ニュースリリース

~ 愛すべきわがままさを持つメトロセクシャルな男たちに向けて ~
EPOCA UOMO今秋、『エポカ ウォモ』に7店舗が新規オープン

2005.07.29|ブランド

2005年7月29日

各位

株式会社三陽商会



~ 愛すべきわがままさを持つメトロセクシャルな男たちに向けて ~
EPOCA UOMO
今秋、『エポカ ウォモ』に7店舗が新規オープン

 株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区本塩町14、代表取締役社長;田中和夫)紳士服事業部が今春より展開をスタートさせた、30代から40代前半のマニュアルでない自分自身のこだわりを持つ男性に向けたブランド「エポカ ウォモ」は、この秋8月24日の神戸大丸を皮切りに、9月14日までに、7店舗が加わり合計27店舗の陣容が整います。

 「エポカ ウォモ」は、インターナショナルな時代性と感度を持ったニューラグジュアリー・スタイリッシュブランドをコンセプトに、レディスの「エポカ」のエクイティを最大限に活用し、ベースコンセプトは踏襲しつつ、メンズ独自のエポカワールドを構築しています。

 お客様の年代層を分析したところ、ターゲットである30代から40代が65%を占めており、ターゲット予備軍である20代も20%強を占めていました。また、消費動向を見ると、コレクションゾーンと呼ぶ時代性とブランドの匂いを強く表現した商品の動きが比較的早いことから、「エポカ ウォモ」のお客様の顔が見えてまいりました。

 そうしたことも踏まえつつ、この秋冬はクラシコ モデルノ(MODERN CLASSIC)とメッザノッテ(MIDNIGHT)をシーズンテーマに、さらなるEPOCA UOMOの世界観の確立に注力してまいります。

 引き続き、「エポカ ウォモ」を宜しくお願い申し上げます。

【2005年秋冬新規オープン店舗】
店舗名
展開開始日
横浜髙島屋
9月8日
京都大丸
9月14日
神戸大丸
8月24日
大阪髙島屋
9月7日
八丁堀天満屋
9月10日
伊予鉄髙島屋
8月31日
JR名古屋髙島屋
8月31日
 
● 2005年秋冬シーズンテーマ

クラシコ モデルノ(MODERN CLASSIC)
40年代の洒落たジャケットスタイリングをイメージベースに、現代の大人の男性が求めるスタイルを、カットソー、シャツ、ジャケットのレイヤードスタイルで提案。

メッザノッテ(MIDNIGHT)
スーツやコートアイテムも、ビジネスシーンに留まらず、オケージョン要素を意識した商品をラインナップ。

デザインポイント
ジャケット、コートは、背中からウエストにかけて体に吸い付くようなシルエットにより、バックスタイルを美しくシャープに見せる。
春夏好評だった加工デニムは、パイソンやハラコ、ラインストーンを部分使いし、豊富なバリエーションをラインナップ。
レザーバリエーションの充実として、ナッパのウォッシュドレザー、ナッパ、ムートン、パイソン、ハラコ、ファーを多様し、ゾッキや部分使いで表現。

カラーストーリー
ジャケット、シャツ、ボトムスでは、ホワイト~オイスター、ベージュ~カーキ~ブラウン、グレー~ブラックで構成。
ニット、カットソーでは、上記をベースカラーに、前半から中盤はピスタチオグリーン・フーシャピンク、中盤からはペトロリオグリーン・ボルドー、後半からはレッドをアクセントカラーにする。
 
●初年度販売目標

11億円(小売上代ベース)
 
今シーズンのテーマ
 
今シーズンのテーマ"クラシコ モデルノ"を表現するピークトラペルのジャケットに、
布帛シャツとUネックニットを組み合わせたレイヤードスタイル
ジャケット ¥76,650/ニット ¥19,950/シャツ ¥27,300/パンツ¥22,050


