ニュースリリース

紳士服7ブランド、婦人服8ブランド 
2014年も「花粉プロテクトコート」を発売

2013.12.25|企業

紳士服7ブランド、婦人服8ブランド
2014年も「花粉プロテクトコート」を発売
~ ライナー付きやリバーシブルタイプなど豊富に ~

三陽商会は、紳士服7ブランド・婦人服8ブランドから、花粉対策機能を備えたスプリングコート「花粉プロテクトコート」約30型を、全国百貨店・直営店と当社直営オンラインストアの「サンヨー・アイストア」にて2014年1月上旬より順次発売を開始いたします。

SANYO 花粉プロテクトコート
婦人服ブランド「サンヨー」リバーシブル仕様の「花粉プロテクトコート」
婦人服ブランド「サンヨー」
リバーシブル仕様の
「花粉プロテクトコート」

【 商品開発の背景 】

来春は2月上旬頃から飛散が始まると予想されている花粉のシーズン。毎年、衣・食・住の様々な分野から花粉対策の商品やサービスが新たに登場し、マーケットも年々広がりをみせています。特に身につけるものにおいては、機能性に加えて見た目がオシャレであることが重要視されており、近年ではマスクやメガネなどデザインや色に工夫が施された商品が多くみられるようになっています。

【 「花粉プロテクトコート」への取り組み 】

「花粉プロテクトコート」は、オシャレに花粉対策をしていただくために、コートの生産・販売を起源とする当社が、紳士服では2007年から、婦人服では2010年から発売しているスプリングコートで、好評につき年々展開ブランドを拡大しながら、各世代そして幅広いファッションテイストのお客様にマッチする商品を提案しています。

【 2014年1月より順次発売する商品内容 】

来春は、1月上旬よりダウンライナーを付けた防寒性のある商品をはじめとして、表と裏で異なる色が着用できるリバーシブルタイプなど、細分化するお客様のニーズに向け、30型を超える「花粉プロテクトコート」を展開してまいります。




婦人服ブランド「サンヨー」リバーシブル仕様の「花粉プロテクトコート」
紳士服ブランド「サンヨー」
着脱可能なダウンライナー付きで防寒性のある
「花粉プロテクトコート」

2014年春「花粉プロテクトコート」を発売する15ブランド

紳士服(7ブランド):

婦人服(8ブランド):

 


以  上

アップサイクルでクリスマス・オーナメント作成 
三陽商会が環境フェスにおいてワークショップを開催

2013.12.04|企業

One Planet Festival × TOKYO

三陽商会は、公益財団法人世界自然保護基金(WWF ジャパン)とJ-WAVEが設立した実行委員会の主催により12月7日、8日に六本木ヒルズで開催される「One Planet Festival × TOKYO」に協賛企業として参加し、同社が展開する環境活動を紹介すると共に、使われなくなった洋服の生地でクリスマス・オーナメント等を作成するワークショップのブースを出展いたします。

クリスマス・オーナメント製作例
<クリスマス・オーナメント製作例>

世界100カ国以上で活動するWWFは、生命にみちあふれる地球で、次の世代でも幸せな暮らしが続けられるために、人と自然が調和してくらしていける「One Planet Lifestyle」~地球にちょうどいい生き方~ を提唱しています。このたび、WWFジャパンの会員企業である三陽商会は、アパレルメーカーとしてできる事を考え、服作りの過程で使われなくなった洋服の生地(残反)でクリスマス・オーナメント等を作成するワークショップを出展することといたしました。

このワークショップでは、残反を使用し、来場されたお客様にクリスマス・オーナメントやチャームを作っていただくことでアップサイクル※1が体験でき、同時に物を大切にする気持ちを感じていただく場を提供いたします。また、このワークショップの他に三陽商会のブースでは、同社が今年環境活動として取組んだ栃木県栃木市にある渡良瀬エコビレッジでの和綿栽培※2等をパネルで紹介し、当ワークショップに参加いただいた方に、そこで栽培された和綿の種を配布いたします。

※1:アップサイクル=質の向上を伴った再生利用のこと。
※2:和綿栽培=WWFは和綿を含むオーガニックコットンの栽培を推奨しています。


■ 三陽商会 環境活動例

活動名称 SANYO コットンフィールド
開催時期 2013年5月18日(種まき)、7月6日(草取り・間引き)、11月4日(収穫)
開催場所栃木県栃木市渡良瀬エコビレッジ
活動内容 渡良瀬エコビレッジがめざす、衣・食・住を通じて環境に負担を与えない持続可能な循環型社会「やまずめぐる暮らし」を、和綿栽培を通じて体験する。 初年度の今年は、5月の種まき、7月の草取り・間引き、11月の収穫に、三陽商会社員のべ64名が参加。
活動名称 雑誌ソトコトとのタイアップ ワークショップ(アップサイクル)
開催時期2013年1月29日、2月26日
開催場所ソトコト ロハス塾
活動内容残反を使った湯たんぽカバーづくりや、そこにシルクスクリーンの技法をのせたバッグづくり。
活動名称東北グランマプロジェクト(アップサイクル)
開催時期2013年5月13日~5月28日
活動内容被災地の人たちと共に「日々の仕事」をつくりだす、被災地雇用創出を目的に掲げた「東北グランマプロジェクト」をサポートするため、残反を提供。南三陸のグランマ(グランドマザーの略)が、三陽商会の残反でトートバッグを製作し、三越本店5階で上記時期に開催されたグローバルグリーンキャンペーンで販売。
活動名称東北復興支援機構主催 食×アートのピクニック「ふくしましま」(アップサイクル)
開催時期2013年11月2日
活動内容東北芸術工科大学が設立した東北復興支援機構(TRSO)は、被災地や被災された方を対象にボランティア活動や芸術・デザイン工学を活かした活動支援をしている。
TRSOが主催する「ふくしましま」のイベントにおけるワークショップ「おでかけネクタイをつくろう」に使用する残反を提供。

■ One Planet Festival × TOKYO 開催概要

催事名称One Planet Festival × TOKYO
開催時期2013年12月7日(土)8日(日) 各日12:00~19:00
開催場所六本木ヒルズ ヒルズアリーナ
参加費無料
主催One Planet Festival × TOKYO 実行委員会(WWF ジャパン、J-WAVE)
後援港区、朝日新聞社
協賛住友生命、ソニー、三陽商会、エコリカ、Ben & Jerry's、LIXIL

WWF

以  上

PAGETOP