活動プロジェクト一覧に戻る
GREEN DOWN プロジェクト始動!
■2014.12.24 update

GREEN DOWN プロジェクト始動!

ご存知ですか?ダウン(羽毛)はリサイクルできます。 ダウンは動物の角やくちばしと同じハードケラチンという非常に丈夫な物質でできています。なのできちんとメインテナンスすれば100年以上長持ちする循環資源といえるのです。

では、どうやってメインテナンスをするのでしょうか。 
ダウンの間の小さなホコリを超軟水の水で洗うことで小羽枝にも水の分子が入り込み細かなヨゴレを取り除くことができ、さらにきれいに乾燥させればフワフワのダウンが再生します。 このようにメンテナンスして再生した「グリーンダウン」は、世界でも屈指の羽毛の精製・加工技術をもつ三重県の河田フェザー株式会社が手掛けるプロジェクトにより生み出されました。
ダウンは食用に飼育された水鳥の肉の副産物です。
ところが、今、世界ではダウンをとりまく状況がかわってきています。食文化の変化により水鳥を食べなくなったり、鳥インフルエンザの流行で水鳥が減少したり、羽毛増量剤や擬似ダウンの混入がふえて安全・安心な品質を保てなくなったり、需要と供給のバランスが崩れてダウンを入手するのが難しくなっています。 そこで当社では、環境にもやさしく安全な品質のダウンを使ったコートを持続可能に作ることができないか考えました。
当社では、ヒトにも環境にも優しいものづくりをめざして、2014年、衣料では初めてグリーンダウンをつかったコートを商品化しました。そして持続可能なものづくりを実現するために、ダウンの回収も積極的に進めています。
Project Archives