ニュースリリース

2007年春夏ブランド横断コラボレーション企画
「SANYO(メンズ)」から、"コンフィールカットソー"を発売!

2007.04.19|企業

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区本塩町14、代表取締役社長:杉浦昌彦)紳士服事業部は、2007年春夏のメンズブランド横断企画として、立体パターン設計による着用感の良いカットソー、"コンフィールカットソー"を開発、今年の春物商品を皮切りに、6月初旬までに夏物商品全てが店頭に揃いますのでお知らせいたします。

立体パターン設計による"コンフィールカットソー"の展開ブランドは、ポール・スチュアート、アレグリ、イルファーロ バイ ルチアーノ バルベラ、エポカ ウォモ全てのカットソー商品で、ザ・スコッチハウス、イーズィー・バイ・ゼニアでは一部の商品が同パターンを採用します。

同商品の特徴は、これまでの平面的なパターンから、丸みのある肩周り、胸、背中の部分にゆとりを持たせた立体的なパターンを採用したことで、自然と体にフィットし、前身頃と後ろ身頃が跳ね上がらないシルエットとなることです。
パターン設計の考え方は全てのブランドに共通いたしますが、各々のブランドコンセプト、及びターゲットに合わせてオリジナルのパターンを作成します。

2006年秋冬より企業の総合力である「商品」、「コーディネート提案」にブランド横断というコンセプトを加えることにより、立体的な商品訴求力を可能にしたコラボレ―ション企画、『SANYO MEN'S CROSS BRAND RECOMMENDATION』では、"コンフィール"(安らぎを感じさせる「コンフォート」と「フィーリング」の造語)シリーズとして、着心地が良く様々なシーンに対応するニットジャケットを発売、2007年春夏では、コア販売期間を、2月から3月とする"コンフィールコート"、同3月から4月とする"コンフィールジャケット"、同5月から6月とする"コンフィールサマージャケット"の展開を行っております。

"コンフィールカットソー"は、最も肌に近いアイテムであるカットソーの着心地追求として、数字では表せない人体の構造的な部位に適したパターンを開発し、編地の伸縮性だけではカバーし切れないボディ設計を実現しました。


 
ポール・スチュアート 半袖カットソー  ¥13,650(本体:¥13,000)


"コンフィールカットソー"商品概要について 

■発 売 長袖は1月中・下旬から展開、半袖はブランドにより異なりますが、4月中旬より6月初旬にかけて全て店頭展開します。
■特 長 平面パターンから、立体パターンへ。(ブランド毎にパターンを作成)
カットソーにおける従来のパターンを見直し、シワの原因となる不必要なゆとりを省き、その分を人間の動きに合わせた運動量としてパターン上に加味することで、自然で動きやすく無駄のない立体的なシルエットを実現しました。 
■展開ブランド ポール・スチュアート、アレグリ、イルファーロ バイ ルチアーノ バルベラ、エポカ ウォモ全てのカットソー商品、ザ・スコッチハウス、イーズィー・バイ・ゼニアで一部の商品で展開します。
■価格帯 ※全て"コンフィールカットソー"展開ブランドのみ記載
ブランド名
価格帯(長、半袖含む)
ポール・スチュアート
¥11,000
¥15,000(本体)
アレグリ
¥8,900
¥16,000(本体)
イルファーロ バイ ルチアーノ バルベラ
¥5,500
¥13,000(本体)
エポカ ウォモ
¥8,900
¥26,000(本体)
 

<図解説明:ポール・スチュアート資料より>



以  上

ニューヨークスタイルの上質なカジュアルブランド
「ジェネラ」のライセンスウエアが今秋デビュー

2007.04.17|ブランド

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区本塩町14、代表取締役社長:杉浦 昌彦)は、パブリック・クロージング・カンパニー社(本社:米国ニュージャージー州)とライセンス契約を締結し、同社のカジュアルウエアブランド、GENERRA(ジェネラ)の製造および販売を今秋より開始します。

ジェネラは、20~30代のファッション感度の高い男性と女性を対象にしたブランドです。当社は、米国の提案するデザインソースや素材などの共有化を推進し、ライセンスでありながらインポート感覚を全面に打ち出すブランドとして、新業態事業部より今秋オープン予定のマルイ有楽町店他で、婦人服の販売を開始し、2008年には、紳士服も加えた大型の複合ショップを、ハイスタイルファッションビルや都市型商業施設を主販路に、全国約6~10店舗で展開し、15~25億円(年間小売価格)を目指してまいります。

約30年の歴史を持つ同ブランドは、20代の男性と女性を対象にしたカジュアルブランドとして、米国を中心に販売されてきました。2003年、新しいブランドオーナーとなった、パブリック・クロージング・カンパニー社は新しいクリエイティブディレクターを起用し、ジェネラを高感度でシックなブランドに生まれ変わらせました。その後、2006年に同社は、これまで数々のデザイナーズブランドのディレクターを歴任したピナ・フェルリッシ氏を新しいクリエイティブディレクターに迎え、同年9月、ニューヨークコレクションへの出品を機に新生ジェネラをスタートさせ、今日に至っています。

