンサンブルズ東京」へ会場装飾用として当社の残布を提供しています。これらのイベントに協力することで「復興支援」を行っています。

    「プロジェクトFUKUSHIMA!」への支援
  • 社会 「LOOM NIPPON」
    への支援

    「Paul Stuart」は、東日本大震災を受け、雇用創出や地域の復旧復興支援を幅広く継続的に行うことを目的に設立された一般社団法人LOOM NIPPONを支援し、同法人が展開する被災地に桜を植樹する「SAKURA PROJECTS」の活動において、再び桜が咲きほこる南三陸町を取り戻したいとの希望をテーマにした共同企画を2014年より続けています。

    「LOOM NIPPON」への支援
  • 社会 CSR調達

    労働環境、児童労働、人権尊重、安全衛生、地球環境保全への取り組みなど、社会に貢献する企業であり続けることをサプライチェーン全体で共有することを目的に、お取引先向けの「三陽商会取引行動規範(SANYO Code Of Conduct)」を策定しています。外部機関と連携し、三陽商会独自の基準である「三陽商会取引行動規範」に基づく監査を行っています。

    CSR調達
  • 社会 「ホワイト物流」
    推進運動への参加

    国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保することを目的とした「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、自主行動宣言を提出しました。「共同配送」や「梱包資材のサイズ標準化」などの取り組みを推進するとともに、変化する社会に適合した物流の仕組み構築に協力することで、持続可能な物流の実現を目指していきます。

    「ホワイト物流」推進運動への参加
  • 社会 ダイバーシティ
    への取り組み

    フレックスタイム制度の導入により、従業員ひとりひとりが活き活きと働き続けられる環境づくりを目指すなど、男女問わず従業員が安心して働き、活躍できる社会に向け、ダイバーシティの推進に取り組んでいきます。

  • 社会 「プロジェクトFUKUSHIMA!」への支援

    「プロジェクトFUKUSHIMA!」への支援の一環として、「フェスティバルFUKUSHIMA!」と「アンサンブルズ東京」へ会場装飾用として当社の残布を提供しています。これらのイベントに協力することで「復興支援」を行っています。

    「プロジェクトFUKUSHIMA!」への支援
  • 社会 「LOOM NIPPON」
    への支援

    「Paul Stuart」は、東日本大震災を受け、雇用創出や地域の復旧復興支援を幅広く継続的に行うことを目的に設立された一般社団法人LOOM NIPPONを支援し、同法人が展開する被災地に桜を植樹する「SAKURA PROJECTS」の活動において、再び桜が咲きほこる南三陸町を取り戻したいとの希望をテーマにした共同企画を2014年より続けています。

    「LOOM NIPPON」への支援

服を、愛する。

服育 服育 愛用 愛用 循環 循環

地球にやさしい服づくりを目指す当社は、
すべての人々に服に愛着をもって
大事に長く着ていただき、
服を楽しんでもらいたいと考えます。

服を大切に着るために、生活者とともにサステナブルでエシカルな社会を考え、学んでいく事を目的として、「EARTH TO WEAR活動」は2017年に始まりました。

服育 服を愛する心を育み、
人との絆を生む。

愛用 クラフトマンシップで、
愛用に寄り添う。

循環 服という資源を、
未来へとつなげる。

  • 服育 愛用 循環 EARTH TO WEAR活動

    服を大切に着るために、生活者とともにサステナブルでエシカルな社会を考え、学んでいく事を目的として、「EARTH TO WEAR」活動は2017年に始まりました。当社の社員有志が専用の屋台で各地を訪ねて、残布を使ったエコバッグ、パターンキットの販売や、さまざまなテーマのもとにワークショップを開催しています。この活動への強い想いが、アクションプラン「EARTH TO WEAR」につながっています。

    EARTH TO WEAR活動
  • 服育 服育授業

    小学校の家庭科の授業に三陽商会のデザイナーやパタンナーを派遣し、服づくりの仕事やプロセスの説明とともに、残布を使ったバッグ製作などを通じて、服をつくる楽しさや、服を大事にすることを伝えています。

    服育授業
  • 服育 SANYO服福賞

    「新宿区『みどりの小道』環境日記コンテスト」に協賛し、服や布に関する優れた作品を表彰する「SANYO服福賞」を設けています。
    子供たちに服やものを長く使う大切さを伝えるとともに、服や布のアップサイクルやエコな取り組みの実践を地元企業として応援しています。

    SANYO服福賞
  • 服育 和綿栽培

    2013年から栃木県の「渡良瀬エコビレッジ」にて、社員有志による和綿栽培を実施。一粒の種を蒔くことから服づくりは始まるというプロセスを理解し、地球資源を大切にする気づきや、環境への理解を深めています。また、2017年からはこうした理解を浸透させるために、新入社員研修にもこの活動を取り入れています。

    和綿栽培
  • 愛用 カスタマー
    サポート

    服のお手入れに関する情報の提供や付属品の修理の対応など、服を愛用するためのサポートをしています。また、店舗からオンラインまで、おもてなしの精神に基づいたコミュニケーションや対応を心がけ、アンケートやファンミーティングなどを通じてお客様の声に耳を傾け、お買い上げ後の悩みや服で困った時に、力になれるパートナーシップを築いていきます。

    カスタマーサポート
  • 愛用 SANYO
    リペアサポート

    三陽商会が製造・販売した服の補修を有料で承る「SANYOリペアサポート」で、長く着続けられるお手伝いをしています。地球の限りある資源を守るだけでなく、ものを大事にする心を育んでいきます。

    SANYOリペアサポート
  • 愛用 100年オーナー
    プラン

    修理や3年ごとの定期診断など、「100年コート」のためのオーナープランを設けています。手入れをしながら世代を超えて愛されることを目指す「100年コート」を通じて、ものを大事にする心を伝えていきます。

    100年オーナープラン
  • 循環 グリーンダウン
    プロジェクト

    2014年に衣料では初めて、再生羽毛「グリーンダウン」を使ったコートを商品化しました。現在も羽毛製品の回収を継続的に実施し、羽毛は循環資源であることを広め、リサイクルを促進しています。

    グリーンダウンプロジェクト
  • 循環 共創による
    衣料回収

    三陽商会では、お客様の不用な衣料品を回収して新しく服をつくるための資源に循環させていく活動として「EARTH TO WEAR RECYCLE」を実施しています。 回収した衣料は、日本環境設計株式会社のリサイクルプロジェクト「BRING」の技術によって、新しい服の原料や自動車内装材などに再資源化し、地球の資源へ循環させています。

    共創による衣料回収
PAGETOP