活動プロジェクト一覧に戻る
Hand in Hand 山田高校プロジェクト
■2012.03.14 update

Hand in Hand 山田高校プロジェクト

当社は、東日本大震災によって甚大な被害を受けた岩手県下閉伊郡山田町にグループ会社(工場)である「岩手サンヨーソーイング」を構えています。震災以降、当社はこの工場のみならず、工場が立脚する山田町の復興のためにできることを摸索してきました。 そして、山田町の多くのひとたちから「元の町に戻すのではなく新しい町にしたい」という復興への思いを聞き、町の未来を担う若者達と一緒に町の復興活動に取り組むことを考えはじめました。

そんな時、山田町役場の職員のユニフォームは数年ごとに更新され共通のユニフォームがないため、一目で職員と分かる術がなく、震災以降、町で不便が生じていることを知りました。 そこで山田町役場のユニフォームを、山田高校の生徒達と協働で製作しよう!とプロジェクトのアイデアが固まったのです。服をデザインする過程から得られる経験が、手探りながら生徒達の未来や希望に繋がるのではないか、と考え、「山田高校プロジェクト」と題しました。 


SANYO_071.JPG SANYO_003.JPG

Project Archives