ジェネラは、ニューヨークスタイルの上質なカジュアルウエアをコンセプトに、欧州の素材を中心に、手仕事感覚の繊細なデザインやディティールを加えることが特徴です。現在の販路は、米国の有名百貨店およびセレクトショップを中心とする専門店で、国内は一部のセレクトショップで取り扱っています。

当社は、2006年2月、百貨店以外の販路に向け、独自ブランドを販売する新業態事業部を設置し、現在、婦人服4ブランドと雑貨1ブランドを展開しています。今秋、ジェネラは婦人服からスタートし、2008年には、既存に無い、紳士服、婦人服と雑貨を含む複合型のストアブランドとして、都市型商業施設などで200~300㎡規模の大型ショップ展開を計画しています。



GENERRA(ジェネラ)ブランド概要


◆ターゲット
ファッション感度の高い、20~30代の男性と女性。(2007秋冬は、婦人服のみで発売)

◆ブランドコンセプト
ニューヨークカジュアルにフレンチテイストをプラスした、甘くなり過ぎない洗練されたミニマルシックなカジュアルウエア。

◆2007 AUTUMN&WINTER COLLECTION テーマ
ART STUDENTからインスパイアされたデザイン。フェミニンでアーティスティックなレイヤードスタイル。

光沢感と軽さのある天然素材およびテクニカル素材に、手仕事感覚の繊細なデザイン、ディティールを加えることが商品特徴。カラー展開は、オートミール、スモーキーグレー、トープ、ブラックをベースに、ネイビー、パープル、ボトルグリーンをアクセントに使用。

◆販路及び売上計画
全国のハイスタイルファッションビルおよび都市型商業施設。今秋はマルイ有楽町店他で、婦人服から発売し、2008年には、紳士服を加えた大型の複合ショップを、全国約6~10店舗で展開し、15~25億円(年間小売価格)を計画。

◆ 2007年秋冬、婦人服の予定プライスゾーン(税込)、構成比  ※紳士服は未定
アイテム プライスゾーン 中心プライス 構成比率
コート(ウール)
¥44,100 ¥82,950
¥48,300
8%
コート(非ウール)
¥34,650 ¥59,850
¥39,900
11%
ジャケット
¥27,300 ¥39,900
¥31,500
7%
スカート
¥14,700 ¥24,150
¥16,800
8%
パンツ
¥14,700 ¥29,400
¥19,950
7%
ドレス
¥19,950 ¥37,800
¥26,250
10%
ブラウス
¥11,550 ¥26,250
¥13,650
4%
ニット
¥ 9,450 ¥34,650
¥18,900
25%
カットソー
¥ 5,040 ¥16,800
¥ 9,450
5%
雑貨・アクセサリー
未定
未定
15%
 

以  上


「木の庄帆布」が開発した新しいナイロン素材
キノクロスを使用したバッグが今秋デビュー

2007.04.12|ブランド

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区本塩町14、代表取締役社長:杉浦昌彦)の新業態事業部は、本物志向の男性と女性を対象にしたライセンスのバッグブランド、木の庄帆布から、開発した新しいナイロン素材、kino-cloth(キノクロス)を使用したバッグを、8月下旬より木の庄帆布20店舗で発売します。

キノクロスは、クルマのエアバッグ用に開発された特殊な強撚糸を用い、国内の希少性の高い織機で高密度に織られたナイロン100%の素材です。バッグに求められる高い強度と撥水性に加えて、軽さと柔らかさ、高いしわ回復性、ツイル組織による発色性の良さと光沢感を併せ持つ、木の庄帆布の高機能なモノポリー素材です。

同素材のバッグは、無機質なナイロン素材と、温かみを感じさせるハンドステッチの融合をコンセプトに、既存の帆布バッグにない、新しいデザインの商品を、次の2つのカテゴリーで展開します。

(1)ぺブルビーチ(ゴルフを主体にしたスポーツシーン向け)
デザイン ボストン、ショルダーなど合計5型
カラー展開 ブラック、ベージュ、オレンジ
予定価格(税込) ¥24,150 ~ ¥47,250
(2)モンテカルロ(ドライビングやトラベルシーン向け)
デザイン トート、ショルダー、ブリーフなど合計15型
カラー展開 ブラック、ベージュ、オレンジ、カーキ
予定価格(税込) ¥25,200 ~ ¥68,250

今秋冬シーズンは、全体の約30%をキノクロス素材の商品で展開する予定で、2008年以降も、カラーやデザインのマイナーチェンジを図りながら、継続して展開します。

当社の新業態事業部は、主力の帆布素材に、キノクロス素材の商品群を加えることで、ブランドの世界観を広げ、既存顧客に対する新しい提案と、新規顧客の獲得を目指してまいります。

<左より、ショルダーバッグ、ボストンバッグ、トートバッグ(全て価格未定)>


◆木の庄帆布 ショップリスト(20店舗)


札幌ピヴォ、武蔵村山三越、町田モディ、マルイ溝口、玉川高島屋SC、六本木ヒルズ、コレド日本橋、横浜クイーンズイースト、静岡パルコ、名古屋ラシック、京都藤井大丸、ミント神戸、心斎橋大丸、あべのHoop、なんばCITY、キャナルシティ オーパ、天神VIORO、苦楽園(路面店)、金沢パティオ(4/20オープン予定)、新丸の内ビル(4/27オープン予定)



以  上

PAGETOP