以上

ミドルエイジ女性に向けた新ブランド「アマカ」
全国百貨店16店舗で8月下旬より販売スタート

2005.07.26|ブランド

2005年7月26日

各位

株式会社三陽商会



AMACA
ミドルエイジ女性に向けた新ブランド「アマカ」
全国百貨店16店舗で8月下旬より販売スタート

 株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区本塩町14、代表取締役社長:田中和夫)は、ミドルエイジの女性を対象にした百貨店向けのオリジナルブランド「AMACA」(アマカ)の販売を8月下旬より、全国百貨店16店舗で開始し、初年度35億円(小売価格)の売上を目指してまいります。

 アマカは、ハナコ世代の女性をコアターゲットに、高い基本品質、豊富なサイズおよび綺麗に見えるシルエットを実現したアイテムを、ワンストップで選ぶことのできる新しい売場環境「ハイスタイル・カテゴリーストア」を提案し、「欲しい服がない」、「買いたいものが見つけにくい」など既存の商品や売場環境に飽き足りないミドルエイジ女性に、百貨店に相応しい価格とサービスを実現するブランドです。

 8月上旬のファッション誌の広告を皮切りに、タイアップや新聞広告、駅貼りなどの交通広告も売場展開に合わせて順次展開していきます。

 アマカとは: ハンモックを意味するイタリア語。心から満たされる時を過ごすこと、
その真の豊かさをかたちにしたいという想いが込められています。


AMACA(アマカ)展開店舗リスト
地域
店名
オープン予定
北海道
三越札幌店
9月上旬
東京都
高島屋東京店
9月上旬
高島屋新宿店
9月上旬
三越恵比寿店
9月上旬
有楽町阪急
9月上旬
小田急新宿店
9月上旬
神奈川県
高島屋横浜店
9月上旬
愛知県
ジェイアール名古屋タカシマヤ
9月上旬
三越栄本店
9月上旬
京都府
高島屋京都店
9月上旬
大阪府
高島屋大阪店
9月上旬
そごう心斎橋店
9月上旬
大丸梅田店
9月上旬
兵庫県
阪急三田店
9月中旬
福岡県
三越福岡店
9月上旬
大丸博多店
8月下旬
 
AMACA(アマカ)の特徴
1.アイテム別展開が基本
ミドルエイジ女性が、単品を自由に組み合わせて購入する傾向にあることから、服から雑貨までをアイテムごとに陳列し、選びやすいようにしました。洋品とボトムを中心に、それぞれ素材・デザインのバラエティを充実させました。

1)
ヨーロッパを始めとする厳選された高級素材や、機能性の高い素材を採用。
2)
顧客のニーズに対応するため、プライスレンジは幅広い設定。

2.海外アルチザンファクトリーとの取り組み
伝統と技術力、そして信頼のある海外ファクトリーと取り組みます。洋品、雑貨を中心に、アイテム専門の海外ファクトリーの素材使いや仕様など、品質の良さを生かしたコラボレーションアイテムを展開します。

3.洗練されたシルエットと幅広いサイズ展開
1)
ジャケット、コートは、背中からウエストにかけて体に吸い付くようなシルエットにより、バックスタイルを美しくシャープに見せる。
2)
パンツは、丸みを削った直線的なラインで、ヒップから腿にかけてのシルエットをスッキリと見せる。
3)
主力素材商品のサイズ展開は、ボトムが5段階、ニット・ジャージーが2段階の設定。
 
各アイテムのプライスレンジ

アイテム
プライスレンジ(本体価格)
コート
¥59,000 ~ ¥260,000
ジャケット
¥26,000 ~ ¥99,000
シャツ
¥13,000 ~ ¥33,000
ニット
¥13,000 ~ ¥68,000
ジャージー
  ¥7,000 ~ ¥49,000
スカート
¥16,000 ~ ¥49,000
パンツ
¥16,000 ~ ¥39,000
雑貨(バッグ、ベルト、
スカーフ、グローブ等)
  ¥6,900 ~ ¥79,000



以上

PAGETOP